私、22歳になりますが、まだ自分が分からない、と言っている。自分というものが、歳を追うごとに分からなくなっているから怖い。
私はこの先、何者かになることはできるのか。

毎日本当につまらない。退屈で仕方がない。
バイトには行きたくないし、卒論も面倒くさい。親や友達と話すのさえ気が遠くなる。

あーあー、なーんにもしたくない。

ただ、じっと、ぼーっとしてたい

朝日が登る明け方に、深い緑のそのまた奥深くにある木々に囲まれて、誰もいないひんやり透き通った山の中で滝でも眺めながら流れてくる冷たくて透明な水を飲みたい

太陽が反対側を照らすとき、光が当たらないこの真夜中に私だけが起きていて、何も聞こえない暗闇のなか、一人キャンドルに火を灯し、それをゆっくり眺めてたい

何もしたくない。誰とも話したくない。一人でいたい。じっと一人で静かに過ごしたい。

それで私が私と話すことができるのならば。

来年からは、学生でなく社会人になるというのに
こんな自分が心配になる。おい、大丈夫か
だれかに教えてほしい。大人になるにはどうしたらいい

本当に、どうしたってわからない!


就活の際、必ず提出しなければならないエントリーシートだが、私はこれがどうも苦手でこまる。3分でもウルトラマンを求めるレベルだ。

あなたのアピールできることはなんですか。
会社に入った後の貴方はどうなっていると思いますか
10年後の貴方について教えてください。
自己PRをしてください

たくさん「私」について聞かれ、答えなければならない。相手に気に入られるような、記憶に残るような、そんな文を書かなければ落ちる。
ありのままを書けとES攻略本には書いてあったが、ありのままに書けば落ちる人をどうしてくれよう。どんな助け船をだしてくれるのだ。
そうさ
誰もこない。

から、自分で考えるのみ。

どうも有難う。


初 です。 お祈りメールとやらが私の元へ届くのは。
あれですね、なんだかとっても悲しいんですね。えぇ。

あゝふるい落とされちまったなと。そう、思うのです。
エントリーシート、結構いい文章だったと自己評価は良かったのだが、だめだったか。

わたし、大丈夫やろか
ちゃんと行きてけるのでしょうか
ひゅーい…
ひゅーい
こんな音を立てて、私の前で風が吹く

ひゅーい。



↑このページのトップへ