_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2421.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2419.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2418.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2420.JPG
photo by@HIROSHI_mesu


久しぶりの大阪ワンマンライブ公演。

当然久しく会えてなかったゲラにも会えたり

開演して顔を見て気づく

嬉しくもあり、気合いも入る。

初めましての顔も

ライブ開演してはじめて知るし

ライブってのはなかなか気が抜けない。

名古屋公演から一週間。

いつだってハイパフォーマンスを頭に描く

あいも変わらずの気合いで臨んだ。


名古屋でも大阪でも

今できることはあそこに置いてきた。

いいところもダメなところも全部。


I.Mなのか?愛笑むなのか?

何が変わって

何が変わっていないのか?


初心に帰るということ

原点に戻るということ


なぜ音楽を辞めなかったのか?

どうして音楽を続けてきたのか?


モテるとか金持ちになりたいって動機じゃ

きっとこの世界から去っている

いくらだってどの道にも可能性があるし

興味のある世界だってある。


音楽に懸けたこの20年


その原点はやっぱり愛笑むをはじめた25歳の時に遡る。

隣の人を守れないクセして世界を救えるわけがないだろう?

幸せまでパパに買ってもらうのか?

強く自分の背中を押してくる言葉が

自分には必要だったし

自分に言いかける言葉が

自分の原点。


俺は弱いから

強くなれるように投げかける


理想を捨てれない

現実を知っても尚、描く理想


あきらめないこと


青春時代に語った織田信長になるなんて理想


未だに追っているのだと思う


自分が強くなれば

きっとだれかを救うことが出来る



無力だなーって思うことが続いた20代


39になってもまだまだ思ってるよ


あの頃よりか少しは成長してるのかな?



人の役に立ちたい


自分を救ってくれた本に


強い言葉に


憧れと理想を



言葉のチカラを信じている


下り坂が反対からみたら上り坂を知った時に

知る自分の頭の尺度に腹が立って


考えを深めるようになる


恥ずかしい思いが


そんなプライドが自分を作っている


人生かけて


あなたを守れるような人に



暴力じゃない強さを


持てるように



音楽を愛していきたい。


音楽の力を、信じている。