誰かみたいになりたい憧れの人になりたいと思っているうちは夢は叶わない。

ただの自分になった時、自分になってる人が夢をひとつずつ叶えているんじゃないか。

上手くいかなかった恋が、数年経ってまったく逆転する事がわりとあるのも、同じ現象だと思う。


個性を感じるのは実は服や化粧じゃないSNSじゃないプロフィールの文章じゃない有名じゃない職や肩書きじゃないねとも最近すごく思う。


わたしはアカシックを始めて好きな曲は言っても好きなアーティストは公言してない。
友達と身内にしか話さない。

好きなアーティストについてどれだけ好きか公言するのは共演出来た段階になってから初めてじゃないとアカシックの活動に意味が無い。

少し夢が叶ったら…と考える。

だから今年aikoがアカシックを聴いてくれた件は本当に想定外で早過ぎたから奇跡的だった。戸惑った。

共演では無かったけどわたしの活動において一つ夢が叶ったから、ずっとあたためていた気持ちを色んな人が見れるツイッターで何も後ろめる事無く言った。
それは気持ちが一つ楽になった。

この人好きこの人になりたいと化粧や服装を真似た年頃に夢はひとつも叶わなかった。

叶わねーなと思い全て放棄してから小さな思い付きに賛同してくれる人が現れはじめた。

いい歳になりつつもアカシックを始めてからやっと、ひとつずつ少しずつ確実に叶えた夢がある。マジ宝物。確実なエネルギー。


まだまだやるべきことやりたいこと出来そうなことがあるから見失わないように、近い数年用のメモがてらブログにかいておくー。
(一生忘れたくない事はね紙に書いて無くさないところにしまって持っておくほうが確実らしいよね。まだまだ最後の方法は原始的だねいいね)



わたしの今の夢は10/26の赤い夜を皆さんと大成功してやったーーーてすることです!!!もうすぐ叶えられそうと思えば毎日楽しみです。

チケット、実は意外と少ないかもだけどまだまだ発売していくから迷ってる方はそろそろ決めて。


ツイッターは、へらへらするところ。ブログはお茶のおともだからちょっとダルい事言ってもマシなところ。長々とお付き合いありがと。