月別アーカイブ / 2012年03月



「びんちょう鮪と茄子の生姜焼き」



毎日がお弁当日和♪


材料(2~3人分)


・お好みのまぐろ(100g)

・茄子(1本)

●塩コショウ(少々)

●酒、醤油、ごま油(各小さじ1/2)

・片栗粉(適量)

・サラダ油(適量)
★おろし生姜(少々)

★みりん、醤油(各大さじ1と1/2)



作り方


①茄子は洗って乱切りにし、水にさらす。

まぐろは食べやすい大きさにカットし、●をまぶして下味を付ける。


②まぐろの水気を切って片栗粉をまぶし、サラダ油を熱したフライパンで表面に軽く焼き色を付ける。


③茄子を加えて(足りなければ油をプラス)炒め、しんなりしてきたら★を加えて絡める。



使用するまぐろはお好みで。

茄子だけで作っても美味しいです。


お弁当用ではなく晩御飯に作る場合は、マグロの焼き加減をレアにしても◎

完全に火を通すと、どうしても身が締って硬くなっちゃうので、

焼き過ぎ、火の通しすぎには注意して下さいね。



「牛蒡と水菜の塩きんぴら」


毎日がお弁当日和♪



材料(2人分)


・牛蒡(1/3本)

・水菜(1束)

・ごま油(大さじ1)

・鶏がらスープの素(小さじ1/2)

・ごま塩(少々)


作り方


①牛蒡は細切りにして水にさらし、灰汁抜きする。

水菜は3~4㎝にカットする。


②フライパンにごま油を熱し、牛蒡を炒める。


③牛蒡をお好みの硬さまで炒めたら、水菜と調味料を加えてさっと炒め合わせる。




野菜の繊維がたっぷり摂取できる、満腹中枢狙い撃ちの歯ごたえレシピ。

たっぷり作ってボリボリ頂きましょう。

肉派の皆さまはベーコンやウインナーをプラスしても◎





本日のお弁当はパパ弁です。


鶏むね肉にコチュジャン風味のピリ辛味噌ダレを絡めました。




毎日がお弁当日和♪


Today's Menu


・わかめふりかけご飯

・彩り野菜のナムル

・ウインナーと茄子の白出汁炒め

・鶏むね肉ピリ辛味噌炒め

・ラディッシュの甘酢漬け








「鶏むね肉のピリ辛味噌炒め」


毎日がお弁当日和♪


材料(3~4人分)


・鶏むね肉(1枚)

・塩コショウ(少々)

・酒(少々)

・片栗粉(少々)

・ごま油(大さじ1)

★おろしにんにく(1片分)

★合わせ味噌(大さじ1)

★砂糖(小さじ2)

★コチュジャン、醤油、みりん、酒(各小さじ1)



作り方


①鶏肉は食べやすい大きさの削ぎ切りにし、塩コショウ、酒をまぶしてしばらく置く。


②フライパンにごま油を熱し、片栗粉をまぶした①を炒める。


③中まで火が通ったら★を加えて炒め合わせる。



タンパクな鶏むね肉に、こってりピリ辛な味噌ダレが絡む絶品おかず。

お好みの野菜やキノコをプラスしても◎!

白いご飯に合わせても、お酒の肴としても重宝します。


あれば貝割れを添えて召し上がれ。




「ウインナーと茄子の白出汁炒め」


毎日がお弁当日和♪


材料(2人分)


・茄子(1本)

・ウインナー(3本)

・サラダ油(大さじ1)

★塩コショウ(少々)

★白だし(大さじ1)

★白ごま(少々)

★醤油(少々)


作り方


①茄子は細切りにして水にさらす。ウインナーも細切りに。


②フライパンにサラダ油を熱し、ウインナーと水気を切った茄子を炒める。


③茄子がしんなりしたら★を加えて炒め合わせる。



さっぱりとした和風の炒め物です。

皮つきのウインナーを細切りにして炒めると、くるんと丸まって可愛らしいです。

お弁当のワンポイントにお勧めの副菜です。





毎日がお弁当日和♪



カラフルなお弁当に仕上がりました。



細切りにした副菜を2品詰めて、


いつもより繊細な印象に仕上げてみました。



ウインナーのくるん!がポイントです。





毎日がお弁当日和♪


※お弁当ランキングに参加しております♪

1日1回↓のロゴマークをぽちっとクリックして頂けると

とっても励みになります よろしくお願い致します


  

 クリックプリ~ズ♪

   ↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ



↑このページのトップへ