月別アーカイブ / 2015年05月

歌を歌うときに、大切にしたいことはなんですか?(赤)


今日は、言葉について、その中でもその発音についてお話ししますねワーイ


レッスンをしていて、発音や滑舌について触れることはよくります。
レコーディングの現場では子音がポイントになることが多く、発声練習中には母音に注目することが多いと感じます。

それはまず、子音と母音で役割が違うということです。


母音は【a i u e o=アイウエオ】
例えば「か」なら「ka」の「k」が子音で「a」が母音


見ての通り日本語は全て、子音が先で母音が後です。
つまり、ロングトーンなどで伸ばす音は必ず母音になります。

ということは、響きの大部分を母音が占めているということ。


大きく口を開けて母音をしっかりと発音してみてください。

唇が閉じる瞬間がないはずです。

子音がつくことではじめて唇や舌の動きが連動し、言葉にキレやエッジが生まれます。
(他にもいろいろとありますが、これが破裂音などに繋がります。)


響きの面から発音のお話をすると、とてもとても奥深くなってしまうので、
今回は特に母音の口の開け方や空間からよく起こりうるポイントを簡単に治す方法です。


まず、全ての母音で口の中のスペースを広くとる意識をしましょう。
この時点ではぼんやりとした音になってかまいません。

そして、だんだんと自然な発音に寄せていきます。

表情筋を使うのはもちろん、唇や舌の動きや位置にも気を配ってみてください。


「あ」の口が一番大きく開くので、鏡で口の中をチェックすることをオススメします。
(トレーニング経験のある人は更に、舌根は下に、軟口蓋は上に、という意識も。)


こうして気を付けてそれぞれの母音を発音していくのですが、発声練習ではそんなに気にならないのに、歌になると多くの人が途端に怪しくなるのが、「え」の母音の発音


「あ」の口


「え」の口


「い」の口


私のオリジナルの絵心溢れる画像を見ていただくと分かる通り、だいだい「あ」と「い」の中間の大きさなのが「え」。

「え」の口の形を作るときに、「あ」寄りになったり、「い」寄りになったりして、例えば「て」が「た」に聞こえたり「てぃ」と聞こえたりしてしまいやすいのです。

歌を聞いてあら?と思ったときには、まず口の形を意識してもらいます。
母音の発音についての問題は、たいていこれだけでかなり変わります。

高音だったり、素早いフレーズだったりすると、そもそも口の形を意識するところまで余裕がなかったりするのですが、繰り返しじっくりやることで、必ず解消されていきます。

もちろんそれだけではないこともありますし、慣れてくると口を開けなくても出したい音がちゃんと出せるようになります。

そのためにもまずはシンプルに、必要な形を必要な時に作れるという土台を固めておきましょう。


口角をあげて、頭を動かさずに顎の動きだけを使って、「あ」「え」「い」と連続で言ってみてください。

あえいあえいあえいあえいあえい…

早くても、それぞれが乱暴にならず滑らかに発音出来るよう、特に「え」が「え」として鳴っているかを確認しながら、トレーニングしてみてください。


継続は力なり、日々使っている言葉から、アプローチしてみましょう力こぶ


子音にもたくさんのポイントがあるので、またお話しますねルンルン♪

最近、私の周りの生徒さんたちが良い感じなのですハート

リリースが続々小さいキラキラがたくさん(ピンク色)


そしてなにより嬉しいのが、
レコーディングやライブの現場で、「上手になったね」と言われたと喜んでいる子が何人もビックリ!複数ハート(黄色)複数ハート(紫)


更にやる気がアップして、レッスンやトレーニングの意識が変わるのは言うまでもありませんマイク炎


みんなにそういったいい流れが来ることが、私の目標ですね4つ葉のクローバー

音楽を通して、そして友人知人を通して、さらに繋がりが増える日々です。

数年前までは、出不精な私でした。

しかし、少しずつ開いた扉から、自分が勇気を出して踏み出すこともあれば、
そっと、ときにはちょっと強引に、その扉を開いて踏み込んでくれて叶う出逢いがありました。


今日も、そんな一日でした。


渋谷のとあるビルからの、見慣れた景色。



まだ少し昼の余韻を残した行きのエレベーターから、
すっかり夜に包まれた帰りのエレベーターの景色の差が、
過ごした素敵な時間の経過を教えてくれます。





遠くに東京タワーが見えることに気がついて、
「東京タワーが見える!」とつい発した言葉が思いのほか大きく響いて、
「さすがボイストレーナー!」とからかわれた、ボーカリストあるあるでおやすみなさい。

↑このページのトップへ