月別アーカイブ / 2013年11月


こんばんは♪


ママンです。



本日のお弁当はパパ弁です。


玄米ご飯と焼き鮭を中心に、渋かわなお弁当にまとめてみました。



毎日がお弁当日和♪


Today's Menu


・玄米ご飯(塩コンブと大根葉のトッピング)

・金時豆の甘煮

・根菜とひき肉の塩キンピラ

・焼き鮭

・玉子焼き

・ボイルウインナー

・ふろふき蒟蒻大根













金時豆、ふっくら炊けましたー。^^


初日は少々薄味ですが、常備するにつれて甘みが染みて美味しいです♪



「金時豆の甘煮」


毎日がお弁当日和♪


材料(鍋にたっぷり)


・金時豆(260g)

・砂糖(200g)

・蜂蜜(大さじ2)

・薄口醤油(小さじ1)


作り方


①金時豆はたっぷりの水に漬けて一晩置く。

翌日そのまま火にかけ、沸騰したら湯を捨てる。


②お豆が完全に浸る程度の水を加えて、火にかける。

弱火でふつふつと、豆が柔らかくなるまで煮込む。

(途中、水加減を見ながら、湯が足りなくなれば足しながら煮る。)


③豆を一粒食べてみて、皮が柔らかければ砂糖1/3量を加えて煮る。

残りの砂糖も数回に分けて加え、ふつふつと、30分ほど煮込む。

(豆の頭が煮汁から飛び出ないよう、柔らかい布を被せて煮込む。)


④蜂蜜、うすくち醤油を加えて5分ほど煮、火を止めてそのまま一晩寝かせれば

出来上がり♪



豆の皮が破れないよう、お豆は極力丁寧に扱いましょう。

激しく煮込むと皮が破れます。

弱火でコトコト、優しくじっくりと煮含めます。


翌日より翌々日、その翌日。。。とお味がまろやかに甘さを増してゆきます。

常備菜として2週間程度、冷蔵庫で清潔に保存して下さい。


豆パンを焼いても美味しいですし、おぜんざいにしても美味しいですよ。^^


参考までに♪






スーパーに売っているお弁当サイズの鮭、便利ですねー。


少々割高なのが玉にきずですが。。。


お弁当箱にぴたりと納まる快感!



癖になりそうです。。。(笑)



ではでは。


素敵な週末をお過ごし下さい。




毎日がお弁当日和♪


※お弁当ランキングに参加しております♪

1日1回↓のロゴマークをぽちっとクリックして頂けると

とっても励みになります よろしくお願い致します


  

 クリックプリ~ズ♪

   ↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ



。。。。。


もう、


我慢できない。


(我慢しなくてもよいのですが。。。)




毎日がお弁当日和♪



たっぷりどっさりおでんが食べたぁーーい。



ふつふつと。


土鍋にてんこ盛りの幸せ。。。。


いただきます。




※お弁当ランキングに参加しております♪

1日1回↓のロゴマークをぽちっとクリックして頂けると

とっても励みになります よろしくお願い致します


  

 クリックプリ~ズ♪

   ↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ



こんばんは♪


ママンです。



本日のお弁当はパパ弁です。


メインおかずは豚肉巻き牡蠣フライ。


パパスの大好物です。^^



毎日がお弁当日和♪



Today's Menu


・春菊と鰹節の混ぜご飯

・大根とにんじんの味噌そぼろ煮

・かにかま巻き玉子焼き

・肉巻き牡蠣フライ

・プチトマト












「肉巻き牡蠣フライ」


毎日がお弁当日和♪


材料(10個分)


・豚薄切り肉(10枚)

・牡蠣1袋(10個)

・塩コショウ(少々)

・衣材料(小麦粉、溶き卵、パン粉、各適量)


作り方


①牡蠣は水洗いしてキッチンペーパー等で水気をしっかりと拭き取る。


②塩コショウした豚肉を①に巻き付け、衣をまぶす。


③180℃の揚げ油でキツネ色になるまで揚げれば出来上がり。



普通の牡蠣フライよりも、我が家の男性陣にはこちらが好評です♪





「春菊と鰹節の混ぜご飯」


毎日がお弁当日和♪


材料(1人分)


・白ご飯(250g)

・春菊(1束)

・鰹節(5g)

・醤油(適量)

・白ごま(少々)


作り方


①春菊はさっと塩茹でして水気を絞り、みじん切りに。


②全ての材料を混ぜ合わせる。


春菊の混ぜご飯、とっても簡単で美味しいですよ♪



参考までに。






さぁ。


今週も張り切って参りましょう。


毎日がお弁当日和♪


※お弁当ランキングに参加しております♪

1日1回↓のロゴマークをぽちっとクリックして頂けると

とっても励みになります よろしくお願い致します


  

 クリックプリ~ズ♪

   ↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ


↑このページのトップへ