月別アーカイブ / 2018年03月

昨日は、全店お休みを頂きまして、
アホウ大作戦を開催しました!
お客様に多大なご迷惑をおかけしてますが、
お陰様で最高の学びを得ることができました。
ありがとうございました!

今月も一乗寺店で行いました。
地下にて会議 オシャレです。笑

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6621.JPG

今月のテーマは、
『SNSで仕掛けるの変!』

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6626.JPG

ちなみに、ここで使っている「変」とは、
本能寺の変 的な使い方です。
ちなみに「変」と「乱」って似てますよね。

【ちがい調べました】
「変」は「成功したクーデター。成功して世の中が変わった、という勝者の視点から」
「乱」は「失敗したクーデター。反乱が起きたものの鎮圧した、というこれも勝者の視点」とのこと。

僕らのクーデターは成功するんだね〜
狙いでもなく、何となく
たまたまつかってました。
偶然でした。笑

まずはマグロ君の10秒チャレンジ。
10秒でマグロ君が何かをして、成功したら年末のアホウナイトの店舗対抗ゲーム大会の賞金が増えていくという、やらしいゲス企画。
前回は10秒でジャンパーを着るでした。
そして成功。
(そりゃそーだ子供じゃない。笑)

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6628.HEIC

今月はネクタイ結び。
難易度アップ。
10秒たったらブザーが鳴ります。
まさかの結末。


ほぼ11秒やけど、ノーブザーでフィニッシュ!
成功でした!

そのあとは、本日のメインテーマの
『アホスタグラム』のコーナー。
店舗対抗で1ヶ月の総イイネ数を競います。
たくさんのアイデアが出ました。
これを実現し継続するのは超大変。
どこの店舗が飛び出すのか。
楽しみです。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6631.JPG

その後は、お掃除番長アメリカンの、
おそうじグッズ紹介のコーナー。
本日のアイテムは「水の劇落ち君」。
マジックリンでは掃除しにくいデリケートな場所も、
これやったらバリバリ使えて、
バチバチ汚れ落ちますよー!
アメリカンありがとう!

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6632.JPG

そして時給アップスタッフの紹介。
今月は…

本店 のっぴ・ぺぺ
白梅町 でんでん・エース
一乗寺 カルビ・ユネスコ・ボイラー

いつも本当にありがとう。
今月もよろしくお願いします!

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6634.JPG

終わった後に、社員さんと健康診断の結果発表。
再検査メンバーは、
安定の俺とマグロ君!笑
ちっくしょう!

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6638.JPG

季節は変わり歓送迎会シーズンに突入。
最高の出会いと別れのお手伝い。
アホウどりにお任せあれ。
命削って頑張りまーす。笑

今日は特にすごい大切な話。
教育をざっくりぶった切る。

ヒゲを剃ってこないスタッフがいた。
剃ってきなさいと指導しても剃ってこない。

ここで大切なことは、
自分の決めつけで、
物事を考えてはいけないってこと。
普通飲食店やったら剃ってくるやろってのは、
こっちの解釈でしかない。

もしかしたら、そのスタッフは、
剃る意味が 理解できないのかもしれない。
剃ってはいけない 環境にいたのかもしれない。
そもそも 剃り方を知らないのかもしれない。

教える人は、問題(点)だけを見てしまいがち。
大切なことは、その人の背景に寄り添って考えること。

何で剃らないのかな?
剃ってる状態ってどんな状態かな?
どんな剃り方をしているの?
何時にどこで剃ってるの?

できない理由が必ずある。

それを、
『飲食店やろ。剃ってこい。分かるやろ。』
では、伝わらないし、
出来たとしても、それは店長に言われてやってるだけやから、
指示待ち人間になってしまう。

【できない理由】と【できる方法】は、
スタッフの中に必ずある。
まずはそれを信じること。
徹底的に信じきること。

大丈夫!
それめっちゃええやん!
できる!
絶対できる!
やってみよう!
できへんかったら、
また別のやり方を一緒に考えよう!

ネガティブじゃなく、
ポジティブに!

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6579.JPG

たまに教える側の人に言われる。
「そんなことまでしないとダメなんですか?」
そう。
「そんなことからはじめるんだよ。」
それが教育。

問題(点)だけを見て指導するのではなく、
必ず背景に寄り添って考える。
そして、こっちの言葉ではなく、
本人の口から改善策を導き出す。

教える人は答えを言わなくていい。
考える場所(きっかけ)を作ってあげるだけ。
後はポジティブに徹底的に信じきる。

その場しのぎのQ&Aでなく、
【考える力】【乗り越える力】をつける。

指示待ち集団でなく、
自律的集団を作る。




↑このページのトップへ