さて、今週末は東京大阪でいつもより少しユニークな講演会があります。

9/12(土)@東京は、会場の東京造形大学の先生でもあるデザイナー・カイシトモヤさんとの対談形式で、「伝える」という事がテーマの講演。入場無料ですが先着順なので、お早めにお並び下さい。そして翌日、9/13(日)@大阪(難波アートヤード)は中村佑介のイラスト教室と題しまして、Twitterから飛び出したリアルイラスト講座。作品講評につきましては、もう応募は締め切っておりますが、講演会や観覧のみならご自由にご参加頂けますので、まずは2日間の詳細を。

■9/12@東京
会場:東京造形大学 4号館A教室
日時:2015年9月12日(土)14:30~16:00(13:30~入場可)
入場料:無料(※先着順)
お問い合わせ:info@room-composite.com
名称未設定 4

9/13@大阪
中村佑介のイラスト教室
nyartyard1
会場:難波・アートヤード
日時:2015年9月13日(日)
講演会13時~/合評会前半15時半~/合評会後半18時~
入場料:無料(※応募制)
お問い合わせ:studio@artyard.jp


それ以降の講演会スケジュールはコチラからご確認下さい。


それでは話の続きを。

9/13の中村佑介のイラスト教室は、いつもの大学や専門学校での講演会は、学生以外で参加するのはなかなか難しいので、美大生・専門学生以外の方の為の一般開放教室として、アートヤード協力の元、実現しました。

前述した通り、作品合評につきましては事前応募して下さった方の中から、時間内で講評できる計30名を選考しすでに通知をご連絡させて頂いております。ただしこれは作品の優劣を決めるコンテストではなく、選出外の方も「すでに当教室で教える技術を超えている」「まだまだご自身で出来る伸び白を持っている」と判断しただけですので、その意図が不透明や不公平にならぬよう、選出外者へのコメントと作品を以下に公表しておきます。一人でも多くのこれからの制作活動や、今後、募集をかける際の参考にして頂ければ幸いです。


<選外者43名の作品と講評>
作品は提出順、作家名はイニシャルとしております。
掲載に不都合がある作者は kazekissa@gmail.com までご連絡下さい。速やかに修正致します。
 

11891225_840953579345664_825938573397282197_n
TNさん
描写力はプロのレベルに達しておりますので、学生主体の初歩的な今回の教室では、選出外とさせて頂きました。Nさんの場合は、きちんとターゲット(発表媒体/客層)を絞り、中高年男性向けの書籍や雑誌の挿絵家を目指すと道は開けてくると思います。例えばゴルフや車の雑誌、株や自己啓発本など、いくつかそういった書籍や雑誌を購入・研究し、ネット上ではなく、実際出版社などに持ち込みに行ってみて下さい。

11890911_840957689345253_8626805313096867562_n
KNさん
描写力はプロ手前のレベルまで達しておりますので、学生主体の初歩的な今回の教室では、選出外とさせて頂きました。Nさんの場合は、背景を模様やテクスチャー、デザインなどで埋めて、何となく寂しさを緩和させるようなクセがついていると思われます。それは白飯は炊いたけど、おかずはすべて冷凍食品という子供のお弁当に似ています。一度、ご自宅の目の前の何でもない風景を、何時間もかけて丹念にスケッチし、「背景は描けるんだ!」という自信をお持ち下さい。これだけ描写力があるのですから、出来るはずです。どの分野の仕事でも、「好き」以外の面倒くさい事を乗り越えたものしか、お金にはなりにくいものです。 

11072940_840943379346684_8259225004025079769_o
KOさん
看護職への就職活動中ということですので、今はそちらに専念するべきだと思い、今のタイミングでは選出外とさせて頂きました。良い点は、「何かを伝えたそう」という絵のメッセージ性。ただし今のままではあくまで「~そう」であって、具体的に何を伝えたいかがわかりませんので、例えば「自分の考える素敵な看護」や「趣味と仕事」など、もう少しシンプルでなメッセージで絵を描いて見ると良いと思います。また、絵の技術よりも、「デジタル彩色で手を抜いているなぁ」という印象を受けましたので、今のままでは「友だちの絵の上手い子」止まりで、お仕事にはなりません。その2点を意識し、続けてみて下さい。

11856272_840981169342905_4624020790959130985_o

11895189_840981339342888_6449085865869646036_o

MTさん
長く描いてきただけあって、技術はあると思います。ただし、イラストやデザインとは「依頼主のメッセージをより良い形で他者へ伝達する為のもの」という、いわば翻訳家のような仕事です。その点において、Tさんの絵からは「他者を楽しませたい」よりも「もっと深く自分を知って欲しい」という【他者<自分】の心の割合を感じ、今のまま、数回の授業でお仕事に結びつかせるのは難しいと考え、選出外とさせて頂きました。仕事とは人の役に立つことでお金が発生するシステムなので、その点を意識し、今後描き続ければ、何とかなるかもしれません。これだけ続けてきて、上手になれたのですから、あなたなら出来ると思います。がんばって下さい。 

11891234_840981929342829_8521208872781217054_n

11870735_840981976009491_2820940565662863706_n
TYさん
どちらかというと、イラストレーションというより美術作品のような印象を受けましたので、選出外とさせて頂きました。よってYさんの場合は、メディアではなく、展覧会などをするのが良いと思います。どちらにせよ今は、人物が漫画キャラクターになりすぎていて(特に髪型、目など)、他の世界観から浮いてしまっておりますので、一切描かないようにするか、描くならこれまでの影響を一旦忘れ、人物スケッチなどをし、一から勉強して下さい。もっと絵に一体感が産まれ、素晴らしい作品になると思います。

11885328_840983149342707_3235569416069766581_n
AMさん
イラストレーターというよりキャラクターデザイナーを目指された方が良いと思い、選出外とさせて頂きました。ただしその上でも、絵には出来るだけ世代感を持ち込まない方が良いでしょう。例えばキャラクターの目。2000年以降の2ちゃんねるの顔文字のような白抜きの目は、それ以上の世代には単に白目を向いているネガティブな印象しか与えません。そしてそんなローカル記号の多様が、同世代の中でも「一目見てもわからない」没個性と繋がっております。Mさんの絵は青の使い方がとても綺麗なので、もう少し自信を持って、色の方面から攻めて、キャラクターをもっと普通にしていっても良いと思います。一度、サンリオのカタログ画集(書店で売っています)を見て、幅広い世代に受け入れられるキャラクターというものを勉強してみて下さい。

11882277_840986662675689_8430544940797069917_o
EUさん
もう十分にお上手だと思いますので、今回は選出外とさせて頂きました。どのモチーフも非常によく描けていると思います。ただしやはり漫画に慣れているだけあって、色の印象が弱いので、一度パソコンなどでご自分のイラストの彩度を0になくし、モノトーン化してご覧下さい。「どの部分にどのくらいの濃さの色を使うと絵が見やすくなるか?」というコツが見えてくると思います。Uさんの場合は、安田弘之さんのような緩い曲線の魅力もありますが、特にイラストレーションの場合には、まっすぐな部分は、きちんと定規を使って描いた方が良いでしょう。

11903710_841002756007413_8683860268957167682_n
TKさん
ここまで絵が固まっているなら、あとはご自分で考えるべきだと感じましたので、今回は選出外とさせて頂きました。その上で、少しアドバイスをさせて頂けるなら、今はモチーフそのままの色で塗っているので、例えば風景を描いたものは、おのずと空の水色ばかりの絵が集まってしまっていると思います。そこで一度、線画をコピーして、同じ絵の空の色を例えばピンク・黄色・紫など変えて塗ってみて下さい。3色分くらい並べると、色によってイメージがずいぶん変わることが、おわかり頂けると思います。絵の良いところは、空が赤でも青でも黄色でも緑でも、白でも黒でも、良いところです。

11880367_841005639340458_6126634302660488285_n

11061182_841005546007134_5992645524064210447_n
KTさん
非常にユニークな作品だと感じましたが、当教室はあくまでイラストレーターになりたい方にイラストを教える場なので、まずはご自身の夢である漫画のプロデビューを目指し、ペン入れした原稿をきちんと完成させましょう。そして20本以上溜まり、賞に入るようになってから、また教室の門をたたいてみて下さい。応援しております。

11047935_841149032659452_8488998597834692858_o

11219056_841149119326110_2831748672129349324_n
KUさん
技術的にもうプロの一歩手前に達しており、あとは方向性だけだと感じたので、今回の教室では選出外とさせて頂きました。Uさんの作品からは日本人離れした独自のものを感じるのですが、それが「この人はこんなのが好きなのだろうなぁ」という個人の好みなので、非常に偏っているという弱点が共存しています。イラストレーションとは、千差万別の好みが違う人に好きになってもらうものなので、一般的なモチーフや世界観を描いてみることをおススメします。まずは「日本人」から描かれても良いかもしれません。もしくは、この「外国風」をもっと鍛え上げ、サーフボードやスケートボードなどの絵を描く人という道もあると思います。どちらに振るかはUさん次第です。技術は十分にあるとお見受けしますので、あとは進みたい方向を考えてみて下さい。

11884698_842256772548678_8916065312973561405_o

11722457_842256812548674_3176260802233027078_o

11873495_842256839215338_6652498577873249363_n
TNさん
非常に綺麗で可愛らしい絵ですが、時々イラストのお仕事もされているとの事から、今回はまだそのきっかけも掴めていない方達の席の確保を優先させ、選出外とさせて頂きました。ファッション寄りのイラストは、作者の年齢や趣味と、世間の流行のタイミングの交差点が非常に短く狭いので、よほどのことがないと長く続けてゆくのは難しいと思います。それは「3年前に流行っていた服が、今年はもうダサくて着れない」と同じです。あなたの良い部分は「色」です。ウットリするくらいほんとうに色使いが綺麗。そして色は10年周期でサイクルしているだけで、実は流行がない部分です。だから自信を持って、色はそのままに、逆におしゃれじゃない人、動物、花、モノなどの絵を、もっとたくさん描いて見ると、面白いコントラストも出ると思いますよ。「おばあちゃんと田舎」とか「サラリーマンと都会の駅」とか、あなたの色で見てみたい。たくさん溜まったら、また見せて下さい。

11903911_845471335560555_6061997595310001632_n
SKさん
まず、構図がとても良いと思います。そして択ぶモチーフに独自性を感じました。その分、他の作品を見て見ないことにはこの1枚だけでは判断がつきませんでしたので、今回は選出外とさせて頂きました。もし次の機会がありましたら、もっとたくさん作品を送って下さい。それまでに出来るだけ興味のない女性ファッション誌を定期購読して、生活の中から色も勉強してみて下さい。

11960063_845469532227402_8484055791730945318_n

11138675_845469618894060_4263113740132263394_n
SNさん
ファンアートや2次創作は、商業イラストレーションとは少し異なりますので、今回は選出外とさせて頂きました。その上で、いまはキャラクターのみで絵を描こうとしすぎているので、色と背景(シーン)を意識して、どんどん作品を描いてみて下さい。例えば宝塚歌劇が、何もないただの白い舞台でやっていても、役者や衣装が浮いて魅力が半減するように、イラストにとってはキャラクター以外の要素が、実はとても重要なのです。ここまで上手いので、きっと描けないことはありません。あとはその部分を意識するか、しないかだけだと感じました。

11894549_845177865589902_3394293428169278808_o
11930865_845177895589899_3746419555748912932_o
MTさん
とても良いと思います。今回のイラスト教室で教える予定のことは全てクリア出来ていると感じましたので、今回は選出外とさせて頂きました。ただしプロのレベルにもう一段上がるには、詰めの甘さ(例:ポスターや月の線の歪み)、描き慣れてなさ(動物や植物のフォルム等)、色の知識やまとめ方(いくら涼しさを演出したくとも笑顔の少年の肌に寒色を塗るのはゾンビ以外はダメです)をクリアしなければいけませんので、そこを意識して、今後とも地道に描き続けていって下さい。そして、それを身体に憶えさせるのは、早くとも3年くらいはかかってしまうので、焦らずにひとまずは現在されているという就職活動とは別に考え、就職後にタイミングを見て、独立するのがベストだと思われます。十分に可能性を感じますので、がんばってください。

11891874_846055405502148_5657618790730147783_o

11039284_846055388835483_5913103995299080294_o
HTさん
Tさんは一度Twitterでも講義をしましたので、今回は別の方の為にも選出外とさせて頂きました。その上で、Tさんのあたたかみのある可愛さや柔らかさを表現したいだろう絵柄の場合は、デジタル彩色は、本人の「画材を出すのが面倒くさい」を解消しているだけで、観る人にとっては「手抜き」や「冷たさ」に感じてしまい、デメリットの方が多いと感じます。描いているもの自体には問題は感じませんので、まったく同じ絵を時間をかけ丁寧に、絵の具と色鉛筆で描き直してみて下さい。そして2枚を並べて、どういう効果の違いが現れたかを確認すると、今後の道が開けるでしょう。

11947845_846381768802845_2452774610348022111_o

11935221_846381812136174_7769683737049003801_o

11882297_846381725469516_2826591908756167007_o
IKさん
「わかりやすく」というイラストレーションの本質が、すでにもうわかっておられるので、今回のイラスト教室で教えることは少ないと思い、選出外にさせて頂きました。その気持ちはずっと持ち続けて下さい。ただし、今のままでは機能性はあっても、少し装飾性の足りない、いわば銀色の素っ気ない鍋のような印象があります。具体的には、サンリオのようなベタ塗りではなく、このような陰影(濃淡)をつける色鉛筆画の場合は、キャラクターの目を点●にしてしまうと、死体や人形のような恐い印象が出てしまうので、目を正すか、色の塗り方をベタ塗りにしてみるかの選択をしましょう。あとはファッション誌などを買って、色の勉強もしてみて下さい。

11953352_846659342108421_3633028494164716067_o

11988724_846659255441763_837747728970534875_n
RMさん
すでにもうプロの一歩手前に達しているので、今回の初歩的なことを教える予定のイラスト教室においては選出外とさせて頂きました。ですので、まずはコミック系イラストコンテスト(季刊エス、スモールエス等)に応募し、自信をつけて下さい。自信がついたら、自然と色も明るくなってくるでしょう。色調の暗い絵も使いどころはもちろんあるのですが、コメディもシリアスも両方できる役者が重宝されるように、プロのイラストレーターになるには明・暗、どちらにも対応できないといけません。今後のご活躍を楽しみにしております。
11890389_846929022081453_6182634941951072622_o
YNさん
絵の技術度の進行状況と、現在の状況から、今回は選出外とさせて頂きました。就職が決まっているとのことですので、まずは就職先のお仕事のことを第一にお考え下さい。この教室は定期的にずっと続ける予定ですので、お仕事に慣れた頃、またもっと上手くなった絵で応募してみて下さい。今回の作品にひとつアドバイスがあるとすれば、ケーキの生クリームはもっと美味しそうに描きたいです。白と黒とはもっとも離れたコントラストの強い色で、「柔らかな美味しさ」を表現するには向いていません。そんな時は線は薄い暖色を使ってみて下さい。コピックのミリペンも、今や黒以外のたくさんの色が出ておりますので。

11949382_846929292081426_3250981864114167738_n

11951216_846929328748089_8840093490228854235_n
TNさん
気にかかったのは、難しい言葉がたくさん使われた参加目的コメントからも、作品制作の上で思考が先に働き過ぎていて、それが自分の絵を過信させてしまっているのではないか、という点です。たくさん言葉を知ると頭がよくなったように錯覚してしまいますが、頭の良さとは、「生活や社会にその語彙を整理しどう活かせるか」という部分です。今は練習の時期ですので、どちらにせよ「作品」ではないのですから、「言葉」や「思考」ではなく、とにかく、手を抜かず、たくさんじっくりと「絵」と向き合ってあげて下さい。とくに面倒くさがっている背景など。ユニークな素質は感じますので、思考や立ち位置ではなく、その地道な練習こそがプロへの近道です。がんばって下さい。

11954553_846929665414722_8686123025604447217_n

11947689_846929958748026_8875025107499282182_n
CKさん
まだ年齢がお若いので、わからない点もたくさんあると思いますが、参加目的が「絵がうまくなりたいから」という短文のみでしたので、今回は選出外とさせて頂きました。お住まいの近くに大阪芸大があることから、近鉄沿線にいくつか絵画教室があると思いますので、純粋に絵がうまくなりたい場合は、まずは絵画教室に通ってみて下さい。その上で「イラストレーターの仕事に興味がある」という参加目的が出てきた場合は、その旨をきちんと書き、またぜひご応募ください。
11951590_846935425414146_1981632178079498062_o

11885741_846935535414135_3913183483088021261_o
YHさん
作品の傾向と、作家(アーティスト)志望という理由から、今回は「イラスト」教室なので、選出外とさせて頂きました。「2013年から作家活動をしているのですが、なかなか芽が出ない」ということですが、今はまだ2015年。2年しか経っていないではありませんか。僕もフリーランスのイラストレーターになって5年くらいは食べれない時代でしたよ。絵を描く仲間や詳しい人ではなく、「目の前のお客さんを楽しませられているか」「きちんと伝えられているか」を展覧会などでじっくり見つめて下さい。焦らずに。

11921903_846636728777349_943928063706798622_o

11953410_846637308777291_856971906933316759_o
KIさん
参加目的に書かれていた「まだまだプロのレベルには及びませんが」という一文は、ご自分の作品に何が足りないか解っていながら、それをクリアしていないという意味だと感じましたので、それならご自身で出来るところまではやって欲しいと思い、選出外とさせて頂きました。幅広い年齢層の人間を描けることは、なかなか誰にも出来ない素晴らしい技能ですので、あとは「幅広い年齢層が楽しめるか」を追求してみて下さい。この目の描き方は、80~90年代を若者として過ごした世代にしか伝りにくいローカルな記号だと感じます。釣り目や垂れ目だけではない目の魅力を、漫画やアニメではなく、もっとたくさんのイラストレーションを見て、勉強してみて下さい。Iさんの絵なら、わたせせいぞうさんや、ノーマンロックウェルや、和田誠さんがおススメです。

11953396_846640685443620_2181654402396099437_o

886017_846640758776946_5037914791543190725_o
SAさん
「漫画家志望」とのことなので、今回は選出外とさせて頂きました。なぜなら漫画家としての認められる作風がまだ定まっていない状態の方が、ここでイラストレーターの影響を受けてしまうと、漫画の絵の成長を阻害すると危惧したからです。ですので、今は扉絵よりも、おもしろい漫画作品をたくさん仕上げ、プロの漫画家になることを最優先に制作に励んで下さい。デビュー後に余裕が出てきて、お気持ちが残っているようであれば、ぜひまたご応募下さい。
11231275_846649862109369_7325375333463170951_o
YAさん
今回のみという授業は考えておりませんので、大学生にすれば福岡からは少し交通費がかさむと思い、選出外とさせて頂きました。ただし「小物をたくさん散りばめたい」という作風を大切にする余り、描かれているテーマが散漫になっているので、もう少し「何を伝えるべきか」を念頭に整理してみて下さい。例えばこの絵の場合は、「遊び(デート)」、「行事」、「花嫁修業(料理)」という大きな3つのテーマが同じ重要性で混在してしまっております。見る人は「楽しそうだけど結局何が言いたかったの?」となります。デッサン力、構図、丁寧さは、とても良いと思いましたので、その点を意識して、九州でも定期的に行っている講演会の方へ、まずはご参加下さい。

11894582_846657742108581_995273737148867446_o
NNさん
今のNさんに教えられる初歩的な内容は、おそらく今度発売される書籍「みんなのイラスト教室」が最も有効に参考になるだろうと思い、今回は選出外とさせて頂きました。まずはそちらの本の内容をクリアして頂いてから、また次の機会があった時に、ぜひご応募ください。

11907183_846660798774942_5120355781579298134_n

11960154_846660845441604_3271942985133843338_n
MYさん
参加目的にあった「自分の世界観を守る」と「イラストレーターになる」という2つの目的は、実は水と油のような関係です。もちろんドレッシングのように混ぜ合わせることも出来ますが、それでも醤油と油は半々ではなく、割合がどちらかに寄っていますよね。言葉を濁さずにいうと、サービス業において、お客さんは店員さんに対し「その人らしさ」というものは、念頭においていませんよね。例えばスーパーのレジだって、店側も客側も「明るい」と「打つのが早い」が第一条件に求めます。「その人らしさ」はそれをクリアしてはじめて、出しても出さなくても良いものです。イラストやデザインも同じです。その上で、イラストレーターになりたいか、アーティストになりたいかをじっくり考えて決断すると、Yさんの絵は、もっと振りきれた良い方向へ向かうと思います。

11924902_846666955440993_1541561086710766005_n

11953415_846667118774310_1215567928520186667_o
YKさん
記入されていた参加目的と作品から、就職活動を前に、少し逃避したいという気持ちの方が強く感じられましたので、今回は選出外とさせて頂きました。というのも、本当に諦めきれていなかった人は、美大に行かなくても、大学4年間の中で、こういうタイミングに提出するべきデッサンやスケッチ寄りな習作ではない、ご自身のオリジナル作品を何作かは持っていると思ったからです。観たものをそのまま描くという観察力はお持ちなので、まずは就職して、今度はその間にオリジナル作品を描きためて下さい。その上でまたの機会があった時は、ぜひご応募ください。

11923308_846572995450389_1536410916236872505_o
SMさん
Mくんは、Twitterのイラスト講座において、本当に素晴らしい作品を描けるように成長しましたし、今は学校の先生とのことなので、今回は申し訳ないですが、生徒世代である他の子に席をゆずってあげて下さい。また個人的に指導しますので。

11241221_846380178803004_2688685911760350449_o
AHさん
素晴らしい絵だと思います。ライトノベルやファンタジーノベルの表紙イラストコンテストなどは、色々なところで定期的に行われておりますので、すぐに応募するべきでしょう。よって今回の初歩的なことを教えるイラスト教室としては選出外とさせて頂きました。ひとつ気になったのは、「夏」を表現する場合には半袖の方がよりわかりやすいでしょうし、「メイド」や「料理」を表現する場合には、ここまで季節感を表現しなくても良かったのではないかという部分。つまりテーマが仲良く混ぜ合わせる意識が、まだ見落としがちです。それ以上のことを学びたい場合は、ぜひ東京で行っている講演会にぜひいらして下さい。

11954631_846382695469419_4247941242483344440_n

11226007_846382772136078_5908666204551456565_n
ESさん
構図と色が素晴らしい作品でした。ただし、絵(具体的な図)を描く事自体には、あまり喜びを感じていないご様子なので、それならイラストレーターより、デザイナーやパタンナーの道に進む事により、Sさんの能力を最も十分に発揮できるのではないかと僕は思いました。よって今回の「イラスト教室」の生徒としては選出外とさせて頂きました。色々な可能性を感じました。

11882396_846383592135996_7664980884663709395_o

11884098_846383648802657_7045834584352724201_o
RKさん
「デザインを学びたい」という参加理由において、今の作品はデザインというよりコラージュなので(もちろんコラージュもデザインの一要素ですが)、まずは、今は、色と写真の権利についての勉強をされることが先決だと判断し、今回は選出外とさせて頂きました。もしイラストレーションの方向に進みたい場合は、背景をきちんと自分で描けるようになってから、もう一度、ご応募下さい。その際の人物描写は、バストアップだけでは、描ける人か描けない人か判断できませんので、1点くらいは全身の入ったものを提出した方が、好ましいでしょう。

11947711_845467172227638_2131779006739740274_o
MHさん
構図もまとまっており、色彩感覚も独自の柔らかいものがあり、素晴らしいと思いました。その分、漫画やアニメの影響が、少し今の作風の足を引っ張ってしまっていると感じました。特に手前のキャラが浮いてしまっているんですよね。和定食の中に、ハンバーガーを置いたような感覚が近いと思います。すごく勿体ないと思うので、もしイラストレーターになりたい場合は、漫画やアニメ以外の人物の描き方を、色々なイラストレーターの方の絵を見て、試行錯誤してみて下さい。そして漫画家やアニメーターを目指す場合には、色をもう少しパキッと派手目に変えた方が良いでしょう。そんな理由から、今この教室に参加させると、Hさんの可能性を狭めてしまうと思い、今回は選出外とさせて頂きました。どこに進むか決まったら、また応募してみて下さい。すごく良い絵だと思いましたよ。

11890337_845472002227155_7795984863000320985_o

11951534_845472038893818_5219272190171325567_o
KNさん
作風から、イラストレーターではなく、アーティストとして、展覧会で原画を売って収入にした方が、Nさんには適していると感じましたので、選出外とさせて頂きました。どちらにせよ、このような際の参加目的の記入は、きちんと礼儀正しい言葉づかいの方が好ましいでしょう。

11949510_845563548884667_8331960870662748239_n

11896209_845563592217996_8368096116305278239_n
RNさん
参加目的コメントに記入されていた「もっと描いていれば…」というのは、美大や専門学校の入学には関係なく、みんな自分でやっていることです。そして文字通り「もっと描いていれば」、もっと上手になっていると思います。つまり、Nさんの場合は、まだまだご自分で出来ることがたくさんありますので、今回は選出外とさせて頂きました。描き続けていれば、必ず絵は上手くはなります。イラストやデザインとは、まだその先のことです。がんばって下さい。

11875097_844239335683755_8812696334980545565_o
11878877_844239909017031_360284234809285916_o
NKさん
ご提出頂いた作品は、イラストというより、あくまで日記の延長線上のような個人的な挿絵で、まだイラストレーションとしての評価は難しいので、今回は選出外とさせて頂きました。お近くの絵画教室で、まずはデッサンを学んでみることをおススメします。

11874964_844957602278595_9093218337805521170_o

11231100_844957675611921_3041908025365963605_o
MIさん
作品はとても可愛らしいと思う一方、こういった判断をされる場において、手帳やノートに描いた絵を送ることは関心しません。もちろんSNSなどで、手帳にスケッチしてアップする若者間の流行は知った上で、それはあくまで同世代のコミュニケーションであって、今回のケースにおいては、履歴書をチラシの裏に書いて、面接に臨むようなものです。次の機会があれば、きちんと画用紙やケント紙に描いた「作品」をご提出下さい。それだけの力はあるので、自信を持って向かってきて下さい。

11904704_844959932278362_3511538917229812440_n11935109_844960095611679_7662773457323776508_n
NHさん
たいへん可愛らしい絵ですが、金銭的問題が解決したとしても、今のままの技術では美大の受験は難しいと考えられます。美大や専門学校に行かなくても、プロのイラストレーターになった方はたくさんおられるので、まずは、漫画やアニメ以上に、プロのイラストレーションを見て、勉強と吸収をして、とにかく絵を描き続けて下さい。その際にはデッサン力も必要になってきます。これも絵画教室などが金銭的に難しい場合は、任天堂3DSの「新・絵心教室」というソフトをおススメします。(DSでも同様のソフトはあります) かなり本格的な絵の勉強ができますので。なお、この教室は定期的に続ける予定ですので、デッサンを勉強した上で、「負けないぞ~!」という絵が描けた際には、ぜひまたご応募下さい。応援しております。

11922906_844962415611447_1410818098104727356_o

11951612_844962635611425_6366027061400993236_o
NYさん
社会人とのことでしたので、まずは休日などを利用して絵画教室に通い、デッサンと色彩の勉強してみて下さい。サッカーでいうと、今はまだルールを知る以前の、早く走って、強く球を蹴るための筋トレの時期だと判断しましたので、今回は選出外とさせて頂きました。そして絵画教室において絵の技術が十分に備わった時には、またその後の「イラストの考え方やコツ」をお教えしますので、再度ご応募くださいませ。応援しております。

11952755_843318519109170_2720331221930345211_o
11144969_843318479109174_4335610804643155630_n
ASさん
参加目的にあった「せっかくの機会なので」という動機での参加は、当教室においては絵の技術向上を促さず、「どうしても!」という方を優先させたいと思い、今回は選出外とさせて頂きました。絵自体はとても可愛らしいので、あとは丁寧に描いて伝えようという意思と、「これでいいや」ではないきちんと仕上げる詰めが必要です。その上で「どうしても!」という作品が描けた際には、またぜひご応募下さい。

11875179_843230735784615_4363159264252387548_o

11895080_843230882451267_7859886911585399252_o
TTさん
アーティスト寄りの絵だと感じましたので、今回はイラストのみを希望されている方を選考したいので、選出外とさせて頂きました。アートにせよ、イラストにせよ、Tさんの作品は混とんとした様子は伺えるのですが、それ以上のメッセージが感じ取れず、このままでは観た人がどうして良いのか固まってしまいます。「考えさせる」というのは「伝わった」上でようやく可能になります。例えば学校で、「そもそも先生の質問が何を言っているのかわからず答えられない」と「質問の意味はわかるけど、単に答えがわからない」とは、大きく違いますよね。その点を考慮した上で、もう少しテーマを絞っていけば、道は開けると思います。がんばって下さい。

11885780_841189915988697_6388504665504799460_o

11061960_841189959322026_1562751631245908391_o
TNさん
今回は絵画教室ではなく、イラスト教室なので、Nさんは絵画寄りの作品だと判断し、選出外とさせて頂きました。現時点では、構図というよりは、手前と奥の描き込みの差が2段階しかないので、画面の奥行きが浅いだけなのではないかと感じました。<手前/前/真ん中/奥/遠く>の5段階くらいを、画面の共存させ、もう少し色の幅を広げれば、Nさんの作品はもっと世界観が出ると思います。

11845167_841002046007484_3162337755768669535_o
11226213_841002072674148_8651635525040685536_o
TTさん
描写力がたいへん素晴らしく、もうプロ並なのですが、オリジナリティという点では、中島潔さんの絵に少し似過ぎていることが、気になります。また今のままでは世界観がおどろおどろし過ぎて、商業イラストの仕事をしていく上で、活動の幅が狭くなると感じましたので、もし本当にイラストレーターを志望されるのであれば、キッチュではないモチーフでも、きちんと勝負できる絵を目指して下さい。それを描き慣れた時、また九州方面の講演会にご参加下さいませ。ほんとお上手なので、意識ひとつで、すぐに出来るはずですよ。応援しております。

11895003_840952589345763_5897646885782995460_o

11892364_840952466012442_5782438210215792718_o
MEさん
今回の授業は複数回を予定しているため、東北からのご参加はすこし交通費がかさむという判断で、選出外とさせて頂きました。今はまだ「世界観がゆるい」というより「仕上げるのが面倒くさい」が全面に出てしまっておりますので、そこを逃げずにきちんと描き切れば、ユニークな才能へと開花するでしょう。社会人としての「お金をもらえる仕事とは?」「仕事でもらえる対価とは?」という経験を活かしてみて下さい。


以上、応募者全85名中、選外者43名の作品と講評でした。そして32名の参加者の今の作品がコチラです。
 名称未設定 4
前述した通り、これはコンテストではなく、「レベルが高いから合格した」という訳ではございませんので、参加者の皆さまこそ気合いを入れて、授業にお臨み下さいね。「中村佑介のイラスト教室」の授業や課題を通過して、これらの作品がどのように変化を遂げていくのかも、また随時お知らせ出来ればと思っておりますので、絵を描かない皆さまもぜひ楽しみにしていて下さい。それでは、最後まで読んで下さってありがとうございます。僕もこんな長いブログを書いたのはじめてで、ちょっとビックリしていますが、教育はこれくらいしてちょうどなのだと、気を引き締める次第です。