何をしていても震災のことが頭からはなれません。
首都圏で仕事をしていても地震に遭遇する毎日です。


「自分自身にできること」をずっと考えてきましたが
そのひとつが今週実施されることとなりました。


今日からマイアミで開催されるソニーエリクソンオープンの中で
東日本大震災のためのチャリティの機会を設けてもらうことが決まりました。


当初よりWTAの方には個人的に要請をだしていましたが
今回ちゃんと企画されることになってよかったです。
本当は先週のインディアンウェルズでの大会の時にともお願いしていたのですが準備が間に合わないということでこのタイミングになりました。


今回の震災で私のところにも世界中の選手や友人から安否を心配する連絡がありました。
私からはテニス界の日本人を代表して、みんなにこの惨状をうったえています。
会場で流れるかはわかりませんが、マイアミの方にも直接メッセージを伝えたくてビデオレターを送りました。もちろんこの基金に寄付もさせてもらいますが、何よりもテニスを通して世界中に支援の輪がひろがっていくことが大事だと思っています。


この状況はもはや個人の力、地域の力だけではどうしようもない残酷な現実です。
こんな時こそ世界がひとつになって希望をつくりだせることを信じます。
私がテニスから学んだことは、世界はひとつで誰もが心通う友人になれるということです。
今こそテニスからもらった世界中の友人の力をかりて
少しでもサポートにつながることを願っています。


WITH LOVE,愛