BEE SHUFFLEとの約3年間、いくつもの想い出がありますが、これは私の中で2番目に大切なものです。ほんとに楽しかった!
それは、2015年5月31日に行われたファンクラブ設立1周年記念の会員限定バスツァー。
テーマは映画「原宿デニール」ヒット祈願でした。

以下は、その翌日にSNSにupしたものです。

※ーーーーーーーーーーーーーーーー※

昨日(2015/5/31)日韓混成ボーイズグループ「BEE SHUFFLE」の、ファンクラブ設立一周年記念会員限定イベント(バスツァー)があり、参加して来ました。
1回2時間余りのツァーを朝昼夕3回開催(回毎に異なる目的地とのこと…秘密でした)。
1回の参加者36人。
私は幸運にも昼の部に当たりました。
_20170729_090905.JPG
_20170729_090941.JPG

バスの席は直前に抽選。
横4列(ABCD)のB列最後尾席(大好きな席で良かった)。
それぞれの列が班となり、メンバー5人もその場で抽選して班長に(一人はMC)。
B列の班長は最年長でメインボーカル担当のジュノ君でした。
A班シュウタ君、C班ギュミン君、D班ミンス君、MCはジュン君

目的地に着くまで、バスの中でもその4班でクイズやゲーム。
クイズではB班の最初の解答者に選ばれて緊張しましたが、無事答えて賞品の飴ちゃんGet。
ゲームでもB班がTOP。
目的地直前ではメンバーの生歌😆🎤🎶👏披露。

30分程で目的地(日比谷公園でした!)に到着。
ここでも班に別れて行動。
列の先頭は班長です。
並びはバスの中と真逆になり、なんとジュノ君の真後ろを歩けることになりましたヽ(^^)ノ。

ジュノ君や同じ班の皆さんとおしゃべりしながら、日比谷公園全体を散策。🌷🌹🌺🌼
松本楼の前の首掛けの大イチョウの前で、班ごとに集合写真📷✨を撮っていただき…。
_20170729_091016.JPG

昨日はよく晴れ、陽射しも強く(何日か前まで雨とか言ってなかった?)、噴水の水を浴びたいくらいでしたが、そう言えば日比谷公園全体をちゃんと散歩したのも初めてで、ほんとに良いひとときでした。

帰りのバスは、メンバーへの質問タイム。
映画の裏話とか、いろいろ聴いて、最後はまた生歌🎵🎶🎤👏で盛り上がりました。

バスを降りる時は、メンバー全員とハイタッチ👐  してお別れ。

2時間余りの行程でしたが、メンバーとこういう形で時を過ごしたのは初めてで、ほんっとに楽しかったです。

余韻に浸りながら無事に帰宅。でも、暑さもあってか、やっぱりかなりくたびれてました。

これを3回も繰り返した、メンバーやスタッフはいかばかりかと。

心からお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

でも来年もまたやって欲しいな(,,•﹏•,,)
_20170730_111954.JPG

※ーーーーーーーーーーーーーーーー※

こういうイベントは残念ながらこの1回だけでしたが、今でも思い出す度にホッコリしています。

今はメンバーそれぞれが、それぞれの信じる道を歩いていますが、またいつか5人が同じバスに乗ってくれる日が来ることを、心から祈っています。
たとえ、そうでないとしても、メンバーはじめ皆様がお幸せな毎日を過ごされますように……。

2015年5月に公開された、武田梨奈、BEE SHUFFLE主演の映画「原宿デニール」。
166997_01.jpg
その公開に先立ち、3月に開催された第7回沖縄国際映画祭(島ぜんぶでおーきな祭)に特別招待されたのですが、そのオープニング(3/25)のレッドカーペットを、武田梨奈さん、ミンスくんが歩きました。
Q3aQSjX3Tv.jpg
動画は、その日に録画されたテレビ番組「映画ちゃん」の、武田梨奈さん、ミンスくんの出演部分です。

映画が上映された日(3/27)は、メンバー全員も参加してレッドカーペットを歩き、夜には舞台挨拶し、翌日はアーティストとしてパフォーマンスしています。
images-8.jpg
images-9.jpg
あれからまだ2年ちょっと、と思うと感慨深いものがあります。

今年3月にBEE SHUFFLEは活動中止になってしまいましたが、
ミンスくんは今年7月の初舞台「いつだって最高の友達」を、大国男児カラムさんらと共に成功裏に終え、新たな夢に向かって確かな第一歩を踏み出しています。
ジュノくん、ギュミンくんも、デュオユニット"JOONHO GYUMIN from BESHUFFLE"として、日寝る間も惜しんで、練習、ライブ、宣伝活動に精一杯努力しています。8月8日には初のワンマンライブもあり……
そして、純くん、秀太くんもきっと……。

彼らを、少しでも応援していただけると幸いです。٩(๑•̀ω•́๑)و
@minsu_korea 
@joonho_jp
@gyumin_0601




↑このページのトップへ