今日は[カモミール・ローマン]
学名 Chamaemelum nobile(カマエメルム ノビレ)
        Anthemis nobilis(アンテミス ノビリス)
科名 キク科
抽出部位 花
抽出方法 水蒸気蒸留法
産地 イギリス、イタリア、ハンガリー、フランス

成分
[エステル類]
アンゲリカ酸エステル類(特徴成分)、チグリン酸エステル類

効能
強壮(神経系、消化器系)、鎮痛、抗アレルギー、消化促進、駆風、通経、鎮静、細胞成長促進、抗炎症

その他
ミドルノート
花粉症 ブタ草の方は注意するかパッチテストをする
和名はカミツレ
白い花びらで50〜500円玉大
ストローイングハーブとも言われ、空間浄化、殺菌、香りづけにも使われていた
古代エジプトでは太陽神に捧げていた
水はけのいい所を好む
※カモミールティと言われているものはカモミール・ジャーマンの方で、カモミール・ローマンをハーブティにすると苦味があるらしいです!


今日は以上っ‼︎

今日の精油は[カモミール・ジャーマン]
学名 Matricaria recutita
       (マトリカリア レクティタ)
        Matricaria chamomilla
       (マトリカリア カモミラ)
科名 キク科
抽出部位 花
抽出方法 水蒸気蒸留法
産地 イギリス、エジプト、ドイツ、ハンガリー

成分
[セスキテルペン炭化水素]…カマズレン(特徴成分)、ファルネセン

効能
鎮痛、抗アレルギー、消化促進、鎮痙、抗炎症、鎮静

その他
ミドルノート
キク科なので花粉症の方には注意する!
カモミール・ローマンとは育ち方が違う。
→カモミール・ジャーマンは直立で育つ、1円玉大の小さな白い花で花びらは下に反るようについている。
学名のマトリカリアは子宮の意味、レクティタは下に反り返る、カモミラのカモは地面の低い所で、ミラはりんごのように匂っているという意味。

きょうはここまでー^_^


今日は「イランイラン」にしよう!

学名 Cananga odorata(カナンガ オドラタ)
科名 バンレイシ科
抽出部位 花
抽出方法 水蒸気蒸留法
産地 コロモ、マダガスカル、レユニオン島(フランス領)

成分
[モノテルペンアルコール類]
ゲラニオール、リナロール
[エステル類]
安息香酸メチル、酢酸ベンジル

効能
鎮静、血圧降下、通経、精神強壮、催淫

その他
ミドル〜ベースノート
マレーシア語で「花の中の花」という意味。
CHANEL No.5にも使用されている。

今日はここまで♪



↑このページのトップへ