サーカスがやって来る。

4月13日A FLOOD OF CIRCUS 2019開催。

通称:大サーカス(命名アオキテツ)。

本編は「大サーカス」で、ツアーは「大巡業」。なんでも「大」を付ければ良いと思ってる辺りはとても我々的ですね。



今のところ発表している出演者は…

首謀者

a flood of circle



第1弾で発表した

the pillows

爆弾ジョニー



で、こないだ第2弾を発表したんだけど

THE BAWDIES

climbgrow

THE KEBABS



もういいね。やばいね。もうサイコーの予感しかしないね。

若手から同世代から先輩までびっしりロック・バンドが揃ってる。

今時こんなに純然たるロック・フェスティバル、他にないんじゃないですか。

で、まだもう1組いるんだけど。これもホントーにやばいです。

わーお。まじすか。ってなる。俺はもうなってる。お楽しみに。



以下前々回の引用

ーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーー

4月13日まではツアーをやる。

A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2019。

ゲスト・バンドを呼んで全国ライブハウスを巡るっていう一見スタンダードな形なんだけど、

A FLOOD OF CIRCUSは「フェスティバルごと全国ツアーやる」っていう夢を持ってんのね。

それはまだ、日本にないでしょ。

面白そうだけど面白そうなことが本当に面白いかはやってみなきゃあわかんないんだから面白くなるようにやってみるしかないじゃん。

大巡業はその試金石にもなっていて、だからまあ俺にとっては超大事だし特別なツアーなんだよね。

Spotifyだけで音楽聴いてたらわかんないかもしれないけど(もちろん俺はヘヴィ・ユーザーだけど)、

ライブの現場っておいおいまじバンドサイコーだなーって思える素晴らしい空間なんだよ。

素晴らしいものがあるなら俺は分け合いたい。ぜひ遊びに来てよ。



そんな訳で、A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2019、これに出演するゲスト・バンド達を紹介したい。

ーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーー

文章にするとこの上なく暑苦しい野望っぽいですけど、
俺「信長の野望」を初めてやった時は仙台っ子だからやっぱり伊達政宗だったけど、
とにかくけっこう平熱で普通にやりたいことばっかりやって生きていたらこういうライブツアーをやりたいと思い至るようになってしまった。

という訳でビレッジマンズストアの話をしようと思う。
なんでかっていうと先月彼らのイベントに呼んでくれて、会ったばかりだから。


これは去年ビレッジマンズストアがa flood of circleのツアーに出演してくれることになった時の文章。

https://lineblog.me/afloodofcircle/archives/1103703.html

去年はまだこんな感じの関係だった。「好き感」出てるけどまだやっぱり「疎遠感」あるね。

この「ウェス・アンダーソンのアートブック風のビレッジマンズストアの連中」の絵、けっこう気に入ってるんだけど。

アラカネがサポートで参加してた時期だったからメンバーの絵に描いてなかった。ミツルもまだ金髪じゃなかった。

時間は経つもの。この時にお互いの「お、いいじゃん」の波長が合い始めたってことだろうな。

後にビレッジマンズストア15周年のイベントに出演してくれと誘ってくれたりもした。

その時に気づいた。15周年…?こいつら先輩じゃん…!と。

一応まだ気づいてないフリをまだしている。だってもう仲良いからね。

それでまた、彼らをツアーに誘っちゃった。なぜか。



1 曲が良いから

彼らの曲は展開も多いし決してシンプルではないけど、フックが満載。

満載すぎてこぼれ落ちそうなくらいフックが満載。

だから複雑な曲だけど覚えられちゃう。すごい。

タイトルのセンスも壮絶だよね。「車上A・RA・SHI」だからね。

俺、嵐のデビュー曲大好きだし。



2 新譜が良いから

アルバム「YOURS」が良い。

中身が良い。元気一杯の音で録音してある。

外身も良い。特にこれについてはシンパシーを覚えざるを得ない。

だって「YOURS」のジャケットこれでしょ。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3726.JPG

おいおい見覚えあるな、と。

去年「美しい悪夢」という曲のミュージック・ビデオを製作総指揮・渡邊一丘で撮影するという話があり、
TOKYO FM「FESTIVAL OUT」という番組の協力で資金を募るクラウド・ファウンディングをやったんだけど(参加してくれた人ありがとう)、
その返礼の品として「美しい悪夢」と再録での「シーガル」を収めた7インチ・アナログレコードを作ったのね。

で、その7インチ・シングル「美しい悪夢/シーガル」のジャケットこれね。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3727.JPG

俺らの方が後出しですけど。
パクってないですから。
向こうは「導火線に接続されたリンゴ」ですから。
こっち「赤い球に乗って緑の旗を持ってる人」ですから。
とか言うと嘘くさいけどね、本当にたまたま似ちゃったのね。
近い感覚でバンドやってんだなと思います。

ビレッジマンズストアといえば「赤スーツ」って感じだけど、a flood of circleのメンバーもカラー・バリエーションを示されたら大概赤を選ぶ傾向あるんだよね。
3月6日リリースのアルバム「CENTER OF THE EARTH」のジャケットはグリーンにしたけどね。


3 ライブが良いから

彼らのライブはすごくハイテンションだし、サービス精神が超ある。
先月のライブの時は、a flood of circle「The Beautiful Monkeys」のカバーまで披露してくれた。

シャープな感じでさ。良かったよ。3月の大巡業で演ってくれるかは知らないから約束できないけど、

それがあろうとなかろうと、彼らは「その日のスペシャル」をきっと見せてくれるよ。



4 面白い人だから

首に白いフワフワを巻いてる水野ギイは良いやつである。やっぱり良いやつには弱いですよね。

こないだ打ち上げをした時はアラカネをメンバーに入れるまでの経緯とか聞いて。

最近若いギタリストが入った、っていう意味ではa flood of circleと同じ流れだしさ。

シンパシーあるよね。ジャケットだけだじゃないね。

彼のバンド愛やメンバー愛は美しい。



5 会場が良いから

チェンジ・ウェイヴもジャンク・ボックスも、ツアーのたびに世話になってる思い入れのある場所だ。

両者の共通項は「ボスの顔が怖えー」なんだけど皆さんにはわかりづらいですね。

ビレッジマンズストアのジャックくんを思い浮かべてください。

顔の怖えー人って、意外と1番優しいですね。

チェンジ・ウェイヴもジャンク・ボックスも、 音楽愛と人間愛にあふれた素晴らしい先達が運営している場所なんで。

東北に愉快な仲間を連れて行けるのが俺は嬉しい。しかもサーカスっぽいじゃん、ビレッジ。

道化師のような悲喜こもごもの表現と、ライオンの火の輪くぐりのような派手さが、ビレッジマンズストアにはある。

フラッドちゃんも燃えています。リハこれからだけど。



A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2019

w/ビレッジマンズストア

3月14日盛岡CLUB CHANGE WAVE

3月15日仙台CLUB JUNK BOX



よろしくどうぞ。

佐々木亮介

皆さんお久しぶり💀
最新アルバムが発表されたり、春アニメの"群青のマグメル"のOPに起用してもらえることになったりと(追記:EDだった笑)何かと調子良い感を醸し出してるa flood of circleです。

サーカス巡業は俺がafocのサポートギターを始めて最初のツアーなんで思い入れは結構あって、人と仲良くなるのに割と時間かかる俺にとっちゃ同じバンドと2マン2デイズはとても親切なツアーなんだよね(こないだピンボールズのギタリストの中屋さんと話していたがギタリストって人見知り多いよねぇ)
ちなみに公式ツイッターで最近見かける"大サーカス"とは俺が勝手に渋谷のツアーファイナルを"大サーカス"と言っていたところからきてるのだよ🎪

っつーわけで今回紹介するのはこのバンド
☠️climbgrow☠️

若くて威勢の良いロックンロールバンドいないっすかね〜?って話になると挙がってくるバンドの筆頭だ

いいね、ソリッドなサウンドと汚ねぇ声(強烈な褒め言葉です。MARLAってバンドのVo.のMIKIって奴と仲良いんだけどアイツも汚ねぇ最高の声なんだよな〜)

彼等は去年何故か呼ばれた京都museにてやった大分vs京都と冠したイベントに出た時なんだよね。a flood of circleなんて出身バラバラバンドだけども笑
で、打ち上げでクライムグロウと話したら滋賀出身だって言うからビックリだよ!!

俺は京都産まれ京都育ちだけど京都市山科区ってとこなんだけど(あ〜山科ね笑  って思った京都市民、そういうこと思うから腹黒いって言われるんだぞ)滋賀県に激近なとこだからなんか親近感湧いちゃって面白いバンドだなぁって思ったわけよ。

サーカス巡業ツアーでやるって決まったからとても嬉しかったね、一応俺の方がちょっとお兄さんだから頑張ってケチョンケチョンにするけど☠️

てな感じで

3月9日京都磔磔

3月10日神戸太陽と虎

は世界で1番ロックンロールな空間になるんで良かったら遊びに来なよ

アオキテツ(もうすでに花粉飛んでますね)

サーカスがやって来る。


4月13日A FLOOD OF CIRCUS 2019をやると決めた。

a flood of circleのロックンロール・サーカス。これぞフェスティバルだよ。

今のところ発表している出演者は…a flood of circleはもちろん、

the pillows爆弾ジョニーの2組。

これだって、うんもう間違いないねっつー感じのメンツだけど、

まだまだアガるメンツの発表が待ってるんだ。

お楽しみに。アガるよ。


4月13日まではツアーをやる。

A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2019

ゲスト・バンドを呼んで全国ライブハウスを巡るっていう一見スタンダードな形なんだけど、

A FLOOD OF CIRCUSは「フェスティバルごと全国ツアーやる」っていう夢を持ってんのね。

それはまだ、日本にないでしょ。

面白そうだけど面白そうなことが本当に面白いかはやってみなきゃあわかんないんだから面白くなるようにやってみるしかないじゃん。

大巡業はその試金石にもなっていて、だからまあ俺にとっては超大事だし特別なツアーなんだよね。

Spotifyだけで音楽聴いてたらわかんないかもしれないけど(もちろん俺はヘヴィ・ユーザーだけど)、

ライブの現場っておいおいまじバンドサイコーだなーって思える素晴らしい空間なんだよ。

素晴らしいものがあるなら俺は分け合いたい。ぜひ遊びに来てよ。


そんな訳で、A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2019、これに出演するゲスト・バンド達を紹介したい。



まずはThe Pinballsの話をしよう。なんでかっていうとこれを書いてる今日これからタイバンするから。

この人らのことは一回文章にしたことがあるんだけど

https://lineblog.me/afloodofcircle/archives/1066404.html

この「The Who"ピンボールの魔術師"のジャケットをイジった絵」を描くのに無駄な時間を割いた日が懐かしいな。

そんでまあ、去年九州で一緒に演って更に好きになったんだよね。

それでまたオファーしたんだけど、すごく楽しみにしてる。

なぜか。


1 曲が良いから

去年大分で一緒に演った夜、打ち上げで一緒に酔っ払って、飲んだ店がギター置いてあるとこだったんで古川さんをけしかけてピンボールズの曲を一緒に歌ったのね。古川さん、優しい人ですよね。

それでまあ別にすげえ奇跡のような素晴らしい演奏ができて、みたいな良い話はなくてとにかく酔っ払って一緒に歌ってくれた、っていうだけなんだけど、その時に歌いながら、あーすごく良い曲を書いてる人なんだなーって思ったのをよく覚えてるんだよね。

曲が良いなんて音源聴きゃわかるんだけど、演奏してみて気づく良さってものもある。

メロディの歌い心地(そんな言葉があるなら)がすごく気持ち良い、とかさ。


2 新譜が良いから

ニュー・アルバムのタイトル、「時の肋骨」だからね!

普通タイトルにつけないよね。肋骨ってさ。

読める?肋。俺は読めるよ。

「ロシナンテ」っていう昔の曲で「肋」って書いたことあるから。

「ヤンシュヴァイクマイエルの午後」とかさ。

何それってなるよね。気になっちゃうよ。

俺は古川語のファンだね。


3 ライブが良いから

彼らはクールな曲でも爆発するようなテンションで演奏する。

ワアーCDみたいですね!っていう意味ない感想を絶対に持たない。

格好良い演奏ってことだと思う。


4 面白い人だから

まだピンボールズと出会う前のこと。

俺ラージ・ハウス・サティスファクションっていうバンドが好きなんだけど、そこのヨウジってやつと飲んでた時に、会わせたい友達がいるから一緒に飲もうって言われて、まあそれ古川さんのことだったんだけど、でもヨウジが電話しても彼は来なかったんだよね。

月日が経って出会った時に、その時なぜ来なかったか?という話になって。

そしたら古川さんはすごく爽やかな笑顔で

「もし佐々木くんとライブハウスで出会わずに友達に紹介されて飲み屋で出会っちゃったら、ライバルになれないと思ったんだよね」

って言ったんだよね。

いやーこれ忘れられない。超古川さんって感じのコメントだよ。彼を表してる。この人はアルバムのタイトルに「時の肋骨」ってつけられる側の人なんだよ。ロマンチストだよ。


5 会場がクラブ・アップセットだから

今回のA FLOOD OF CIRCUS大巡業 2019は2デイズで興行するところもある。

名古屋はピンボールズと2日間やる。

アップセットってライブハウスのこと、名古屋の実家みたいに思ってる。

昔は寝泊まりさせてもらったこともあるし。

好きなバンドと好きな場所に行けるのは嬉しいことだよ。


A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2019

w/ THE PINBALLS

4月4日名古屋CLUB UPSET

4月5日名古屋CLUB UPSET


よろしくどうぞ。



佐々木亮介

↑このページのトップへ