この度、私、山田章仁
2021シーズン
米国プロリーグMLRシアトルシーウルヴズで
プレーさせていただくことになりました。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8140.JPG

いつも応援していただいている皆さんへのご報告が
遅くなり本当に申し訳ございません。


正式合意に向け、両チームと慎重に歩調を合わせていた中で、メディアさんとのリズムも合わず、このような形になってしまいました。

(誤解のないように改めますが、メディアの皆さんへはいつ何どきも感謝であります)



さて、今回、シーズン中の海外挑戦を発表というところで、多くの方々のご理解あってのものであり、
感謝しかありません。

過去にはSRウェスタンフォース挑戦でシーズン途中に離脱。
途中といいますかシーズンもシーズン、クライマックスの
日本選手権決勝戦を控えての決戦前の挑戦でありました。


今回は、ビザ申請に時間がかかり、コロナが重なり、チーム事情も重なりと
発表のタイミングを見失いかけておりました。

といいましても、
未だ渡米の日程は見えていないのですが、
ビザがおり次第ということでパスポートは枕元に置いております。


この機会に自身キャリアをちょっと振り返ってみました。
自身の長い競技生活に置いて、周りの環境には感謝しかありません。

ラグビーを取り巻く環境が大変ユニークな日本での長いラグビー人生の中でも
プロ選手として活動させていただいている自身キャリアを通し、
あらゆる挑戦への背中を押してくれるチーム(企業)に所属させていただけているのは
選手としては幸せな環境ではあります。

現在、所属させていただいている
NTTコミュニケーションズにおいても
もちろん同じ想いであります。


国内移籍後の入団会見では
NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは
2Vを掲げている

とお伝えさせていただきました。

VICTORY(勝利)
VALUE(価値)

今までもこれからも
シャイニングアークスは
どちらのVも全力で取り組み、皆さんへ勇気と感動を与えることのできるよう
日々鍛錬している次第であります。

今回の挑戦と価値が
近い将来にしっかりと結びつくようなのもにできるよう
個人的には大きな責任を感じています。

それと同時に、このMLR挑戦そのものが
今後のシャイニングアークス、シーウルヴズ
双方にとって素晴らしい機会になるのではないかと確信もしています。



最後になりますが、
今回の挑戦にあたり、ご尽力いただいた
エージェント、チームスタッフの皆さん、コーチ陣、 チームメイト、家族。
そしてなにより
所属先のNTTコミュニケーションズ社の皆さんとその周りの方々全ての方に感謝を申し上げます。

もちろんシアトルシーズルヴズの関係者の皆さんへもです。

皆さん本当にありがとうございます。


桜も散り始めた今日この頃ではありますが
皆さんの期待にお応えできるよう
スポーツ大国アメリカで日本にない新しい2Vの形を見出し、吸収してきたいと思います。

そしてみなさんへ、新しい山田章仁を披露できるよう今後も精進していきたいと思いますし、自分自身、
新しい自分に逢えるのを楽しみにしています。

いつもブログ、SNS遊びに来ていただける皆さんへも、
楽しいニュースを届けれるよう全力で頑張りたいと思いますので
今後も何卒よろしくお願いします。