衣食住が生活の基礎といわれ


ファッションは四季折々にコーディネートされて
冠婚葬祭やプライベートでも
また眠る格好にしても
僕らの生活に彩りを与えてくれる


また食で言えば
長い年月をかけて
改善された調理法で
各国によってもそれはそれぞれで
有り難みを知る上で
さらに美味しくいただこうとした
知恵が現在の日々に彩りを添える


あとは
寝るところさえあればと
そんなに豪華でなくて
食卓を囲むテーブルがあればよいのだとは
思うのですが
やはり毎日を過ごす空間が
僕らのの生活の基盤であるために
色々工夫をしながら
磨いて、過ごしやすくするもの
換気をすれば清々しく
整った生活品は背筋を伸ばしてくれる


人間は毎日をどう彩るか?


そんな深層心理があるし
やはり豊かでありたいと望むものだと思います。


その中で音楽という娯楽が
どんな形で彩りを与えているのか?


僕らの年代は、子供部屋から自分の部屋をもらったら
真っ先にCDコンポを置いたもので


学生時代

学校から帰っては、そのスピーカーに耳を当てて

爆音で聴いてたっけ?


その一方でリビングにコンポが置いてあって
家事や掃除の最中にかかる音楽も


クラブで流れる音楽に身体を揺らせて
出逢う男女にも


仕事先で流れる音楽をイメージすれば
なぜか天井が思い浮かぶみたいに


僕らの生活に足されるエッセンス


泣きたい時にそばにいる音楽や


楽しい旅先で流れる音楽


夜にピッタリな音楽に


昼間に聴きたい音楽



みんなどんな生活をしてる?


みんなの生活に添える音楽を作りたい。



出来れば、今よりもう少しだけ


美しい人生に添える美しい音楽を作りたい。



美しいと思うものが

他人とは違っても


僕らが美しいと思うものを

僕らは作っていくし


流行に流れる音楽。それはやはり求められる音楽であって


この美しさが求められるように


これからも頑張ろう。


美しい音とメロディと歌詞とハーモニーとリズムとで


今よか少しだけ


ステキな世界へ


彩ろう