わたしがまだ子供だった頃。


かなしいときや、落ち込んだときには


ママンのママンはいつもなにかしらの手料理を作ってくれました。





それはとっても簡単な料理で、


あり合わせの果物で作ったミックスジュースだったり


切っただけの果物であったり、


あたたかいお湯割りのはちみつに、たっぷりのレモンを絞ったものや


甘い甘いホットミルクだったり。。






悲しいきもちが、いつしか優しいきもちに変わるとき。


わたしの側にあるのは簡単で素朴な、愛のこもった手料理でした。


人はそれを手料理とは呼ばないかもしれないけれど。。。






すっかり大人になった(はずの)今でも


かなしいときや落ち込んだときには


わたしには必然的に、お茶の時間が欠かせないのです。








やさしい気持ちになりたいから





わたしはお菓子を作ります。





簡単に





手間をかけずに






愛を込めて。






毎日がお弁当日和♪-スイーツ




わたしを癒してくれるのは




ミルクたっぷりのコーヒーと




誰にでも簡単に作れる手作りのスイーツ。











きもちが満ちる。










かなしい気持ちはおいしい気持ちに転換され




体がリセットされてゆく。







この感覚を


上手く人に伝えられたためしがない。







流れ出る涙のかわりに


満ちるもの。






それを愛と呼ぶのか、優しさと呼ぶのか。。




言葉に置き換えることは、まったくもって難しい。









それは最強のナチュラルヒーリング。








バターの焼ける香り。





食器の触れ合う音。






手に馴染むほっとする温度のコーヒーカップ。






そにいる子供たちや


パパや父や母のかお。






おいしいね。






おいしいね。







おいしいね。








毎日がお弁当日和♪-スイーツ






        「やさしい気持ちが



       あなたにも伝わりますように。。。」




       

 

             ** 愛を込めて **







※お弁当ランキングに参加しております♪

1日1回↓のロゴマークをぽちっとクリックして頂けると

とっても励みになります よろしくお願い致します


  

 クリックプリ~ズ♪

   ↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ