人ごととは思えなかったというか

ネットで顔も知らない人たちに
沢山嫌な言葉をかけられていた時期が
あったので

‪きしょい死ね辞めろデブなど
散々言われて
もう慣れたと思っていたけど
帰りの電車で泣きながら
自分の写真破ったりしてた高校生の頃を
思い出して今書いています

3kjX5g7jZ_.PNG_5005.JPG
Tmi3CYRqZ_.PNG_5005.JPG
yluYWjdlyX.PNG_5005.JPG
3N_JRPXLBK.PNG_5005.JPG


こういう人たちは
好きな推しの写真を
プロフィール写真にしながら
平気でこういうことを呟くんです


本来なら
アカウント名やプロフィール写真など
カットしないまま
載せたいところですが
このような人たちと
対等になってしまうのは
嫌ですし
その使われている写真の方にも
悪いイメージがついてしまうので
ここらへんにしておきます


調べたらすぐに出てきますけどね

この画像で気分が悪くなった方がいたら
すみません
(私が謝るべきことではないのですが)


こういう人たちは
他のツイートを見てみると
普通の内容だったり
全然そんな人に思えないような
ツイートをしてたり
幸せそうなんです


でも消すのを忘れている
というか
そもそもこんなツイートしたことを
本人はきっと覚えていないので
今でも検索すれば出てきます


やった方は忘れていても
やられた方はいつまでも覚えている

こういうことです


毎日のように泣いて
見なきゃいいと言われても
気になってしまうし
SNSは仕事の一環だし
応援してくれている人がいるのに
こんな人たちのために
辞めるわけにはいきませんでした

自分のことがどんどん嫌いになって
ああ醜いな
早く辞めた方がいいんだろうな
って

その頃は
自分が悪いんだよな
って心のどこかで思うようにしていて


でも
そんなことで死ななきゃいけないの?
って今なら思います


少し人と違うことをしたら
非難されて

やっていないことを
本当かのように捏造され書かれたり


私なんか全然有名じゃないし
発言に説得力も影響力も
ないかもしれないけど


アイドルや芸能人だって
1人の人なのに

こういうこと言われる仕事だから
しょうがない

スルースキル身につけなよ

見なきゃいいよ

ブロックしなよ


みたいな風潮どうにかならないのかな


良い言葉より
悪い言葉ばかり目立ってしまうのは
なんでなんでしょう


人前に出る仕事なら
死ねって言われても
無視しろってことなのかな


もう忘れたとか思ってたけど
こういうニュース見る度に
思い出します


当時中高生だった私には
とっても辛かったというか


時間が経って
自虐で笑い話になるようなことも
今ではあるけど

正直その時は
めちゃめちゃメンタルやられてたし

今でも思い出すだけで
胸糞悪いです


私の態度とか姿勢が悪かったからじゃん
と思う人もいるだろうけど
そういう言葉を吐くのは
違うというか


恐らくいい年した大人が
顔も本名も見せず
死ねだの辞めろだの
10代の女の子叩いて
そんなにストレス溜まってたのかな
その人たち



芸能人の方が亡くなった時に
YouTubeとかで
ありえないような投稿する人たち


人間の心を持っているとは
思えない

同じ人間だと思いたくない




もちろん
ネットでの言葉で
助けられたり
嬉しくなったことも沢山あります


応援してくれている人たちは
いつも素敵な言葉をかけてくれるし
それに支えられています


こんな時期だから
ネットがあって良かったなって
思っていたし

みんなからのコメントとか読んで
頑張ろうと思えて

いいものなはずなのに
ああいう心無い人たちのせいで
こんなになっちゃうんだよってこと



きっとそういう人たちは
こんな文章読んだところで
一生治らないのだろうけど


だったら
取締りとかが厳しくなればいいな

こういうことが起こらなくなればいいな




ちょうど卒論のテーマを決めていて
「アイドルとネットリテラシー」
について書くつもりだったので
人ごとには思えず
ブログにも書きました


気分を悪くしたらすみません

終わります。