昨日の東京は、とっても天気が良かったので、
娘と二人で公園デビューしてきました


_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3295.JPG


日曜、しかも連休もスタートしていたので、
子供たちと一緒のパパさん方の姿も多くあり、
とても微笑ましい


私たち親子にも声をかけて下さる方がいて、
なんと親切な方が多いこと。




帰りに寄ったスーパーでずぐりはじめ、
バギーから抱っこ紐にうつしていたときにも、
「可愛らしい声が聞こえると思ったら〜」
と、ニコニコと娘を見て行ってくれたおばさまがいました。



子供の泣き声は、母親にとっては愛おしいものでも、
他の人にとってどんなに大きく、時に煩く聞こえるか。

街の中でも、電車やバスでも、お店の中でも、どこにいても、
少なからず母親はドキドキ、そわそわしているものです。


そんな時に、泣き声ごと受け入れてもらえるということは、ものすごく心が軽くなります。


娘を育てる中で、
今まで見えなかった優しさに触れる場面が本当に多く、
知らなかった感謝の気持ちに気付きます。


大変なことも多いけれど、
良いことも辛いことも、"発見"だらけの日々。



まずは娘に感謝です

昨日。

娘が無事、元気に生まれてきてくれたこと、
戌の日のお参りに行った水天宮にお礼参りに行ってきました。

SMlf9bp2n_.jpg


安産祈願、お宮参り、お礼参り、
それぞれに想いを込めて祈る人たちのなか、
私たち夫婦も、深い感謝を。


またここにくる機会があればいいなぁと。





ボイストレーナー、ボーカルトレーナー、歌の先生、呼び方はなんでもいいです。

私は、
声や歌や音楽について指導するお仕事をさせてもらっております。



仕事=音楽

音楽=ボイストレーナー

ボイストレーナー=仕事


という生活を続けて8年、
そして離れて丸4ヶ月。


仕事としての音楽は、歌を歌うことではなく、歌を教えることで、
歌を歌うことは、カラオケ好きのOLさんや学生さんと同じように、趣味やリフレッシュのようなもの。

曲を書いたり、人前で歌ったりも、たま〜〜にはしますが、
私にとってそれは大切な、特に、身近な人のためにあるものです。




"たくさんの人に聴いて欲しい"


歌手として有名になるには、当然、たくさんの人に聴いてもらう必要があります。

そして、たくさんの人に求めてもらう必要があります。



生徒さんたちの目標としても、この課題は大きく、そして深いです。


メジャーかそうでないか、というよりも、
今や多くのツールを使って音楽やメッセージを発信できる時代。

認知度か上がれば、発言力や影響力が上がるのは言うまでもなく、
そしてその先にはなにがあるか。


私は、"自由"だと思っています。



以前は、"不自由"だと思っていました。


単純に"売れる""人気が出る"ということは、
多くのものを得る代わりに、
プライベートを失い、本来のアイデンティティを失い、発言や表現の自由を失うことだと思っていました。



しかし、全て真逆のような気がします。



自分のスタイルで、ペースで、続けていけるものに変化してきている気がするのです。



みんな、自由に活躍していける時代になったのではないかと思うのです。




私は妊娠出産により、年末からお休みをいただいておりますが、
少し仕事から離れて、そして音楽からも距離を置いて(意識的にではないですが)、
自分の生活にいかにそれらが必要だったかを、
今やっと感じているところです。


関わり方は自由。


私は高校を出て以降、音楽の世界しか知りません。



なのに、
つい最近まで、ほとんど音楽を聴くこともしなかった。

たまに歌いに行く程度、気分転換、ストレス発散という感じに。



それでもまた今、急に欲している、音楽。

仕事。

歌う生活。



なによりも、
とっても大切な存在が増えたので、
そしてそれがとてつもなく身近な存在なので、
曲を書きたくなっています。


愛おしい気持ちをたくさん詰めて、
噛みしめるみたいに歌いたい。


ママはこんな曲を書くのよ、
こんな風に歌うのよって、
いつか娘に届けたい。


こんな想いで、小さなあなたを見つめているのよって。



あ〜〜、音楽ってこうして生まれてきたんだなぁ、、って、
原点を感じてもいます。




そろそろ復帰の準備を始めなくては!


自主練習の時間を捻出するためには、
夫の協力が必要不可欠。

音楽や仕事にはとっても理解があるので、助かります。



今はとにかく楽しく歌いたいので、カラオケに行こうかな!!


遊びじゃないですよ〜〜(笑)

今月から、夫がお弁当をリクエストしてきており、最近はお弁当のストックのことで毎日頭がいっぱいの私です


お弁当に合わせて献立を考えていますが、
きっと普通は夜ご飯の残りが次の日のお弁当になるんだろうなぁ


しかしながら、なかなかに楽しくなってきました、料理も。


元々嫌いではなかったし、わりと自炊する方だったのですが、ワンプレート系が多かった。

でもお弁当となると、 何品か必要。

自然といろんな野菜を使うようになるし、お肉とお魚のバランスや味付けを工夫するようになります。

そうすると手際よく作る必要があったり、食材をうまく回す必要があったり、頭も使います。

盛り付けでは美的センスが。(私には全くない)



とはいえまだ始まったばかり。

クックパッドはもちろん、ブロガーさんのレシピや、最近はクラシルに頼りっぱなしです。


動画でレシピが見られるというのは、料理上手ではない人間からすると本当にありがたい


大活躍してます


_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3208.JPG

最近のお弁当たち🍱

ほとんどクラシル様様のレシピ(笑)




一日かけて、子供をあやしながら少しずつ料理してます。





そして昨日は、マネージャーT氏とagehaspringsの敏腕広報担当Tさんがきてくれて、それはそれはもう楽しい時間を過ごしました


久々に仕事の人に会うことで、私の意識も少しシャキッとします。


でもなんだか、変な感じ〜〜(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3207.JPG

もう何年も一緒にやってきているマネージャーT氏が、自分の娘を抱っこしているとは…


色々と相談に乗ってもらえて、久々にゆっくり話すことができて、ものすごく幸せな時間を過ごさせてもらいました。


厳しいであろう保活や、今後の仕事の取り組み方。


1人であたふたしてたけど、そうじゃないんだって思えた。



【母は孤独】


たしかにそう。


だからこそ、繋がりが欲しい。


友人知人に
社会との繋がり。
職場での居場所。



「一緒に乗り越えて行きましょうね」

と、明るく言ってもらえて、
間違いなく私の復帰に向けての未来は明るくなった。



娘を育てることに協力してくれる人が、
実はたくさんいるのです。



ありがたいです、感謝です。

↑このページのトップへ