あまり言葉で傷つけあうことは減るよ

理想を押し付けなくなる

大人になると

自分の我慢のなさが成長をとめたのだと

自分を責めるようになった

きっといいことだと信じてやってきたんだよ


本当にこれでよいのか?

最近の自分に対して疑問が生まれてきた



理想に向かって

現実なんかみないで

可能性なんて考えない

腹立たしいことを伝え

多方向の観点なんて頭になくて

自分よがりで

あなたにこうして欲しいと伝えた

家族、友人、恋人

家族も仲間も変わらず大切なままで

恋人は色々変わったけど

本当に間違っていたら

みんないないんだろうなー



大人になることは

我慢を覚えること

そんな方程式を信じた

きっとこれもひとつの解だ。


我慢を覚えた僕らは

幸せになったのか?


なにか満たされないこの感覚は何なのか?

この心の疲れは何だ。

理想を捨てて俺は何を得た?

音楽に可能性を信じたあの頃

可能性を計算できない馬鹿たちが描いた未来



俺は魅力的だと思うんだよ



そんな想いからさ

変化がおこる。


先ずは自分の中から



だから今でも仲間に

俺は理想をおしつける





↑このページのトップへ