月別アーカイブ / 2015年12月

メリークリスマス。



イブに『Who's Your Daddy』というインディーズゲームが出てました。
まだ早期アクセス(開発途中だけど発売しますよみたいな形式)なので細かいアラは目立つけど、細かいアラとか関係無いやばさがある。

ゲームは2人対戦。「赤ちゃん」と「パパ」に分かれて行う。
パパは赤ちゃんが危険なことをしないように見張れると勝ち。
赤ちゃんはパパの目を盗んで動きまわり、事故死することができれば勝ち。
やばいですね。

赤ちゃんにできるのは、ハイハイしながら部屋の危険物に触れて一刻も早く死に近づくこと。
具体的には、乾電池を10本一気食いしたあとに洗剤を3ボトル飲み干し、体を緑色に変色させながらオーブンレンジに身を投じる、などができる。愛息子は本当に人間なのだろうか。

R6gm2Y
オーブンを閉められて身悶えする赤ちゃん


不謹慎ゲームだが、赤ちゃんはデザインといい動きといい人間の庇護欲を一切くすぐらないのであまり可哀想ではない。
パパは赤ちゃんの動きを直接封じることはできない。部屋に落ちている錠前で扉にロックをかける。フォークなどの危険なもの(赤ちゃんが手にすると一目散にコンセントに刺しに行くから)を高いところに再配置する。解毒用のピルを飲ませる。などの対処で赤ちゃんを守らなければならない。

2015-12-25_01h43_41
目を離すとすぐにオーブンに向かう(緑色なのは洗剤を飲んだからです)


一見狂っている。だがよく考えてみるとコンセプトは「赤ちゃんを事故から守るゲーム」だ。
これはただ不謹慎なだけではなく、ある種の真実を突いているのではないか。赤ちゃんが危険なものに飛び込むのは事実だ。僕も小さい頃に灰皿の汁を飲んだことがある。
それをゲーム化すると「タイマーをセットしてからオーブンに入ってそっと扉を閉める赤ちゃん」というラディカルな光景が生まれるところがすごい。

ただ確かなのは、これはクリスマスにやるゲームではない。
 

幼稚園からの幼馴染は今、バンドをやっている。
バンドをやっている人ってすごいよな~、と思う。
なにがすごいって、バンドを組めるのがすごい。 自分にはそんなコミュニケーションみたいなことできない。
バンドってどういうふうに組まれるものなんだろうか。石の下にだんごむしが集まってくるみたいに、自動的に結成されるものではないだろう。

ぱっと思いつくのは、「バンドメンバー募集!!」という張り紙だ。
下のところが短冊状になっていて、連絡先をちぎれるアレ。
アレにはちょっとあこがれがある。物語の始まりという感じがするからだ。
ただ、自分は楽器ができない。歌もダメだ。

なんか自分でもできるパートはないか。

バンドメンバー募集!! 当方、客

本番では最前列で見る。
でもこれでは誰も集まってこないと思う。

バンドメンバー募集!! 当方、ネットサーフィン

みんなが演奏している脇でYoutubeを見ている役。
Youtubeを見るのは得意だ。猫の面白動画を中心に見ていこうと思う。

バンドメンバー募集!! 当方、バンドメンバーを募集している人

ボーカル ギター ベース ドラムと揃っても舞台上でまだ募集してる。

バンドエイド募集!! 当方、ひざに擦り傷

募集しているDrはドラムスではなくてドクター。



image

園児メンバー募集 当方保母

2015-12-11_01h53_43


毎日、ローソンの前を通る。その付近でよくホームレスっぽいおじさんを見かける。
ローソンの向かいにベンチがある。そこに座っていることが多い。
横に食べ終わったカップ麺の容器が逆さまに置かれている。ベンチに直接だ。汚いな。
容器の置き方は例外なく逆さまで、もう木目に汁が染みこんで輪っかの模様を作っている。

なんのルールだ。

彼がラーメンを作っているところも見たことがある。
ローソンでお湯を入れているところを何度か目撃した。
しかし、そのラーメンはローソンで買ったものではない。
フタを完全に剥がしたラーメンを片手に入店してきて、お湯だけ入れてベンチに向かうのだ。 
絶対に、ローソンでは買わない。

なんのルールだ。 

もっと安い店で買ってるのかもしれない。だとしても、なんでフタを完全に剥がす。
湯気を全開放しながら作ることになるじゃないか。

彼がラーメンを食べているところも見た。
ラーメンを食べるとき、彼は必ず直立している。直立してズルズルすすって、完食したら容器を逆さまにしてベンチに置いて、自分も座る。 

なんのルールだ???


規則性と合理性がまったく噛み合っていないように見える。
いまだにそのルールが掴めない。モヤモヤする。
そういえばドラマの『SHERLOCK』に、町のホームレスのちょっとした仕草がじつは闇社会で暗号として機能しているという話があった。
あのおじさんが普通に容器を置いたときになにかが起きるのかもしれない。

 

↑このページのトップへ