月別アーカイブ / 2021年07月

似合ってないよ、こっちの方がいい。
あなたの声にこの曲は合わないよ。だってほら、再生回数が物語ってんじゃん。そんなのもわからないの?
ほらあなたはさ、◯◯じゃん?だからこれでしょ!これ、

相手が選んだものが自分の好みじゃなかったから変えたい。好いている相手を思い通りにしたい。

相手が全て自分好みになってくれたら嬉しい?
嬉しいかもね。でもそれはその人である必要はないでしょう。
コントロールしたいと思っている相手があなたの思い通りになったら、そこから二度とあなたが好いていた頃の相手では無くなります。
その気持ちが好きという思いから生まれているものだとしても、自分が望んでいた相手ではないから、思い通りにしたい。という気持ちは好きと同等にしてはいけない。 

応援は、全てを好かないといけないなんて誰も言っていないよ。
でも、自分が好いている相手が仮に倫理に反していることをした時にそれを絶対受け入れろ とも言っていない。
「おかしい」と思うことを否定していない。でも
「おかしい」と思ったから相手を「変えたい」という方に走るのは、何故

人は変えられません。その人を変えられるのはその自身、それ以外の誰もできません。 
こんな、きっと誰もがわかっていることを、世紀の大発見だ!みたいな気持ちで書いているわけではないんですよ。ただ、やっぱり誰しもわかっていることもたまに忘れてしまうから、 改めて……なんとなく…
私だって忘れてしまうことたくさんありますし…


もし私が、皆さんを裏切るようなことをしたら、絶対それを肯定して受け入れないでください。 保険かけてるわけじゃないです。絶対にしません。

こんな、全然幸せそうじゃないブログを書いている時点でもう人としても活動者としても手遅れなのかもしれないけれど、
あなた達は、あなた達の意思を、判断を大事にして欲しい。嫌だと思ったら、離れて欲しい。 「了解です!」なんてコメントをさせたくない。なんの了解なの……?了解しないでいいよ。 
「おかしい」こと、あなた達を悲しませたくないから気をつけます。あなた達が応援していて、恥ずかしくない人でありたい、なるべく。 もう恥ずかしいかな、そうだったらごめんなさい。
だけど、あなた達が好きじゃないものを「好き」と言うかもしれない。あなた達が、あなたが歌ってほしくないものを、歌いたくて歌ってしまうかもしれない。

何を言っても良い、「好きじゃない」って言ってもいい。「やめてほしかった」とも、なんでも好きに言っていい。でも、それは私以外の方には絶対に言わないで、
相手が同じ人間であることを忘れないで欲しい。
お願いします。

「あんたが死のうがどうしようが俺には関係ない」

問題を間違えた時、間違えた回答がノートに残っているのが恥ずかしくて間違えた回答を全部消して、正しい答えを書いてた、けれど
「なんで消すの?」「消さないでいいよ」って先生に言われた時、自分はまた間違えたんだ って、今までやっていたことは全て間違いだったんだ と ものすごく絶望した。

そんな経験をしても間違えた答えを上書きする癖はなおってない。人に言われたこと、それが正しいって考え方は変わってない。
間違えた時、失敗した時、「あーあ」「違う違う」「もったいない」って誰かに言われる気がするし、そうやって頭の中で誰かが言ってくる。
その声が誰なのかはわからない。親なのかクラスメイトなのか先生なのか、インターネットの声なのか、とにかくそのわからない誰かに何かを言われるのが嫌だから、なるべく間違えないようにしようって生きてきたおかげで、相手の気持ちをもっと考えられるようになれた(気がする)
良かったーこれで誰も傷つかないし、喧嘩しないね。 

そんな思考はおかしいんだろうけれど、今更どうすればいいのかわからない。「なるべく間違えないように」なんて思考を優先してきたせいで、本心もよくわからなくなっちゃった。キャラ作りとかメディアで言われる“ミステリアスな部分”でも、病んでるアピールとか、違う。本当に、本当にそう思ってる そうなんですよ、わからなくてもいいから。

聖人なんかじゃない。自分が怒られたくなくて、否定されたくなくて、傷つきたくないだけ

じゃあ間違えた時に、その間違いを改善できているかと言ったら、違う。 全然できてない。間違えたことに向き合わないで逃げている、逃げているせいでまた忘れる。怒られる
自分で考えても馬鹿だからなんで間違えたのかもわからない。
「馬鹿だからわかりません。教えてください」 そう言いたいけど、言えるわけない。
わからないまま、ただ、ごめんなさい。しか言えないんだ

私が死のうがどうしようが、相手には関係ない。

それならば、誰にも責められることだってないし、相手が求めている回答を探すことなんてしなくてもよくなるのにな


「絶望した」
人にそう言われた
何も言えなかった、何故かもわからなかった。ただ、相手を傷つけたという事実だけが残ってしまって、どうしたら良かったのかって、そのことばかりで寝る前は頭がいっぱい。


たくさん否定される気がして、本心なんて答えられたもんじゃない。だけどそれが人を怒らせてしまう原因だったのなら、 


私は優しくなんかありません。ただ自分が傷つきたくないから逃げているだけで、本当は自分が大好きなだけなんですよ。
あなた達を悲しませたくない、怒らせたくもない。
私は、 なに、なんだろう。一体何を求めているの

今日も眠れなくて4時だ  今日こそは寝れると思ったんだけどなぁ  これを何回繰り返してるんでしょう。もう既に1ヶ月ぐらいは経ってそうで困っちまうこれは誰かのせい   自分のせいです。

まだ5月の気持ちだったのに、あっという間に7月が終わりそうになっていることを信じたくない
このままのペースだと誕生日になってしまう そして19歳になるんだ  19歳  大好きなキャラクターと年齢がどんどん離れていく。怖い
でも彼女達は私にとってはずっとお姉さん、お兄さんだけどね

歌い手に憧れたのが12歳、7年だって  7年
友達と、「7年後何してるんだろうね」って話してた気がする。有名歌い手になりたいって、超会議や超パーティーとかでライブしようとか、歌ってみたの本に載りたいねって、たくさん話したね

今歌ってみたの本ってあるんでしょうか。私が初めて買った歌ってみたの本は、96猫さんが表紙で、りぶさんが裏表紙の、1月号?だった気がします。そこで色んな歌い手さんを知ることができたので、本当にありがたい本です。 好きな歌い手さんのインタビューがずっしり詰まっていて、今思うと夢みたい。ネット以外の場所で歌い手さんやボカロや、ボカロPさんを見ると新鮮な気持ちになれて、ネットとは違うワクワクを味わえました。今もテレビで ボカロ や歌い手さんの特集が組まれただけで暴れちゃう。

7年前決めた「アド」名義ではなく、「Ado」として今活動しているけれど、自分の夢をちゃんと叶えられているのでしょうか私は
まだ叶えられていないことはたくさんあるし、それに、私はどんどん周りの目を気にしてきている
7年前みたいに、あんなにときめける自信はない。
歌い方も、「アド」のキャラデザも、今の環境も、夢の大きさも、全部違う  
でも自分が大嫌いなことには変わりない。そこは1番変えなきゃいけないのに。これから自分が描いた夢を叶えていくとしても、情けない姿のままでいいのか、私はそれを望んでないから歌い手になりたいと思ったのに。何故変わらない  何故変わってないの、寧ろどんどん落ちていってるみたい。
人の目を気にして、求められているものが何かを考えて行動をして、見えない何かに追われている自分の姿を、昔の自分が見て安心できるの? 
馬鹿なまま、誰かに求められたいって気持ちもそのまま、本当に自分が望んでいたことは、情けなくない姿じゃん  情けなくないよ って言えない。 人から言われた「つまらない」をズルズル引きずり続けてるんだから

必死に応援しなくてもAdoを得ることができる  
応援してくれている方にそんなコメントを書かせてしまった。 つまらない と言わせてしまったのと同じぐらい悔しい
でも実際にそうだ。事実を言われて悔しい だなんて、自分のせいなのに。

「Ado」にどんどん置いていかれる。私自身が「Ado」に追いつけない  追いつくものだと思ってた
だから表面上のキレイな部分が、自分にとってはものすごく憎く感じる。そんな美しい人間ではないくせに、 何を偉そうに。  と、 今だってそう思っている。 

私「アド」まで嫌いになっちゃうのかな
こんな調子で、  怖い
怖いよ、どんどんわからなくなっていく。人から言われたことばかり思い出してしまう。
自分のせいでつまらなくなんてなりたくないよ
これ以上何も忘れたくない。

謝りたい

↑このページのトップへ