この間

わたしの人生とは
無縁だと思っていたことが
実現した



それがなんだったかは
わたしの中だけで
楽しみたいから
内緒だけど


その一瞬だけは
映画の主人公になれてるみたいで


あー
わたしにもこんな純粋に
なにも考えずに
楽しいって思える瞬間が
まだ残ってたんだ

って嬉しくなった



大人になるにつれ
どんなにひねくれた考えしか
できなくなっても

奥底に純粋さは少しだけ残ってて
たまにそれがでてきてくれるから
少しだけ安心する


期待も希望も
そういう感情は
捨てたつもりなだけで

本当は楽しみたいとか
もっと
とか
もしも
もしかしたらとか

捨て切れてないんだよなあ



このままどこまででも
行けそうだな〜って

思ったけど

やっぱりどこまでもは
行けなかったなあ


でも

あの頃全然共感できなくて
好きじゃなかった歌が

急に頭に流れてきて

久しぶりに聞いてみたら

すっごく素敵な歌だった


リピートしちゃった



こんな一瞬が
一生続いたら

毎日平和で生きやすいのに

とか考えたけど

そんなこと考えるのも
途中でやめたくらい

なんにも考えたくなかった


一瞬だから良いのに

欲張ってしまったら

それすら普通になって
小さい幸せすら
なんとも感じなくなっちゃうから

一瞬であることが
いいんだよね



強い日差しは
眩しくて耐えられないから
好きじゃないけど
それすらも
気持ち良いと思えるくらい

そんな天気の良いある日でした


心が一瞬綺麗になった

ほっこり

浄化


_var_mobile_Media_DCIM_189APPLE_IMG_9516.JPG

完。

写真ないマンで使い回し
失礼します

久々に遊び撮影したいな

ポエマーブログ
深夜ノリでした
はずかしいから
とりあえず
うんち




今日で
AKB卒業してからまる3年経ちました


あれ〜卒業して何年だっけ?
と思い出せないくらいになり

大学と同時って考えたら
わかりやすいよ
とファンの人から言われた


あ、無事大学4年生になれそうです



それは置いておいて


辞めたのは
うめたんの誕生日の次の日

って覚えてるから

昨日うめたんおめでとうって
言って
思い出した

セーフ!




看板の大きさから
辞めた当時は"元"がつきまとって

そのおかげでもらえてたお仕事が
ほとんどだったのに

反抗心故に
"元48"って言われると
毛嫌いしてるような時期もあったけど


3年も経てば私の考え方も
少しは大人になって


悔しいことや上手くいかないことの方が
多かった現役時代だったけど
なんだかんだでありがとう
と思えるようになりました


カラオケでAKBも歌うようになったし


初対面の人にAKBだったんだね
と言われてはじまる

「選抜入ったことある?」
「選挙何位?」

系の質問を無心で華麗に交わせる
スルースキルも身についたな



AKBの歌っていいよね

最近は
涙の表面張力が好きでよく歌います



ひとりの相笠萌として
この仕事で生きていくのは
あまりにも大変だと

恵まれてたんだなと
感じる最近ですが


後悔したことは今日まで一度もありません

辞めてよかったと
今でも思います

あ、グループが嫌いとか
そういう悪い意味ではなくね


当時のやっていたことが
活かされる場面

例えば臨機応変な対応とか
練習期間短くても本番に強いとか


もあるし
悔しいことの割合が多かったのは
自分のせいだったなって
思えるようにもなったし

まあ
それだけではないと
根っからの反抗心はまだ健在だけど


自分の今は今が合っている的なことが
伝えたいんだが
上手い言葉が見当たらないな


悔しさとか
不甲斐なさとか

そういう負の感情になることが
多かったけど

お芝居やるようになって
やっとそれが活かせるときが
きたりもして

良かったなって思ってる


やっぱり
何事も無駄じゃないのかもしれない

と思わせてくれるのが
今の私にとってのAKBかも


それに最近配信とかで
今のAKBを見たりしてるけど

みんな可愛くて頑張ってて

応援しようと思える


(圏外が上から失礼)


とにかく
好きで入ったのに
正直嫌いになったこともあったけど

今ではやっぱり
好きなグループです

アイドル最高。



ファンクラブイベントとかでも
優しいみんなは
私が何をやってもついていく
と言ってくれます


生意気ばっかでいつもごめんと思う


今でも会いに来てくれるみんなには
本当に感謝でしかありません


いつもありがとう
これからもよろしくお願いします!!

YFTfFuDbfQ.jpg
多分載せてなかったであろう写真

最後の最後まで
反抗心の塊で
中指立ててたから
隠したw




あ、3年経つってことで
最近自分の卒業公演の映像を
見返してみたりなどしました


おもしろかったな


なんか足臭いとか
汗やばすぎて塩吹いてるとか
言われてて
笑った

めちゃめちゃに若かったな



そんな汗かくほどもう頑張れないや

足の臭さは変わらん


おわり



このゆるゆる日常ブログは
基本的に夜中に書いておいて
大体次の日の夜に
更新してます


なので深夜ノリで
読んでくれると助かります



今日のどうでもいい話



わたしのインスタさ

小中の同級生が
割と見てくれていることに
気がついてしまったんですよ最近


私中学ほとんど行ってなかったから
全然友達いないと思ってたけど
成人式とか割と
みんなと喋れた気がするし

案外みんなが知っててくれてて
見てくれてて?
見られてて?

嬉し恥ずかしい気持ち


成人式の同窓会は
本番中でいけなかったから
またいつかの同窓会は
いきたいな〜





それで今って凄いから

1人見つけたら
そこからどんどん
友達飛んでいって見れるじゃん


そしたら小3のころに
好きだった子のアカウント
見つけて見てみたらね


犬の写真だけが大量に
投稿されてて

非常に癒されました

きっとあっちは
覚えてないでしょうけど

それがまたいいのよね



昔から変わった子が好きだったな〜と

いつも
何言ってるかわかんない
変なあんまり目立ってない子だった

(褒めてる)


今でもフルネーム覚えてる
(きもい)



ちなみに
確か告白したけど返事もらえなかった

曖昧な記憶だけど
多分そう


非常に恥ずかしい



告白とかやばくない?

今じゃ死んでもできないし
絶対しない


いや
今日ワニが100日で死んだけど

死ぬ日にちがわかってたら
告白とか
死ぬほど恥ずかしいことも
できるのかな

とか考えたりした


いや、でも

明日死ぬなら
絶対告白しないな

相手にその事実だけ残したまま
死ぬなんて
迷惑すぎる


死ななくても
告白できる人
本当に凄いな


なんの話だか
わかんなくなってきた


死ぬのとか
終わるのとか

わかってれば
なにかできるのかな


って考えたけど

これで終わるんだって
わかって見る最終回って
私あんまり楽しめない

最終回いつも適当に見ちゃう

終わるのわかってるからね


だから
いつ終わるかわかんないのが
楽しいよね




話逸れたけど


数少ない私の青春の話でした

_var_mobile_Media_DCIM_210APPLE_IMG_0518.JPG

そういえば
卒業の季節だねってことで
卒業式の写真
(引きこもりすぎて写真ない)

次の卒業式の写真は
来年袴姿を
見せられるといいな




完。


あ、今日
ティッシュ持って眉毛抜いてたら
ティッシュが眼球に張り付いて
千切れてそのまま張り付いてて
死ぬかと思った
まじ痛かった

みんなも気をつけてね

↑このページのトップへ