みなさん遅くなりました。
先日バドミントン界のスターペア
フクヒロペアの株式会社丸杉入団記者会見で司会を務めさせていただきました。

お二方の門出に同席させていただき非常に嬉しくも、自身の試合よりも緊張感を感じた当日でありました。
あらためて、フクヒロペアとその周りのチームメイト、監督コーチのみなさん、そして丸杉さん、おめでとうございます。

冒頭に述べたように、自身の試合より緊張感がました理由としましては、やはり、人様の人生の一部を担うというところです。

ラグビーの試合でいうと、よくも悪くも自分自身のプレー次第であります。もちろんチームプレーですので、チームのために身体を張るというところは責任感があるものの、その根底にあるのは自分自身のパフォーマンス。

にかわり、今回は完全なる裏方。司会進行役です。
お二方と丸杉さんのことだけを考えておりました。

コロナ禍の期間、オンライン周りを強化し、
この日のために準備してきたと言っても過言ではございません。

オンラインでメディアのみなさんを指名するタイミング。
オンライン越しに音声がかさらないようミュート時のリアクション。
通信環境で生じる時差。
登壇のタイミング。

挙げるときりがなく、リアルのイベントとはまた違った雰囲気があり、全てに気を配り進めるという難しくても充実した時間となりました。

近々また違う司会進行のイベントもありますので、
おもちゃ部屋で奮闘する私山田章仁にも注目していただければ嬉しく思います。
(アナ雪、ニモ、カーズのみんなも見守ってくれています。笑)
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5736.JPG
何卒よろしくお願いします。

ご安心ください。
みなさんに見える時は

kMACfbZId9.jpg
バーチャル背景でございます。

https://news.yahoo.co.jp/byline/mukaifumiya/20200605-00181888/
ではでは。

内容はこちらね(^^)
お時間あるときぜひ(^^)

https://youtu.be/R_2caUj8Fvw