折り合いをつけて生きてきた君は
いつも1人だった
苦しくて助けて欲しい時も
自ら1人でいる事を選んだ

先の無い天井と戻れない床との距離
右手も左手も上がらない距離

まだ次の色は教えていない
君は僕の好きな色を置く
RgIehLyxOs.jpg
僕の全てを知っているかのように

君が笑うと
泣きそうになってしまうんだ

目を合わせない君

もうすぐ4回目の春がくる
q2aQj6_y1j.jpg














☺︎

☺︎バレンタインにチョコレート🍫を買ってきて欲しいと依頼したところ
快く買ってきてくれた長女
欲しかったのは
新宿伊勢丹の限定チョコレート🍫だったんですがね😊笑
A6ETaSCbpa.jpg
このアイシャドーパレット、チョコレートの香りがするんです


残念ながら💦チョコレートではなかったけどね🤗
写真撮ってる時も甘く切ない香りで心が軽くなった気がしましたよ





とある日の会話を耳に‥
『東京に行ってきたらこっちに帰ってきて欲しくないよね』
何気ない一言に嫌悪感を覚える
仕事で働いている人の身になって考えて欲しいなって少し思いました

大切な誰かの支えになっていることも
忘れないで欲しい

そんな最近の出来事