今まで
スポーツは人生を豊かにしてくれる。

っていう話は、世の中にあふれてたし
ずっとお世話になってる株式会社ドームさんの話でもあるんだが、


今回のコロナ非常事態であらためて気づかされている。

というのは
自分がラグビーというスポーツに育てられて、
スポーツをやることで人生が楽しくなってきたのはいうまでもないので、自分自身からいつかスポーツがなくなるのは覚悟してるというか、できるだけ先延ばしにはしたい。
とそこを掘り下げるとちょっと今日の趣旨はずれるんだが、今日いいたいのは

なんだが、街からスポーツが消えるとやることがなくなる

ってこと。
ピクニックがてらに競馬場?無観客ではいれない、、、

TVであんまり興味がない野球をぼーっとみる
こともできない。

SNSで友達がいるJリーグやBリーグの試合内容や結果?
みれない。


周りのみんなとは
あのチーが負けた?勝った?
試合で身体が痛い
週末はなにがやってるかな〜どこいこうかな〜

って、スポーツを軸にコミュニケーションをとってたんだと
あらためてきづく。

最近はじめたnoteも試合がないから、かけないぜ。笑

YouTubeくらいだ。
観るのも作るのも。笑


とはいえ、いまはインターネットの時代。
何か時代にあった情報発信をというボヤッとした想いで数年前からTRYRUGBEEプロジェクトやちょっと前からYouTubeを始めたわけだが、
コロナでその重要性が浮き彫りになった。

つまりだね、
失って気づくことがあるわけだ。

ラグビーも、もうブームが過ぎ去っちゃった。
もちろん次のW杯はまたちょっと盛り上がるんだろうが
歴史は繰り返されちゃうね。


というわけで一言でまとめる。

スポーツって素晴らしい

これに尽きる。

私、ラグビー選手山田章仁もできるだけ
スポーツのある世の中に貢献したいと思いながら
今日もトレーニングがんばります。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2645.HEIC


あっカメラカメラ(YouTube。笑)