娘、昨日で3ヶ月になりました。


_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3513.JPG



体重は約5.4kg、服のサイズは60がぴったりになりました。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3511.JPG

(この洋服は私が妊娠中に初めて買ったもので70。かぶりは着せづらいということも知らずに買ったため、今まで一度も着ていませんでしたが、そろそろ暑いだろうなぁ…笑)




私はというと、生後はじめて、丸一日娘を夫に任せて、
NLP(神経言語プログラミング)のフォローアップセミナーに出席してきました。



まず、この環境に感謝です。

子供が、授乳中のまだ小さな子供がいるのに、
やりたいことをやらせてもらえる、
夫の理解や、後押ししてくれる仲間や魅力的なカリキュラム。



そして、行くと決意できた行動。

生後3ヶ月の授乳中の子供がいて、一日家を空けるなんて、、、
否定的な意見があるのも承知の上、私自身も不安でいっぱいでしたが、決断できたこと、実行できたことは、自信につながりました。



次に能力。

自分には、子育てと仕事や学びを両立することができる。
そのリソースをすでに持っていて、準備は出来ている、そう思えたことにも安心しました。




そして、この価値観と信念において。

子供がいるから、という理由で、これからいろんなことを諦めて行くのか、
またはチャレンジしていくのか。
私は、「子供のため」という言葉を理由にトライしないことに慣れたくありません。
結果的にうまくいかないことがあっても、それでも、トライしていきたいのです。



私は、発信できる立場にあり、
そんな自分とは、背中を見せる存在となれる。
同じように家庭の中で毎日奮闘しているママたちや、これからそうなっていく女性へ、光を照らす存在になれると思うのです。




『ニューロロジカルレベル』という、考え方です。

NLPのスキルのひとつで、私がよく自分自身に使うスキルでもあります。



私が小さな娘を預けて過ごした一日は、
世の中のためにもなると、信じています。






久しぶりの上り電車に、一人で乗り込んだ瞬間、
ちょっと重たいトートバッグを持ってヒールの靴でカッカッと仕事に向かう、そんな自分がいたことを思い出した。

そして、そんな自分がなかなか好きだったことを思い出しました。


そそくさと会場を出て、帰り道、
コンビニで夫の好きなビールとアイスを買って帰宅。

お詫びの品ではなく、感謝のしるし。




最初の哺乳瓶をうまく飲めなかったみたいで、午前中にいきなりてんやわんやだったようですが、
お散歩に出て公園デビューまでしてきたそうです。

ペットショップに行って犬を見せてあげたのにずっと寝てたとか、
パパと娘の時間を色濃く過ごしてくれたようで、
ただ預けた1日を乗り切ったというだけではなく意味ある1日を過ごせたんだなぁと思いました。


娘も嬉しかったんじゃないかな。


ママはというと、
会場では親バカを発揮し、満員電車では夫への感謝が倍増し、帰り道の全てが足早になり、
たった9時間家を空けただけなのに淋しくて淋しくて。



時に、閉じ込められている気さえするこの毎日でしたが、
大好きなものがたくさん詰まった、大切な場所だと再確認しました。



ドアを開けて「ただいま」と言っても、ちっとも嬉しそうにしない娘。


すっかりパパっ子になってしまったのかと思いきや、私の抱っこでいつの間にかスヤスヤ寝息を立てていたりして。


あぁ、なんて愛おしい。



颯爽と街を歩いて仕事に向かう自分を失って、
なんだかちょっと"欠けた"ような気がしてたけど、そうじゃなかった。


新しい家族を持った私は、広がったんだ。






「守るべきものができて、強くなった。」




すごくありふれた言葉ですが、こんなことを私に言ってくれたのは、夫です。


妊娠中は自分のことをポンコツだとばかり言っていたけど、今はそんな感じじゃ全然ないよね、と。




私が彼を頼もしく見ているのと同じように、
彼も私に安心して娘を任せてくれているのかも知れないなぁと思うと、
なんだかくすぐったいような、母親としてちゃんと認められているような、そんな気持ちになりました。


お弁当もアイロンがけも、いっちょ頑張るか!となりました。



単純な私です(笑)



そしてそろそろ、少しずつ、
外に向かってもエネルギーを使っていきたいなと改めて思いました。





意識を向けたところに、エネルギーは注がれるのだそうです。





いいスタートが切れそうです。


nNAOwtvJPS.jpg