似合ってないよ、こっちの方がいい。
あなたの声にこの曲は合わないよ。だってほら、再生回数が物語ってんじゃん。そんなのもわからないの?
ほらあなたはさ、◯◯じゃん?だからこれでしょ!これ、

相手が選んだものが自分の好みじゃなかったから変えたい。好いている相手を思い通りにしたい。

相手が全て自分好みになってくれたら嬉しい?
嬉しいかもね。でもそれはその人である必要はないでしょう。
コントロールしたいと思っている相手があなたの思い通りになったら、そこから二度とあなたが好いていた頃の相手では無くなります。
その気持ちが好きという思いから生まれているものだとしても、自分が望んでいた相手ではないから、思い通りにしたい。という気持ちは好きと同等にしてはいけない。 

応援は、全てを好かないといけないなんて誰も言っていないよ。
でも、自分が好いている相手が仮に倫理に反していることをした時にそれを絶対受け入れろ とも言っていない。
「おかしい」と思うことを否定していない。でも
「おかしい」と思ったから相手を「変えたい」という方に走るのは、何故

人は変えられません。その人を変えられるのはその自身、それ以外の誰もできません。 
こんな、きっと誰もがわかっていることを、世紀の大発見だ!みたいな気持ちで書いているわけではないんですよ。ただ、やっぱり誰しもわかっていることもたまに忘れてしまうから、 改めて……なんとなく…
私だって忘れてしまうことたくさんありますし…


もし私が、皆さんを裏切るようなことをしたら、絶対それを肯定して受け入れないでください。 保険かけてるわけじゃないです。絶対にしません。

こんな、全然幸せそうじゃないブログを書いている時点でもう人としても活動者としても手遅れなのかもしれないけれど、
あなた達は、あなた達の意思を、判断を大事にして欲しい。嫌だと思ったら、離れて欲しい。 「了解です!」なんてコメントをさせたくない。なんの了解なの……?了解しないでいいよ。 
「おかしい」こと、あなた達を悲しませたくないから気をつけます。あなた達が応援していて、恥ずかしくない人でありたい、なるべく。 もう恥ずかしいかな、そうだったらごめんなさい。
だけど、あなた達が好きじゃないものを「好き」と言うかもしれない。あなた達が、あなたが歌ってほしくないものを、歌いたくて歌ってしまうかもしれない。

何を言っても良い、「好きじゃない」って言ってもいい。「やめてほしかった」とも、なんでも好きに言っていい。でも、それは私以外の方には絶対に言わないで、
相手が同じ人間であることを忘れないで欲しい。
お願いします。