2016-08-04_00h04_18






もう発売から1年経っていたのか。
私が書いた連作短編集『止まりだしたら走らない』のKindle版が月額980円の読み放題プランに含まれてたので読み放題れます。さらに、30日の無料お試しがあるので、その間に読んでしまえば実質無料ということになります。良いですね。もし読んで「良い」と思ったらお友達に教えてあげてくださいね。「良くない」と思ったら別の良いことをして、「良くないと思った」と人に言うのは控えてくださいね。私は損をしたくない。

そもそもその読み放題プランが何かはこっち読んでください。

月額980円で電子書籍が読み放題の「Kindle Unlimited」のラインナップがシブい


個人的なオススメでは、紙の書籍で読んで欲しいです。
error403さんが手がけた挿絵の点数がだいぶ多い上に、かなり緻密に配置されていてたのしいので。


----------------------------------------------------------------------------------------------


「人に悪意を向けていると、その悪意がいずれ自分に返ってくる」
という話をたまに目にする。

これは因果応報のようなものとは違う理屈で正しいのではないかと最近思った。
悪意は言語だ。また、善意も言語だ。世の中にはいろいろなこと、ものがあり、そこに悪意を読みとることもできれば、善意を読み取ることもできる。悪意を使いこなすということは、悪意という言語が上達していくということでもある。ことばをしゃべるのが上手くなれば、読むのだってうまくなる。
ドイツ語が読める人は町の看板などに書いてあるドイツ語がよく目に入ってくるそうだ。悪意を扱うのに慣れれば、外部に悪意を読み取ることも容易になる。

つまり、善意に満ちた生活を送り続けたからといって、悪意を向けられなくなるわけではない。
悪意を向けられているということがわからなくなるにすぎない。
自分の振る舞いで世の中の流れが変わるような因果応報説に比べれば、こっちのほうが信ぴょう性がある気がする。