いろいろ予定を立てようと思っていたところ、どうしても北海道新幹線を旅程に組み込むことができず、ちょっと断念。函館北斗、行ってみたいは行ってみたいけど、そんなところに当然用事はないので微妙ですなー。

北海道新幹線
予約率25% 初日以外余裕 春休みに期待
http://mainichi.jp/articles/20160310/k00/00e/040/115000c

 で、みんな大好きサンドウィッチマンが宣伝をやっているんですが、どうも海外の人からはゲイと間違われているという話が出てました。確かにあのポスター見て、サンドウィッチマンを昔から見ていた人でさえ気になりますからな。なぜ伊達ちゃんの外套をピンクにした。

外国人「ゲイカップルの旅行ポスターが駅に氾濫している日本はなんてオープンな国なんだ」→一斉にツッコミ入るの巻
http://togetter.com/li/949055

 海外の人ならずともサンドウィッチマンはゲイカップルっぽいという話をする人が少なくないということは、一応その辺はコンセンサスなんだと思う。「ぽい」というだけで、実際には違うのでしょうが。

 どうしてもやきうの仕事などで仙台から札幌へ、あるいはその逆というのは外せない分、 値段面も所要時間面も利便性も微妙だとやっぱり敬遠してまうんですよね。飛行機が苦手だ、なるだけ乗りたくないって人が使うイメージなんだろうか。

 北陸新幹線もそうだけど、この人口減少時代に田舎まで新幹線を延ばすことの是非もあるでしょうし、主要都市だけ移動の交通網が充実していくと人口空白地帯は経済もたないだろうし、そろそろ大変なことになるんでしょう。

 おととしまであれだけ足を向けていた、女満別や釧路にも、ロシア経済の低迷以降引き合いがぱったりなくなって、立ち寄ることもなくなりました。 世の中そんなものかなと思いますが、それはそれで寂しい…。

 函館北斗へ家族旅行でも無理やり企画して見るかな。子供にとって楽しいものがあるといいんだけど。