どんどんいくぜ〜
姫野選手からのこの振り幅どお?(^^)

今回はレジェンドもレジェンドもレジェンド。
玄人の皆様お待たせいたしました。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7423.JPG
最後のURLまでお待たせしません。
お二人の略歴を
こちら記載しときました。


林 敏之(はやし としゆき) 
言わずと知れた、日本ラグビー界の生きるレジェンド。 第1回ラグビーワールドカップでは日本代表のキャプテンを務めた。 
日本代表を13年間務め、神戸製鋼では7年連続日本一に貢献。 同志社、神戸製鋼、日本代表のそれぞれでキャプテンを務めた実績を持つ。 
オックスフォード大学へ留学し、バーシティーマッチに出場しブルーの称号を獲得。 
ラグビーのルーツとも言えるオックスフォード大学の歴代ベスト15に選ばれる。
白いヘッドキャップと口ヒゲをトレードマークに、36歳で引退するまでフェアに激しくプレーした勇姿は多くのラグビーファンの胸を打った。


梶原 宏之(かじはら ひろゆき) 
地を這う低いタックルで、海外の選手たちを倒し続けた炎のタックラー。 
高校→筑波大学を経て、東芝府中に加入。
いきなり社会人1年目(1989年)で、当時日本代表監督の宿澤広朗さんの目に止まり、初選出。 
デビュー戦でいきなり、スコットランドから歴史的勝利をあげる。 日本代表の歴史に刻まれる猛タックラーであり、ラグビーワールドカップ1995ではオールブラックス(ニュージーランド)戦で2トライを挙げる。 
現在は山梨学院大学ラグビー部の監督として、次世代の日本代表育成に励んでいる。


山田章仁はオンラインゲッターになってます(^^)笑


さてさて、林さんとの出会いは約10年前。
私山田がまだ三重でもがいてるとき、親身になって話をきいていただいておりました。
当時からもちろんレジェンドにおかわりはなく、素晴らしいキャリアをお持ちの林さんも、ただの若者山田のつまらない話にも耳を傾けてくれ、やさしく、色々な体験談を話してくれました。
器の大きな方だな〜っと山田少年は感謝の嵐。

梶原さん。
は、もっと昔に遡ります。私が18歳だったかな。
いや、17歳かな?

高校日本代表候補合宿で初対面だったような、、、

U-17合宿みたいな感じで菅平にいってたんだけど、
そこには先輩方も練習してて、急遽参加させていただいてたんですね。
そこのチームを率いてたのが梶原さんで、右も左も上も下もわからない、ただの山田少年を暖かく迎え入れてくれたわけなのです。

のちのU-19アジア大会で最年少の山田ある事件に巻き込まれる、、、というか、起こしてしまう、、、


とまぁ詳しくは配信でお伝えしながら、
もちろんトークテーマにもある

今後の注目選手

もみっちり語りたい60分(^^)

にわかファンの皆さんも
ここに遊びくればもうにわかではございません(^^)

長年のファンのみなさんをも追い越すファンになれること間違いなし(^^)

みなさんぜひぜひ(^^)
お酒片手にもいいかもね(^^)

https://3ousqjkl.paperform.co