おはようございます。

あ~るママです。

今日はアイシングクッキーの作り方です♪

やっとこさ、編集作業が終了しました!!(TДT)

(大変だったーー。涙)

撮影してる間にアイシングがものすごいスピードで乾いてゆくので

工程写真の撮影に四苦八苦しました。(;´∀`)

といっても私はお菓子作りはそれほど得意ではないのですが、

以前レシピブログさんの方に嬉しいコメントを書き込んで下さった方がいらっしゃって。

(ありがとうございます)

私のようなちょっと不器用な人間の作るお菓子でも参考にして下さる方がいらっしゃるのであれば、

レシピや作り方もアップしてみようかなと考えた次第です。

よろしければ参考までに。

バレンタインまでに色々アップできたらいいなと思っています。(*´ω`)


「ハッピーバレンタイン♡アイシングクッキー」

kA838FWJ80.jpg-S420web.jpg
バレンタイン風に、赤と白を基調にまとめてみました。

難しいことは何にもしていないです。

そこまでの技術も持ち合わせておりません。ごめんなさいです。(;´∀`)

でもね、楽しいの!これが。(笑)

一度ご一緒に作ってみませんか~?( *´艸`)

はまる人はどっぷりはまっちゃうと思います♡


クッキーの作り方↓↓↓は先日アップした通りです。



まずはアイシングの材料や道具などをご紹介させて頂きたいと思います。

FRxhP1NyNA.jpg-S540web.jpg
時計回りに。筆、竹串、絞り袋と口金(取り換えキャップ付き)、メレンゲパウダー

小さいボウルと小さいホイッパー、ウィルトンアイシングカラー、粉糖、アイシングシュガーパウダー。

↑アイシング用に買いそろえた5本セットの筆ですが、まだ一度も使ったことはございません。(;´∀`)

アイシングクッキー初心者なのでいつか使いこなせたらいいなと思っています。

(遠い目。笑)

なんせ形から入るタイプの人間なので、本当はもっともっと買いそろえたいアイテムがいっぱいなのですが、

アイシングやシュガークラフトの道具って集め始めるときりがないんですよね。

買っても買ってもおいつかない!(((( ;゚д゚)))

(※そして使いこなせない。笑)


で、個人的見解で厳選したアイシング初心者ご用達アイテムがこちらです♪↓

lqD0FFbhZu.jpg-S540web.jpg
アイシング用ウィルトンクッキーツール(ニードル)、アイシング用コルネ(口の狭い瓶)

小さいボウルとミニサイズのヘラ、ミニサイズミルクピッチャーとミニスプーン、

ウィルトンフードカラー(パステルジェルカラーセット)。

↑パステルは発色が優しいので扱いやすいような気がします。

dnA01yJXzU.jpg-S540web.jpg
そしてこちら。

水で溶くだけ竹田製菓アイシング用シュガーパウダー!(1キロ975円!)

気付いた時には2キロ分、ぽちぽちっとしちゃってました。(;´∀`)

ロイヤルアイシング派の方々にしたら邪道(?)の商品なのかもしれませんが

これだけあれば本当にいっぱい練習できるんですよ~;;お値段もリーズナブル!

初心者には心強いアイテムだと思っています。

aOm0oyGgUB.jpg-S540web.jpg
似たような商品で、ピンク色の方はシュガークラフト用の商品になります。

こちらも水を混ぜるだけで様々なシュガークラフトを楽しめるお手軽な商品です。

qYuLvv6tr7.jpg-S540web.jpg
アイシングクッキーに飾る砂糖菓子を作ってみたい。

ハートとかリボンとか、ちっちゃいのがクッキーに乗ってるとかわいいよねーーー(*´ω`)♡

とかなんとか思いながらツールも購入してみましたが。。

Iw6cTrNhuv.jpg-S540web.jpg
うん。

私あんまりむいてないみたい。(;´∀`)

ムキーーーーッ!ってなっちゃって。(笑)

これは今後の課題ですね。

(もうすでに「型買えば早いやん。」って思ってしまっている私がここに居ます。)


N2sFB8YyKB.jpg-S540web.jpg
アイシング用のコルネ。

↑手元にOPPシートがなかったので、ラッピング用の包装用シートをカットしてコルネを作りました。

1hTf9CUpZ6.jpg-S540web.jpg
コルネはスイーツ用のロールペーパーでも作ることができます。(オーブンペーパーでも)

eS0ej9yxPp.jpg-S540web.jpg
本当は三角にカットしないといけないのかな?

私は↑こんな感じで、下中央部分を起点にしてくるっと巻き付けています。

vkDpXKd_dL.jpg-S540web.jpg
スイーツ用のロールペーパーやOPPシートだと、セロハンテープがぴたっと張り付いてくれるので

液漏れの心配なく使用できて安心です。

どちらにもお世話になっていますが、やっぱりOPPシートの方が中身が見えるし丈夫なので

製菓材料店でそのうちまとめて購入しようと思っています。^^

vcFSs6sR9v.jpg-S540web.jpg
アイシングシュガーにお水を少量混ぜてよく練り混ぜます。

お水はミニサイズのスプーンで数滴ずつ加えて下さいね!

どばっと入れるとどんどんアイシングシュガーを足さないといけなくなるので

必ず少~しずつ慎重に加えてしっかりと混ぜ溶かしてください。

BYapEQ6WXS.jpg-S540web.jpg
グラスや瓶などにコルネをたて、硬めのアイシングを流し込みます。

アイシングシュガーのダマが残っているとコルネの詰まりの原因になるので注意が必要です。

くれぐれもお砂糖の塊が残らないように滑らかになるまで練ってください。

KfErvbulWo.jpg-S540web.jpg
口を閉じてセロハンテープでしっかりと密封します。

t8XOccTIB5.jpg-S540web.jpg
↑はOPPシートで作ったコルネです。

硬めのアイシングとゆるめのアイシングを2つ用意しておきます。

どちらかのコルネに印をつけておくと作業中も間違えずに使用することができます。

Nx5TW9OOYW.jpg-S540web.jpg
硬めのアイシングで外周を絞り、緩めのアイシングで中を塗りつぶします。

まだニードルを購入する前↑

ニードル代わりに竹串を使用していました。

はみ出たラインを整えたり、塗り広げたアイシングをつついて気泡を潰したりするのに重宝します。

s_u4eslxl6.jpg-S540web.jpg
綺麗に塗り広げます。

ZTzqwm4dqc.jpg-S540web.jpg
ウィルトンのクリスマスレッドで赤を作り、同様にしてクッキーに塗ります。

oF3tozyBXH.jpg-S540web.jpg
絞れる程度の硬さでピンクのアイシングを作り、しぼり袋に入れてクリーム絞りをしました。

色はウィルトンのローズピンクです。

オーブンペーパーに絞り出し、しっかりと乾かしてからトッピングに使用しています。

つなぎはアイシングで接着しています。

zFKka8VPJW.jpg-S540web.jpg
口金にもいろんな種類があって、お花絞り用の口金もあるのですが

初心者にはハードルが高そうなので普通にクリーム絞りを楽しみました。( *´艸`)

(絞るだけ~。笑)

TOAwox0Fd1.jpg-S540web.jpg
しぼり袋はダイソーで購入した250mlの絞り袋を使用。

PL9V8RbaAD.jpg-S540web.jpg
取り換えキャップをつけておけば、途中で口金を取り替えたい時に便利のようです。

とりあえず使ってはみたけれど、私はクリーム絞りだけで満足してしまいました。(笑)

FebxrQsnFB.jpg-S420web.jpg
たくさん作るとそれなりに見えるからお勧めです。(*´ω`)

一緒にドーナッツを作ったら可愛いんじゃない?と思ったんだけど

下地をもっと茶色とかで盛ってこんもりさせた方が可愛かったかも~。

これはまた今度挑戦してみようと思います。

(この時はそんな余裕は御座いませんでした。汗)


文字はウィルトンの茶色を混ぜたアイシングをコルネに入れて細~くカットし

最初は恐る恐る絞り出しました。

ここで失敗すると今までの労力が~~(泣笑)

色はウィルトンのブラウンとブラックを混ぜ合わせて濃い目の茶色を作りました。

i3eH012bXR.jpg-S540web.jpg
アイシングの状態がたまたま良かったせいか、何とかましな文字を書くことができました。

(↑私にしてはこれで綺麗に書けた方なんです。笑)

アイシングがゆるいとぼやーーんと広がってoやeが塗りつぶされたり、

かといって硬すぎるとカクカクしすぎたりして絞りにくいったら。^^;

もうちょっと練習して、カッコいい文字がさらさらっと書けるようになりたいなと思います。


よろしければ参考までに。

バレンタインの友チョコ代わりに♡

キュートなバレンタインアイシングに挑戦してみて下さいねー。^^

私もまた色々作ってみたいと思います

習いに行こうかしら?と思うぐらいにはまっています。(笑)

cIYASrpfJ1.jpg-S540web.jpg


レシピブログに参加しています。
応援よろしくお願い致します♪