_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0803.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0824.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0830.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0829.JPG
この日のベストショットは「前ボケ撮ろうよ〜」と言ったらあっかんべー👅された瞬間😅
普段のお散歩や撮影中の様子を見ていると、自分から茂みに突っ込みに行くのはいいけれど、ここに来てと言われて自分の頭上にわさっと葉があるのは嫌みたいです💦
カメラをしていなかったら気づかなかったかもしれませんが、おもしろい発見です✨


寒いとお散歩に行くのも少し億劫になりますよね。
あーさんは超絶寒がりのくせに雨や雪でなければ寒くてもお散歩へ行きたがるので、天気さえ問題がなければお散歩三昧なのですが、寒いと私の出足が鈍ります😑💦

そんな時も、写真撮りたいし…
と思っていると案外サクサクお散歩へ出て、10分程度だけ公園に止まって撮影して、止まった分寒いのでまたサクサク歩いて帰ります(撮影中は寒くない笑)

こちらはそんな真冬日の朝、新調したアウターの写真が撮りたくて50単を1つだけ着けてサクサク撮影した写真。

短い秋が過ぎるとあっという間に枯れ木になって、背景が寂しくなります。
冬の朝夕のお散歩は太陽がまだ高い位置にないので、雰囲気のある写真が撮りやすいです。
基本的には逆光写真になるように陣取って、葉っぱが散ってしまった分の寂しさは小枝がわさわさしている木を背景に入れると、少しですが玉ボケも出てくれるようになります。
寂しい木と柔らかい色の太陽が、寒さと日常の初めや終わりを彩ってもくれます。

ただ、あーさんのような黒い犬を逆光で撮ると真っ黒になってしまうので、露出調整を忘れないでくださいね。
優先オートモードの場合は測光モードが多分割測光になっていると背景の明るさに引っ張られて露出アンダーになったりしますので、測光モードもいじってみてください。

冬のお散歩撮影も楽しいですよ😊