日頃のなにもかも、
ママになってわかることの多さに驚きます。


まず、ベビーカーで出かけた時の、エレベーターの少なさ。

出産前は毎日通っていた渋谷駅は特に、子供連れには不向きな街で、
ベビーカーで行こうもんならエレベーター迷子になります。


レッスンの日以外は寄り付かなくなりました(笑)



そして、オムツ替えの場所や、ミルクを作るためのお湯の調達。

月齢が進むにつれて重たくなっていく子供を抱えて、更に持参するものが増えると体が悲鳴をあげます。


それでも、子供を抱えて移動しなければいけない私たち。




今日は、飛行機に乗りました。


法事のため、娘と二人で帰省です。


諸々の流れには慣れて来たものの、やはり機内でぐずるかどうかは、この飛行機の旅が"大変"だったか"楽"だったかの大きな分かれ道です。


しかも私、マグに用意したお茶を、そのままキッチンに忘れてきてしまい、最大のアイテムなしで挑む羽目に…

幸い、搭乗前に眠ってくれたので、離陸は静かに🛫


しばらく眠って、






自分一人で飛行機に乗っていた頃は、好きな本を読んで、眠くなったら眠っていました。


でも、そんな余裕はなく、ただ、
お利口さんにしていてくれることだけを願って、
うんちをしないことだけを願って、
うまく耳抜きができることをだけを願って、
だけ、と言いながら色々なことを切に願いながら、ひたすらにおもちゃやお菓子で子供の気を紛らわせるのです。





うちの娘は、人見知りをほとんどしません。


羽田に向かう電車の中で、好みのお兄さんを見つけた娘は、
20分間ずーーっとラブコールを送り続けていました。


手を叩いてみたり、振ってみたり、
もちろん満面の笑みで見つめます。


背の高いその優しいお兄さんは、ずっとかまってくれて、私もすごく救われました。



優しさに触れる機会が、本当に増えます。

基本的に周りの人たちはみんな親切で、八方美人な娘が笑いかけると、暖かく笑い返してくれます。



大変な世の中だなぁ、とアセアセしながら駆け回る世の中ではありますが、
ステキな世の中だなぁと思うことも本当に多いです。



ママになってみて、世の中の人たちの子供を見つめる優しい目に出会いました。


母親である私たちへの理解や気遣いも。




働きながら子育てをしていると、また更にそれを感じます。



保育士さんたちが一緒になって育ててくれているからこそ、娘は成長していきます。


子育てによる様々な制限を理解してくれる職場、
サポートしてくれる家族、
労ってくれる友人たち。



全ての環境のおかげで、幸せに娘をみつめることができます。




いつも本当にありがとうございます😊




ママになって私は、
「ありがとう」と感じることが増えたし、
実際に「ありがとう」と言葉にすることが増えました。




娘を産んで、本当に良かった。



実家に帰ると、じいじやばあばたちがとっても嬉しそう。



娘を産んで、本当に良かった



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7556.HEIC
先日、秋の公園にて

オレンジ一色のハロウィンが過ぎ去り🎃、
11月に入ったとたんクリスマスムード🎄🤶


日本のイベントではないけれど、
こうして四季折々、季節毎に様々な催しがあって、カラーがあって、匂いがある、
それってすごく素敵だなぁって思います。


まだ子供が小さいから、そんなに盛り上がりませんが、
来年あたりからは家族総出で張り切る予感(笑)


今年も、保育園や英語教室ではハロウィンのイベントを企画してもらって、
義母に作ってもらったランタンの衣装に身を包んで参加してきました🎃


_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6742.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6747.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6853.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6847.JPG

基本、泣いてますね


でも、喜怒哀楽の表現がとっても上手になってきて、
母としてはとても嬉しいのです。



嫌なときは泣いて、怒って、
嬉しいときには思い切り笑ってほしい。


季節が巡るということは、
この子も大人になっていくということ。




あっという間に今年も終わっちゃう〜!
っていうのと同じくらい、
あっという間に一歳になり二歳になり…


きっと、あっという間に巣立ってしまうから。




1人の時にはなかなか楽しみきれなかったイベント事も、
どんどん参加していきたいなと思っています🎄




_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6916.JPG

一足お先に、代官山のクリスマスブースにて🎅

今年の初めから産休、そのまま育休に入り、
ずーーーっと声を使い続けていた生活から一転、
18歳から音楽一色だった私の生活が、
音のない日々に変わりました。


里帰りしてからも、生まれるまではちょくちょく歌いに行ったりしていましたが、
生まれてからは特に、家族との会話だけの毎日になりました。


それでもまだ実家にいた頃は、
母や姉という話し相手がいてくれました。


東京の自宅に戻ってからは、
昼間はもちろん仕事で夫はいませんし、
外出するといっても近場です。

会話さえもない日があるほど。




世の中のお母さんたちが、
「大きな声が出なくなった」
と言うのをよく聞いていましたが、
なるほど、こういうことだったんだ、と。


使わない筋肉は衰えます。

でも、支えていた時の感覚だけが残っていて、
無理をしがちなので痛める。



子供の運動会で足が絡まっちゃうお父さんと同じ感じです



産後、娘を見てくれる人がいるタイミングでは、
声を出しに行くようにしていましたが、
本当に本当に本当に、全然出なくなってしまっていて。


今だから言えることですが、
このまま戻らなかったらどうしよう…とか考えました。


それを教える立場なのに(笑)


そんなことも抜け落ちてしまうくらい、
自分の体が自分のものじゃないみたいで。




そんな感じで、なんとか調整して、
今更ですが、
今日やっと、完全復活したなって思えました。



今更



取り戻すのにはかなり時間がかかったけれど、
取り戻しただけでは終わらせない、
そう決めて、自分の体と向き合い過ごしました。


今までの癖とか、コントロールとか、
良いところ悪いところ…というより、好きなところとそうじゃないところ。

自分の体で試すのが一番わかりやすく、腑に落ちるので。


今回のブランクによって、
アドバイスできることが、またいくつか増えました。


ブランクがある人への対応も、もちろん。



全ては、戸惑いのケア。

思い込みのケアから。



自分を信じて、それを超えていくこと。



教えること自体はあまりブランクを感じないけれど、
(言葉がスッと出てこないことは増えましたが…)
体は鈍るものです。


思い通りの声が出ない、思い通りに歌えない。


こんなんじゃ、楽しくない。


やってらんない。




とか、思う日もありました




ていうか、だいたいが、
もっと調整したいのに、もう声が出ない。

ってことでした。


焦らず、少しずつ。




やってきてよかった。

だって、産休前の私より、確実に良い感じ




やっと楽しくなった





やっぱり、自分が楽しいって心から思えることじゃないと、
心からオススメできないから




ドンドンみんなと歌いたい


歌いたい人と出会いたい





applyボーカルスクールでは、
少数枠ではありますが、不定期で一般からの生徒さんも募集しています。

プロを目指す、本気の方。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6850.JPG

↑このページのトップへ