月別アーカイブ / 2021年02月

中学生時代のあだ名は、猫君、ブランデーだった
由来、国語の教科書でブランディーの小さな「ィ」
を発音せず、教室の中で大爆笑されて
女性が時たま、呼ぶ、あだ名です。
他にも渡部博紀も変わった。
あだ名になった。
ワタナベ ヒロノリ
で習字で大きく書いた渡部君
ヒロノリをカタカナで脇に書いた。
何故か?「ノ」が消えた。
見た目は、ヒロリとなった。
渡部のあだ名は、ヒロリ
僕のブランデーである。
参考に、、、

fpD8jwiKhi.jpg


《English language》
Into the unknown
* I'm just a lady so lady Live strong
Don't give up on painful feelings
I'm just a lady so lady <Citta'lib
My heart don't cry
The woman who travels the season is a little fragile
The inner part of my swaying heart was always burning hot
A warm feeling love spelled on the page of the heart
Everyone is sad but not alone
I'm just a lady so lady I'm just a lady so lady
Even if my dream is broken
I'm just a lady so lady <Citta'lib
My heart don't cry
I bet my dream on the size of the sky, dyed in the blue of the sea
Please tell me the joy of living The preciousness of love
There was a time when I was doing everything without knowing scary things
I miss myself when I was told that I was a man
* Repeat
Like a bird flying in the sky Like a wind carrying clouds
Feel free to leave and don't stop
I'm just a lady so lady Live strong
Don't give up on painful feelings
I'm just a lady so lady Raise your face
My heart Let's walk

《JAPAN language》
心のままに
*I'm just a lady so lady 強く生きて
つらい想いにまけないで
I'm just a lady so lady <Citta'lib
My heart 泣かないで
季節を旅する女はすこし涙もろいけど
ふるえてる心の奥はいつも熱く燃えていた
心のページに綴り織るしたたかな想い恋心
人はみんなひとり哀しいものだけどひとりじゃない
I'm just a lady so lady 生きてゆくわ
たとえ夢こわされても
I'm just a lady so lady <Citta'lib
My heart 泣かないで
海の青さに心染めて空の広さに夢を賭けた
聞かせて下さい生きる喜び愛の尊さを
恐いもの知らずむこうみず何でもしてた時代がある
男まさりと言われた頃の自分がなつかしい
* Repeat
鳥が空を飛ぶように 風が雲を運ぶように
心自由に旅立て足を止めないで
I'm just a lady so lady 強く生きて
つらい想いにまけないで
I'm just a lady so lady 顔をあげて
My heart 歩いてゆこう


***good music, the following URL***







↑このページのトップへ