月別アーカイブ / 2020年01月

ほんとうに大切なことはとても小さな声で

愛笑む
作詞:世田谷のりこ

目と鼻と口はどうして前を向いてるのさ?
何の為に僕の耳は横についてるのか
きっと君の声を絶対に聞き逃さないように 
ずっと君の方に向いてる耳 両目が前を向くように
本当に本当に大切なことは
とってもとても小さな声で
本当に本当に大切なことは
とっても静かな音だ

手に取る言葉は『強くなれ』ばかり
あなたみたいに強くなれないし
また病み上がり 立ち上がる度に
ずっと ずっと ずっと思ってたんだ

黙れ 黙れ 
黙れ 黙れ 黙れ 
強き人よ 強き人よ 
黙れ 黙れ....
黙れ 黙れ 黙れ 
本当に本当に大切なことはとっても小さな声だ

不幸せを漁り また人集り
それを嫌うのはいい人ばかり
幸せを漁り 幸せ太り
痩せてたアイツは死んでしまった

本当に本当に大切なことは
とってもとても小さな声で
本当に本当に大切なことは
とってもとても小さな声で

あそこで大声で野次ってる声
自分を飾るバカでかい声
マイクを使った俺たちの歌う声なんて
大したことのない 馴染んでいく声
騒音に消された泣き叫んでいた声
悔し涙に溺れていた声
最後の最後 振り絞ったその声は
とっても小さな声だ


黙れ 黙れ 黙れ 黙れ
黙れ 黙れ 黙れ 黙れ
人人人 人人 人
強き人よ 強き人よ 
黙れ 黙れ
黙れ 黙れ 黙れ 黙れ
黙れ 黙れ 黙れ
強き人 強き人よ

本当に本当に大切なことは
とってもとても小さな声で


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3648.PNG

明日から配信スタート!


ひゃー

いろんな準備でてんやわんや

てんやわんや世田谷です。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3853.JPG

先日は映画『真言アイロニー』完成披露試写会の
アフターパーティーにお呼ばれしまして
新曲『アオイ』のアコースティックスタイルで歌ってきました。

バイオリンとピアノのトリオだったのだけど

相性がよかったみたいで

好評でした。

こんなカタチでライブするのも楽しいかも!!


映画のこととか

またゆっくり書くよ


とりあえずブログ書けてなかったから


報告をと。



とうとう明後日は
オリジナル新曲の解禁日。


明日は歌詞を載せるね。


好きになってもらえるか心配だけど

今のせたい気持ち

思いっきりのせた


後悔一切なしの新曲。


あー


はやく聞かせたい


改めて新年あけましておめでとうございます。

2020年。

みんなにとっても素晴らしく清々しい年でありますように

そんなことを願いながら

今日はブログへ


去年の11月あたりから

作曲ラッシュということで

2年半ぶりの愛笑むとしての制作と

新体制となっていくI.Mの制作


とても充実してる。

 
相棒のAkiとは年がら年中連絡とりながら

あーでもない、こーでもないと

曲の打ち合わせを重ね


こうして想いが形になっていくことは

やっぱり幸せです。


人生かけすぎると老け込むので要注意だけど
(それが老けてきたのよ)


快感を覚えるのは

曲が出来上がって行く時だという2人です。


Akiとは23の時くらいに一緒のバンドでやってた経験があって


かれこれ奴とも20年近くの付き合い


間10年くらい会ってない時期もあるんだけどね


それこそ当時から作曲のセンスが半端なくて


敵わない男。


憧れでもあったし、尊敬する先輩だった


それがまたこうして音楽やってるなんて


人生って楽しいよね


愛笑むが日本語を軸にやっていたのは


実は彼の影響もあって


"世界"を当時から見ていたAkiがいて


どうしたら勝てる?って自問自答しながら悩んでた


世界に通用するミュージシャンになりたいって
ずっと思ってて


英語圏のアーティストが英語で歌うように


日本人は日本語で歌うことこそが世界の近道だと考えた


Akiはあれからイギリスのハーフのボーカルだったり

Amhw HeroshはAkiのチームパートナーだったわけ

未発表曲ばかりだけど


本当にすげぇもの作ってくるなーっていつも思ってた


Akiの1番のファンは自分なのかもしれない



アイラブユーを届けようとか


僕は君が死んでしまうよりいい


とかアレンジ手伝ってもらったりして


色々試行錯誤してたんだけど



ライブと伝えたい音楽との差にバランスを崩してしまってたみたいで


メンバーも脱退することになったし


きっと自分の軸のブレが周りを惑わせていたのかなぁって思う。


2年前から"変化"を求めたの


変わりたかった


このままじゃダメだって分かってた



いつもAkiは愛笑むに寄り添ってくれたしね


優しい男



でも、せっかくAkiとヒロシと組むんだったら


世界を照準に絞らなきゃ


人生は一回きり。


海外アーティストとの差を感じまくった20代



そこに挑戦し続けたAkiがいて


無謀だけどさ


グラミー賞とか狙いたいよね。


そんなもう一つの夢


最近みてる。


ちょっと無謀くらいがいーよ


あきらめるくらいなら作り続けよう


そんなテーマでI.Mは動いていくと思う。



悲しみをユーモアに


愛笑むの根元はやっぱりここで


人を救う音楽がつくりたい


言葉で解くように

語りかけるような曲


ギネスが出来て

すずめができて


そんな曲を今でも大切に思ってくれてるみんながいて


音楽においては欲張りな自分は


愛笑むで人を救いたいし

I.Mでグラミーをとりたい


誰かに認められるって野暮なんだけど


人間だもの


褒められたい



ずぱーん!って心に刺す歌だって歌いたいし



俺はやりたいことをやっていこうと思うよ




あくまで誤解されないように



この二面性こそ自分の本性だって思ってる



2020年


俺なりの答え合わせをしていくよ


寄りかかるところはきっとみんななんだと思うから


ここでは甘えていくよ




今日は
愛笑むの『8回の裏』
I.Mの『いんすぱいあ』

をレコーディングしてきたよ


おそらく2/12に配信かなー



作りたい欲求MAX


是非聴いてね


とりあえず


1/22に

愛笑む『ほんとうに大切なコトはとても小さな声で』

I.M『ぱれーど』
が配信されます



CDもまとめて作るから


待ってくれててもよいし


配信で聞いてくれてもいい



新しい出逢いのために


色々動いていく。



色々楽しいことしていこう


オフ会でもしようか


かなり小規模でも


愛笑むのミニライブもやろうかなって


もう少し準備かかるけど



俺たちは本気。



2020年。みんなでぶちかまそう。

↑このページのトップへ