2007年リーマンショックで最悪あるアメリカ
不動産関係がめちゃくちゃに成った。
###以下は、ネットから引用###

アメリカ合衆国の住宅バブル崩壊をきっかけとして、サブプライム住宅ローン危機を始め、プライムローンオークション・レート証券、カードローン関連債券など多分野にわたる資産価格の暴落が起こっていた。

2007年からの住宅市場の大幅な悪化と伴に、危機的状態となっていたファニー・メイフレディ・マックなどの連邦住宅抵当公庫へは、政府支援機関における買取単価上限額の引上げや、投資上限額の撤廃など様々な手を尽くしていたものの、サブプライムローンなどの延滞率は更に上昇し、住宅差押え件数も増加を続けていた。歯止めが効かないことを受け、2008年9月8日アメリカ合衆国財務省が追加で約3兆ドルをつぎ込む救済政策が決定。「大き過ぎて潰せない英語版」の最初の事例となる。


難しいを事を簡単に釈明するどれだけ

麻生太郎先生は、苦労したのだろう?

その思いが甘利明先生のコメントから

伺える。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6557.PNG


僕は、何時も思う。
漫画は、わかりやすくする手段に使って欲しい。

下記の事例は、自分でも良くある。
プログラミングは、無料で依頼する人々

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6407.JPG
良き情報を無料でやりすぎると
投資してくれた株主への配当金が
出来なくなる。
どんどんと資本主義が崩壊する
インターネット世界です。

僕は、言いたいロクデナシばかり
人々は、日本から出て行け

僕は、設計する余裕とプログラミングする思考する余裕が欲しい。

麻生先生、 JAPAN comicをどれだけ宣伝するだろう。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6623.GIF
enEgeDZqSE.JPG_5005.JPG

3FXCgxQn5c.jpg
csWUnaBAks.JPG_5005.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6717.JPG

dF84NTqsjT.jpg