俺はゆっくり
歩いてゆこう
まわりはみんな、
追いつけない程に、
死ぬ程、
急ぎ足だけれど…

背徳と静寂の中
静まり変える深夜の暗闇の中
ふと、恐怖と不安が、襲いかかる
先が見えぬ明日への孤独
いったいこれから、
俺は何処に向かってゆくのか
何処に向かってゆけばいいのか
答えを見つけられぬまま、
そして、時は止まることを知らず
そして、時は、止まることをしらず…

何か、いい事ないかな〜って、
言ってる内は、 
いい事は、
ない…とほほ…
今、生きられている事が、既に、
いい事だとは、
解ってはいるものの…

↑このページのトップへ