_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4266.JPG

こんばんは、ゆるみな。です◎

夜になるとつい、
マイナス思考になりがち...。

こういう日は早く寝るのが一番ですね。

センチになってしまう日に思い出すのは
過去に犯してしまった自分の誤ち。

いくら後悔のないように
生きたいと思っていても、

「あの時ああしていれば」とか
「あの頃もっとこうだったら」とか

きっといっぱい出てくるんじゃないかな。

今までの人生に全く後悔のない人は
本当にすごいと思う!弟子にしてほしい!


自分の弱さを認めるのは難しくて。

イライラして家族にあたっちゃったり、
モヤモヤして友達に嫉妬しちゃったり、
メソメソして誰かに寄り縋っちゃったり。

そのせいで大切な人を傷つけてしまった
思い出は今でもなかなか消えなくて。

いくら今を必死にもがいて生きていても
ふとした瞬間にフラッシュバックして、
自分のまぶたの裏から離れなくなる。


そんな経験はないだろうか。



わたしはいまでも後悔してることがある。

そして、謝りたいこともある。

伝えたいことも、たくさん。


なのに臆病者だから、
その一歩を踏み出せないでいる。

拒絶されて終わりだと、遠ざけて
無かったように気丈に振る舞っている。

そんな自分にピリオドをうちたい。



もし、同じように何かに後悔していて
誰かに何かを伝えたい人がいたら、
一緒に乗り越えてみませんか?


きっと、一生懸命伝えたら
少しは変わるかもしれません。


あなたと私に幸あれ。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3466.JPG





_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4249.JPG

おつかれさまです、ゆるみなです◎


髪の毛染め直しました!
アッシュグリーン入れてもらった!

緑っぽさ写真だと伝わらないけど
ちゃんと緑ですっ!!!!



そして今日の朝、前髪切ってる時に
覚悟を決めました。

今の仕事辞めて、フリーランスの「物書き」として自分やりたいことを極めていきます。




もちろん、今すぐには辞められないけど
今週中には店長に相談しようと思ってます

辞めるとしたら引き継ぎもあるので
2.3ヶ月後とかになるかも知れません。

今年中には独立してアルバイトしながら
来年までには書く事、1本で生活できる
ような人間になっていたいです。

ありがたいことに、少しずつだけど
書かせてもらえる居場所ができてきて
でも昼のお仕事でなかなか書けない、
取材に同行できないってことでお断りも
したりしてました。

でも断る度に、
何でしたいことを手放してまで今の仕事に
執着してるんだろう。という葛藤と戦い。

生活のため?これをやめたら生活できなくなる?ほんとに?怖いから?逃げてるだけじゃない?ってたくさんたくさん自分の中で自問自答していっぱいもがきました。

そしてやりたいことがあるのに時間がなくて全部中途半端にしていた自分に気づきました。

そんな中、ある親しくしてくれた人から、時間が無いならつくればいい。という言葉を貰いました。ほんとにそうです。

その通りです。

私の中の無駄な時間。

それは、今の仕事の時間。

嫌な気持ちになる時間。

もどかしくて苦しくなる時間。


私はいつも唐突に決めます。
誰にも相談しないし、親にだってしません。「こうしたいんだけどどう思う?」って言っても反対されるに決まってるからです。

でも事後報告だと怒られるので、「こうするって決めたから。」っ事前報告が多いです。

親もそんな私にはもう慣れっこみたいで
「そうなのね、自分で決めたんだから自分でなんとかしなさい。」
としか言ってきません。

多分内心はすごく心配させてるだろうし驚かせてると思います。それでも突き放すんじゃなくて、自分の言ったことには自分で責任をもつということを教えてくれます。

それに本当に苦しかったりつまずいたり、悩んでる時はさりげなく支えてくれるんです。

苦しくなったらいつでも帰っておいでね

って言ってくれる人がいるって
最強すぎる味方だと思いませんか?

わたしはたぶん、帰れる場所がある
と思うからこうやって頑張れるし、
決断できるんだと心の底から思いました。

これからも沢山心配かけます。
でもその分絶対恩返しします。

だからもう少しだけ自由に
生かしてくださいね、お母さんお父さん。



_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4255.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4253.JPG

顔のお肉と共に、娘は元気です(੭˙꒳˙)੭

ゆるみな。




gHL78VgvIR.jpg

最近、ブログを書いている中でコメントを
頂けるのは嬉しいのですが、読んでいる中で

「ん?これは違うんじゃない?」
「え、私そう言ったつもりじゃない」

と思い心の蟠りができることがあります。


この前書いたブログの中で
こんなコメントを頂きました。


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4210.PNG


これにはさすがにうーん...と思ったので
取り上げさせて頂きました。


可愛くなりたいと言っている人
=容姿が変わることで人生が180度変わって超ハッピーと思ってる



そんな単純ハッピー野郎
ではないです...。

可愛くなるだけで全部が上手くいくなんて
そんな甘っちょろい人生だとは思ってません

だから、仕事もするしこうやってブログもかくし料理もつくる、本も読む。

趣味の小説だって書き続けてる。

このブログでは自由に書かせてもらってるけど企業とかその媒体の記事はちゃんと企画や規則にあわせて書いてます。

そういった日常の中で、人と会ったり仕事終わりに自分の顔を見た時に

よし、今日も可愛い!

と思える女の人って素敵だと思うんです。

もし、今日道を歩いていて
どこかのカフェでお茶してて
たまたま理想の相手に会って
しまったらどうですか、?


その時、わたしは可愛い自分で
いたいです。可愛いと思われたい。

それって間違ってますかね...


わたしは決めつけられるのが苦手です。

こう思ってるからこうしたいんでしょ
 とか
どうせこうだからこう思ってるんでしょ
とか

ネガティブなことを言う人と
会話をするのがほんとに嫌い...

そんなこと言う前に
自分はなにか行動してるの?

と思ってしまいます!!!!


もっとポジティブに考えようよ!

可愛くなっても人生が劇的に
変わらなくたっていいじゃん!!

それで自分が幸せになれるなら
それって人生が変わったって言って
過言じゃないんじゃないかな。

周りから見たら変わらないかもしれないけど
本人からしたら大きな変化かもしれないよ。

決めつけ、先入観はよくない。


よし、書いたらすっきりしたから
また今日も1日笑顔で幸せ探しに
行きましょう(*^-^*)◎

ゆるみな。



↑このページのトップへ