2017.10.04 Wed
もう二度と逢えない私へ企画
「始めに、」

一緒に始まりの夜を過ごしてくださったみなさん、ほんとうにありがとう。

平日の夜にもかかわらず、たくさんのひとがきてくれて、ほんとうに嬉しかった。

無事、始めることができたよ。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1140.JPG


バンドって、楽しいんだね。

ステージの上で、演奏してて、こんなに楽しいと感じたのは、はじめてだったよ。

今までのバンドや、メンバーを否定するわけではなく、わたしが変われたんだと思う。
変われたのは、いまのメンバーのおかげであり、こんなわたしと関わり続けてくれるひとたちのおかげ。
ひねくれこじらせまくっていたわたしが、どこかいったみたい。

はじめのスタジオでできなかったことが、回を重ねる度に、すこしずつできるようになって、(本来ならば、スタジオまでにできるようになっておかなきゃなのだが)
なんでできないの?練習してんの?とかじゃなく、
あと5歩だったのが2.5歩くらいになったよ!時間はまだある!
と言ってくれたから、
落ち込みまくったり、ギター弾きたくなくなったり、ギター弾くのが、歌うのが、こわくなったり、することなく、
そう言ってくれるから、よけいに、甘えてちゃいかん、がんばらな!となれた。ありがとう。

また、エレキギターを持って、ステージに戻ってきました。バンドのVo&Gt田中千尋として、ステージに戻ってきました。なかなかしぶといだろ。

やっと、ここまで、きたよ。やっと。

このバンドが、田中千尋がVo&Gtをつとめる、人生最後のバンドやと思っています。
長く長く長く続ける。
そのための努力を。

一緒にいい夜をつくってくれた、
LIZARDMAN FAT
松恭さん
ありがとう。

佐賀RockRide
ありがとう。

ありがとうがいっぱい。

これからも、よろしくお願いします。