月別アーカイブ / 2012年06月



お弁当にお勧めのひき肉レシピです。

しっかりと下味をつけたハンバーグなので

ソース要らずです。



「お弁当に★しっかり味の味噌バーグ」


毎日がお弁当日和♪


材料(4個分)


・牛ひき肉or合びき肉(300g)

・玉ねぎみじん切り(1/2個分)

・溶き玉子(1/2個分)

・パン粉(1/2カップ)

・牛乳(大さじ5)

・塩コショウ(少々)

・ナツメグ(少々)

・味噌(大さじ1と1/2)
・マヨネーズ(大さじ1と1/2)

・みりん(小さじ1)


作り方


①全ての材料を粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせる。


②フライパンにサラダ油(分量外)を熱し、4等分した肉ダネを丸めて並べ

弱~中火で中までしっかり火を通す。(途中蓋をして蒸し焼きに。)


そのままでも美味しいしっかり味のハンバーグ。

お好みで、大葉やにんにくを加えても◎


とろけるチーズとの相性も抜群です。




スーパーに並んだ実山椒の美しい発色に惹かれて、


今年は山椒の佃煮を作りました。
 


何度か挑戦してみたんですが。


これが結構大変でした。


でも、作り置きがお家にあると何かと便利なので


作り方とポイントを明記しておきたいと思います。


参考程度に目を通して頂けると幸いです。




「実山椒の佃煮」


毎日がお弁当日和♪


材料(小瓶1/2程度)


・実山椒(葉や枝を取り除いて50g)

★酒、みりん(各1/4カップ)

★醤油(1/2カップ)

★水(1カップ)



作り方


①葉や枝を取り除き、山椒の実だけを選り分ける。

(実に付いている細~い小枝部分は付いていても大丈夫です)


深く考えるとここで挫折しそうになるので

テレビでも見ながらでものんびりと作業するのがポイントです。



毎日がお弁当日和♪


②選り分けた実は綺麗に洗い、たっぷりの湯で10分程度ぐつぐつと煮る。

茹であがったら水にさらし、こまめに水変えをして半日~1日かけて灰汁抜きする。


※ゆで時間の目安は指の腹で摘まんで、簡単に潰せるような硬さです。


※こまめに水変えをして、山椒のえぐみを抜きましょう。

何度か作って感じましたが、新しい実ほどえぐみが抜けるのが早いようです。


別のスーパーで購入した山椒は、皮が硬く、えぐみを抜くのに1日かかりました。


ここで言うえぐみと、山椒独特のピリっとした刺激は別物です。
 

水変えの際に1粒づつ食べてみて、舌の感覚で判断して下さいね。




毎日がお弁当日和♪



③山椒のえぐみが抜けたら水気を切り、小鍋に移して★と一緒にじっくりと煮込む。

弱火~中火程度。汁気がほとんどなくなる程度に煮込んで下さいね。


煮沸消毒した小瓶に移して、冷蔵庫で保存してください。2週間程度で使い切りましょう。




毎日がお弁当日和♪


豚肉や鶏肉と一緒に、シンプルな炒め物にしても美味しいです。


②の工程を丁寧に頑張ると、爽やかな刺激がお口に広がる


美味しい佃煮に仕上がります。



山椒好きな方で、一度は作ってみたいなとお考えの方は

のんびり時間のある時にでも挑戦してみて下さいね。




「あおさ海苔の玉子焼き」


毎日がお弁当日和♪


材料(4人分)


・玉子(2個)

・あおさ海苔(大さじ2)

・白ごま(少々)

・塩(少々)

・みりん(小さじ2)

・粉末だし(少々)

・サラダ油(適量)



作り方


①サラダ油以外の材料を混ぜ合わせる。


②玉子焼き用のフライパンにサラダ油を熱し、①を流し入れて玉子焼きを作る。


③あればまきすで形を整えれば出来上がり。
 

↑このページのトップへ