ご縁。
物件との出会いはご縁。
ほんまこれに尽きる。

僕達は世間様に、
商売をさせていただいている。

ちなみに、
この「させていただく」という言葉。
国語や正しい敬語の使いとしては、
間違いで不適切らしい。

三方よし(売り手よし 買い手よし 世間よし)
でおなじみの近江商人が使い始めた言葉なんやて。

何に対しても
「(阿弥陀様のおかげでさせていただいています
という受け止め方になり、その感覚が言語表現にも
反映したらしい。

こんなことを言ってたら、
かしこやん!って言われそうやけど、
もちろん全てグーグル先生の教えを請うた結果である。
アホな僕でもグーグル先生の前では、
ピュアなグーグルチルドレンである。

今年に入って、
実はすでに世間様に3度ほどNGを受けている。
良さげな物件を見つけても、
いつも下記の流れで断られる。

STEP①
焼鳥屋ですが大丈夫ですか?
→「重飲食ですか?大丈夫ですよ!」

STEP②
朝4時まで営業したいんですが?
→「4時?元気ですね〜。クレーム来ない?
うちお店の上が住居なんやけど…まぁいいですよ…」

STEP③
店名と法人名ですか?
焼鳥アホウどり!社名はアホウプロジェクトです!
→「アホ?クレイジーな名前!無理!」

だいたいこの流れで断られる。

しかし!
なんと このSTEPをくぐり抜けて来た、
根性のあるツワモノ物件が見つかった!
場所は聖護院(しょうごいん)。
八つ橋や大根でおなじみの、
交差点で言えば東大路丸太町だ。


_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7358.JPG

近くには京大病院や熊野神社。
桜が美しすぎてビールが飲みたくなる。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7360.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7362.JPG

八つ橋の発祥はここ聖護院なんやって。
聖護院八つ橋さんは近江商人もびっくりの
創業330年!
さすが京都。
あっぱれである。

VqWRmeBAWa.jpg

暗闇で悪だくみしている男。
天才プロデューサーのカトウさん。
すべてのアホウどりの店舗を手掛けて頂いた。
次の物件はかなりの挑戦である。
なんと、
雰囲気命の僕達が、
絶対手を出してはいけない二階建ての物件。
リスクはあるが、
ワクワクがドキドキを上回ったらGOだ。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7352.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7140.HEIC

坪数10坪。
ド交差点のバス停の向かい。
祇園からワンメーターの距離。
さてどうしたもんか。
一週間で決めたいと思う。
乞うご期待。