おはようございます。

あ~るママです。

今日は冷やし中華と焼きおにぎりのお弁当です。

黄色いすいかとメロンを添えました。

gNy64D58_a.jpg-S420web.jpg
Today's Menu

・冷やし中華(きゅうり、ハム、かにかま、錦糸卵、スナップエンドウ)
・アメリカンチェリー
・キムチーズ焼きおにぎり
・黄すいか、メロン






rPRXffehuU.jpg-S420web.jpg
今日はごまだれの冷やし中華です。

辛子とゴマダレが合いますねー♡

中華麺を湯掻いて冷水でしめ、刻んだ具材をたっぷりと盛り付けました。

ゴマダレは冷凍保存して保冷材代わりにお弁当箱に添えました。

H6hL2_kQi5.jpg-S540web.jpg
おかずなしでも美味しく食べれるように、キムチとスライスチーズを混ぜたご飯で

焼きおにぎりを作りました。

おにぎりはフライパンにごま油を熱して両面を焼き、最後に海苔を巻きました。

食べ応え満点の炭水化物弁当となりました。^^


月曜日です。

今週もゆるゆる参りましょう~♪

IQ8U_8DEqC.jpg-S540web.jpg

~抗がん剤治療経過報告~

心臓のエコーがパスすればハーセプチンが再開される予定だったのですが
数か月たっても心臓の数値が回復しないため、
予定していたハーセプチン治療は全て中止となりました。
。。。
びっくりしました。^^;

抗がん剤やハーセプチン治療を経て心臓の機能が低下したのだろうと予測されていたので
たまにエコーで数値を図りながら半年近く様子を見ていたのですが、
数値は一向に回復することなく、現在に至ります。
厳密にいうと、以前はギリギリ50程度あった数値がまたまた下がってしまい、
これは薬の影響ではないのでは?という見解に至ったという次第です。
何せ前回の治療からかなりの時間がたっているので、
いまだにこれが心毒性(薬の影響)というのはさすがにおかしいのでは?というのが先生の見解です。

抗がん剤前に、
まだ若いから(40)という理由で心臓の数値を図ることなく治療がはじまったので
治療前の正確な数値が解らないことから、判明するまでに時間がかかってしまいました。

私は子供の頃に小児癌だったので、抗がん剤治療はこれで2度目になります。
1度目は抗がん剤と放射線治療を受け、2度目に抗がん剤治療とハーセプチンを受けたので
その分心臓への負担が大きかったのだと思われます。

心臓の機能は一度弱ってしまうとこうすれば元に戻るという治療法などはないので
今ある数値を大切にしなければならず、
ハーセプチン治療の中止という判断が下されたという訳です。

こうやって書いてまとめてみるとそうなのね、で終わる話だと思うのですが。。。
今後の治療のことを考えると精神的に少し、動揺しました。^^;
次はないという事実を嫌でも思い知らされちゃいますよね。

抗がん剤の治療は(癌治療だけじゃないかもしれないけれど)
個人差はあるけれど何というか、
じわじわと真綿で締め付けられるような怖さが常につきまといますよね。
最終的には治療法なんてなくなるんだなと意識するととても怖いです。

でも悪いほうに考えても仕方がないので前向きにと思います。
思いますがたまには落ち込んでも、
。。。
いやむしろたまにぐらい落ち込んでもよくない?という
逆ギレに近い心境に陥ったりもします。
(自分に正直に生きてます。笑)

今後の治療はホルモン療法と、ゆくゆくは卵巣のう腫の手術を予定しています。
そろそろ再建も考えなければならないのかな~とは思いますが
よくよく考えてみれば日常生活に何の支障もないため
(海にもプールにも温泉にも銭湯にも行かず、セクシーなお洋服も着用せず。笑)
もう当分はこのままでいいかな~と考えています。
検査の支障になりそうだしね。

上手にガス抜きしつつ、マイペースに頑張ろうと思います。^^
ではまた。





レシピブログに参加しています。
応援よろしくお願い致します♪