やのあんな 公式ブログ

青文字系モデルとして雑誌への出演、新しいジャンルを確立した「カワエロ」写真集の発売、またヨーロッパやアジアなど9カ国13カ所でモデル・アーティストとして、世界のステージで活躍中。




9月も最終日です
みんなちゃんと食べてる?
着る服寝るとこ困ってない?大丈夫?



大丈夫?ならよかったです



そして
いつもコメントありがとう
ひとつひとつ読んでます。




こんなコメントもらいました。




▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎
Asiaのチャリ回見ましたけど個人的に
あんちゃんとしばさきはお似合いな
感じがします(*^^*)
自転車あんちゃん好みの配色なんやろ
なー思てたらそこでも宣伝するんかい
って吹きましたww

▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎



クロスターさん

ありがとう(^O^)/
KawaiiAsiaで原宿の自転車屋さんで
オリジナル自転車を作った回だね!

写真を載せるのを今か今かと待って
ここぞというときに載せるぞ!と思ってたら、ここぞという時を通り過ぎていました。

ナイスコメントありがとう❤︎






例の自転車がこちら

どん



どんん





どおおおおん!






どうかしら❤︎
めちゃめちゃ可愛くない??(^O^)


原宿にある
1から全部オリジナルで自転車が作れる
RIDERZCAFEで作ったよ!



でもねクロスターさん
ひとつおしいことがあるよ。


これは全然

宣伝じゃないよ!!



秋といえば◯◯!
がテーマだったんだけど


もちろんわたしは
秋といえば音楽!


そして
音楽といえばlivetune+!



ということで
このような自転車になりました❤︎
Sweet Clapperカラー!




ね?全然
宣伝じゃないでしょ🤔?





Sweet方面にclapした結果
愛が溢れてしまいましたね。




livetune+「Sweet Clapper」
絶賛発売中!





またいつでもコメント待ってます






p.s.
しばさきとは同い年ということもあり
とても仲がいいです。
というかKawaiiAsiaのメンバーは
もう長いこと一緒にいるし
収録でいろんな体験を一緒にしているうちに、みんなとても自然で、一緒にいてリラックスできる存在で、かなり仲がいいとおもいます。


ただ時々しばさきの
happyがほっこりを過ぎて
咳が出そうな時があります。

それは埃や!











わたしが通ってるジムにはTVがあって
(まあだいたいのジムにあるよね)



いつもは
お気に入りの音楽や
livetune+のプレイリストを聴きながら走るんだけど




今日はなんとなくTVをつけたら
なつめちゃんが出ていたので
「プレバト」を観ながら走った。


そのなかで


自分の好きな風景を水彩で描いて
先生が採点して順位を決めるってものがあって





採点基準が
いかにリアルに忠実に丁寧に
景色を写実できるかって感じで




「忠実に描く」
ってことを考えてたら







ふと、
大学で芸術を学んでいたときの
自分の作品のことを思い出した。



テキスタイル、デザイン、油絵、彫刻、デッサン、いろんなものを満遍なく学んだけど、


なにをつくっても



わたしの作品には
どれにも共通してることがあって



色がつくものの場合は
必ず濁りのない色で統一されてた(無意識)

素材、ジャンル、形は違っても
色味は全部いっしょなの。無意識に好きな色に偏りまくってたんだろうな 

ことと
これは話にあまり関係ない






どれも、
なにかひとつ発想の転換を忍ばせるのが好きだったなと(これはわざと)



得点を取りに行くよりも
先生をびっくりさせることに重きを置いていた。



わたしにとっては、
技術よりも
アイデアを褒められることが1番嬉しいことだったな〜って。




だからさっき書いた
「忠実に表現」ていうのは
先生にそれやりなさいって言われても
無視してたから
あんまりやったことない(^○^)←





芸術学科の先生たちって
好きな作品や心惹かれる作品に出会うと

「面白いわね」
っていうんだよね。


うちの学校だけか?



「上手いわね」と言われるよりも
「面白いわね」と言われることが
わたしにとっては最大の褒め言葉だった






あの頃は
デッサンひとつ描くのにも
アイデンティティを押し出したくて
とにかくなにかで1番にならなきゃ気が済まなくて
エゴの塊だったなって
若かった。。




でも今も変わっていない
エゴを見つけたよ
もう若くはないけど



正しい上手な歌じゃなくて、


わたしは
「面白い」歌を歌いたい

聴いた人の感情を動かせるような

面白い歌を歌いたいな。

みんなが
なんか好きっておもうような。

みんなが笑顔になれるような
みんなが悲しくもなっちゃうような。




なにこれエゴい
エモいとかけてみたよね






というわけで今日は

運動をしながら
アートのことを考えるという
そんな時間を過ごしました





プレバト
なつめちゃんの前髪がさらに短くなってた!




ちゃんちゃん














昨日でkzさんが担当のSPARKが最終回でした。








つまりは「それゆけ!やのあんな」も終焉の時を迎えたということで。
タイトル告げたことほぼないから知らない人もいるよね
実はこんな名前でした






このコーナーは、自分自身知らなかった、普通に、真っ当に生きてたら知りえない、たくさんのやのあんなと出会わせてくれました。




名目上は「やのあんなのボーカル力向上」ということだったけど



1回でも聴いてくれたことがある人ならわかるとおもう



そういったボーカル的修行は全くないかんじのコーナーでした(^O^)
•巣鴨であてもなくおじいちゃんおばあちゃんにインタビューする。kzさんに赤パンツ買って帰る
•原宿で爆買いの真相を調査 外国人に話しかけまくる
•開運祈願に神社の地獄坂を歌いながら猛ダッシュ 曲はサザンの「真夏の果実」←名曲すぎて酔っ払うと歌いだすくらい好きな曲
•ブラジルフェスでlivetune+の新メンバーを探す▶︎たまたま踊りに来ていたダレノガレ明美さんのお姉さんに出会う▶︎意気投合▶︎結果▶︎よくしゃべる鳥をメンバーに誘ってみる
•浅草にて観光に来ている外国人に邪気払いの方法をインタビューしまくる
•わらしべ長者企画で商店街を練り歩き、1本のクリップをアンジェラさんのCDにまで発展させる
•花見の代々木公園という世界最大規模のチルアウトハッピー酔い空間になんとシラフで突入!シラフのはずがめちゃくちゃ楽しかった全然馴染めてしまった自分こわい
•超ハイテンションおばあちゃん歌手の上床けいこさんにポジティブの秘訣を教わる▶︎結果旦那さんとのことのろけ話を聞くことに。幸せそうで何より
•超能力でたこやきの味が変わる!と噂のお店へ。奇跡も、魔法も、あるんだね



このように本気で、
ボーカル的修行ではきっとないだろう修行を、たくさん積ませてもらいました!








自分を知るってとても大切なことだと思うんだ。







このコーナーがなかったら絶対に
経験できなかったことばかり。
出会えなかった、知りえなかった自分に会えて



自分の長所短所も再確認できた 。





学ぶこともたくさんあった。
 



そういう意味でも
ボーカリストとして、人間として、成長できたなと。




今のわたし、老若男女国籍問わず
超能力者でも 喋る鳥とでも 誰とでも仲良くなれる自信がある!





英語はもっとがんばるけど。





収録で録ってきたものをどうkzさんが捌いてくるかも楽しみだったんだよねー!




kzさんが呆れ半分つっこみながらも、ちょっと喜んでるあの感じが私とても好きで。




呆れ喜びつっこみが入るとしめしめって感じだけど、あまり引っかかってくれないときは、くそぅもっと飛びっきりのかますか!みたいなね







そういう楽しみもありました。





そしてわたしは
本気で5分のやのあんなコーナーから
いつか1時間ぜんぶ乗っとろうと考えていたけど、その前にSPARKが終わってしまいました。残念。




SPARK LIVEもしたり
そのタイムテーブルをわたしが描いたり


それゆけやのあんなコーナーの写真は皆無なのに
タイムテーブルの写真はあった✌︎三森すずこさん...♡




いろんなことに挑戦させていただいて本当に糧になりました!




10ヶ月間ありがとうございました!







昨日もブログにこんなこと書いたな

卒業って素晴らしいことだよ
明日からもがんばりましょ

海外では新学期だ


↑このページのトップへ