eKfeLcBJpR.jpg
赤髪黒viviの赤髪情報「赤髪のネアンデルタール人」

なんと、ネアンデルタール人は赤髪だったそうです!

2018年2月23日の毎日新聞夕刊掲載された記事です。

『最古 6万年前の壁画 ネアンデルタール人か』

スペインのラバシエが洞窟内にある壁画について、6万4800年前に旧人のネアンデルタール人が描いた可能性があるとする研究結果を、ドイツの研究チームが22日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。
約4万年前に描かれたスペインのエルカスティーヨ洞窟の壁画が最古とされてきたが、今回は2万年以上さかのぼったことになる。
チームは、ラパシエガなど3か所の壁画について、天然の放射性物質の年代を測定した結果、6万4800~6万6700年前に描かれた可能性があるとしている。
ラパシエガ洞窟壁画は約4万年前に現世人類のホモ・サピエンス(新人)が描いたと考えられてきたが、ネアンデルタール人が描いた可能性がある。
壁画は、抽象的な記号が描かれている。
記号を扱う思考は人類進化の根本的な始まりと考えられ、旧人も高い知性を持っていた可能性がある。

【右】赤い線で描かれたスペインの洞窟壁画(研究チーム提供)

【左】1913年の論文に掲載されたスペインの洞窟壁画を写した槍(サイエンス誌提供)


ネアンデルタール人系の顔立ちについての説があります。
ネアンデルタール人の中でもヨーロッパとアジアでは顔立ちや髪の色などが違うようです。
ヨーロッパのネアンデルタール人は、髪色は赤茶けた色、つまり赤髪なのだそいです。
肌は白く、眼は青かったとのことです。
同じヨーロッパでもイギリスに住んでいた「チェダーマン」という人は髪の色が黒かった、つまり黒髪だったそうです。

DNA分析により赤髪で白い肌と推測されたネアンデルタール人。
画像は2001年にチューリヒ大学のグループが復元したものです。