U5n9_zbZkr.JPG
おーす!



お天気は良かったけど



風が強くて寒かったー



もー本格的に覚悟しなきゃダメだね。



だって街にはクリスマスもまだだってゆーのに



「初春」の文字あったよ。



おせちの予約?とかもあったしね。



さてさて基本俺だってお腹は空きます。



でもお腹が空いて力が入らない



って事はないんだけど、それでもある程度なら



お腹が空いてるのには慣れっこなんだけど



それでも自分の限界に近くだけ近づいた時の



ご飯はそれはそれはとても美味しく感じるもので。



みんなもそうでしょ?



あー幸せーって俺もなるのよ。



でも限界ギリギリまで行ってからのご飯は



最初の一口が最高をむかえちゃって



それ以降そこまでワクワクしないんだけど。




逆にねあーそろそろ飯でも食おうかなーって



そこまで欲が無い時の方が



あれもこれも食べられる気がするんだけど



これって俺だけかな?



もしかしたら最初の一口の美味いで


全ての欲が満たされちゃってんのかな?




だから、先生もご褒美丼とか作ってたじゃない?




LIVE後の楽しみだってやつ。



あれが出来ないんだよ。



あれが食べたいが為に我慢して我慢してー



よし食べられるぞ!ってなっても一瞬で満たされるの。



そんな自分を冷静に見ると



なんてエコな心体なんだってなるけどね



もっと、もーっと冷静に考ると



なんて寂しい感覚なんだと嘆いちゃう。



あっ嘆きはしないんだけど



夕飯前の買い食いって美味いでしょ?



唐揚げとかコロッケ一個とか



おやつの時間が3時だったとしたら



帰宅中の最高の小腹タイムは5〜6時だと俺は思ってる!




それが最高で最後になっちゃうだよなー



チーンって。



こんな感覚持ってる人いる?



待ちに待った食事の箸が2回で止まる人




いる?



ちょうど今夕飯時、みんなはムシャムシャと



笑顔で食べているかい?



あっそうだ


ARSMAGNA Special Live 2020 ~Construct Mythology~」


物販情報もでたよー!



みんな良いけど俺のラバストもなかなかのもんよ。