やまもといちろう 公式ブログ

投資家、ブロガー。育児や介護がだんだんと人生のメインに… なるだけ頂戴したメンション返しますが、流れが速いと読んでないので返信されなくても泣かない。東北楽天ゴールデンイーグルス・データ担当アドバイザー、EVO-Japan 金勘定プロデューサー、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員など。転んでも泣かない。

 少し前からさわさわしていたPOSSE界隈ですが、ブラック企業大賞とかやっとる割にはお前らのところもそれなりにブラックなんじゃないの? と吹聴している人がいたかと思えば、今度は日刊カルト新聞さんがおおいにPOSSE批判の記事を展開していました。

ブラック企業対策NPO「POSSE」はブラックな左翼セクトだった
http://dailycult.blogspot.jp/2016/10/npoposse.html 

 この界隈を知らない人が読むと「左翼で何が悪いの?」って話になるわけですけれども、個人的には警察からのガサ入れを警戒して身内しか分からない略称を使ったりメモを残さないなどの話が事実だとするならば「POSSEさんェ…」という雰囲気ではあります。

demo_strike_shifuku


 遠因としては、以前からPOSSE界隈の風評を流していた左翼セクトとは全く無関係のネット民Yさんが「POSSEは極左団体に関わりが深い(というか、そのもの)だから交流しないように」と各方面にメールを流していたかどで、POSSEと東京大学教授の本田由紀女史から刑事告訴されていたという点です。結局のところ、嫌疑不十分で不起訴に終わっていて、担当した牛久尾久署も「名誉棄損であるとして起訴するほど、根拠の乏しい中傷とはいえない(起訴しても公判が維持できるかどうかわからない)」レベルだったのでしょう。

 また、日刊カルト新聞ではPOSSEの黒幕として佐々木隆治さんを名指しで書いているあたりが興味深いです。 

[引用] 「佐々木氏がもともと京大政経研で活動していて、その後、都立大に来て活動するようになり“○”を作ったのだと、内部で説明を受けました。都立大グループができてしばらくしてからだと思いますが、佐々木氏は方針の違いや組織内部のハラスメント対応をめぐる意見の違いで、京大政経研から分かれたそうです。

 

 個人的には、この匿名のAさんの証言一本で状況証拠を揃えて記事を高らかに書き上げる日刊カルト新聞もすげえなと思うわけですが、奇妙なことに、この記事の事実関係を確認するにあたってPOSSE側が左翼セクトとの関係こそ否定しているものの、事実関係についての取材に応じている気配がまったくありません。どうなんでしょうか。

 その結果として、日刊カルト新聞には書かれ放題なわけですが、 POSSEについてはある種の黒歴史として封印したいネタだということなのか、あるいはいまだに左翼セクトの流れを強く組む偽装レッズなのかは、そろそろちゃんと明らかにしておいた方がいいと思うんですよ。せっかく良いこと書いてるし、素晴らしい活動で社会に貢献して上書きすることで見返すこともあり得ると思うので。

 したがってお前ら私を元2ちゃんねる関係者って言うのやめろw 

(修正 13:24)

 文中、牛久署は尾久署の間違いでした。ほかの事案と混同してしまいました、ご指摘いただいた関係者には深く感謝申し上げます。

今日も今日とてフジテレビ系ネット放送ホウドウキョク「真夜中のニャーゴ」は、毎週火曜の最終回、来週から金曜移転記念ソーシャルゲーム業界特集をやりたいと思っております! 前半は、最近あれやこれや騒ぎも起きているe-Sports界隈の話も含めて、後半に消費者委員会のネタなどもあわせてやりますよ!

ホウドウキョク
http://www.houdoukyoku.jp/

というわけで、ホウドウキョク「真夜中のニャーゴ」は来週から私の担当曜日が金曜日に変更になります。週末ののどかなところを私のツラと暴言罵声でゆっくりとお送りいただければと願う次第でございます、はい。police_patocar_man

 

いよいよ買収合戦は混戦模様ですが、早ければ1か月程度で身売り先が決定しそうな様相ですね。
ただ、どちらにせよビジネスという点では「マネタイズさえできれば、このユーザー数は魅力的」っていう捉えられ方になりますね。 
ディズニーとマイクロソフト、ツイッターの買い手候補に浮上=報道

tw
 

経産省だけではなく総務省も打倒Appleで動いている?
ただ、落としどころを考えないと大変なことになりそう。 
主要国で唯一シェア増の日本にガラパゴス規格で勝負挑むが…アップルの「不平等取引」に総務省&公取委は虎視眈々

こうしたネタで広報に取材するのはさすがねとらぼですねw しかしこれ、Twitterの広告審査がザルという話でしかないようです。
Twitterで「エロ広告」が急増、業績不振が理由とうわさも Twitter広報に聞いてみた

個人情報大量流出の件は別の問題という大人な対応のようです。
米ベライゾン傘下AOLのCEO「ヤフー買収完了望む」

中国大手のHuaweiなどがNFCを採用しだしているという話。
これから盛り上がりが期待される中国のNFC事情

本来であれば名誉毀損などで訴えるべき案件に見えますが…。
この辺の話は、今後かなり議論になると思います。 
口コミサイトの情報を商標権侵害で削除できるか

当方もお世話になっていますが、自治体などで重宝されているのは、昔であれば無断で勝手にコピー使用されていのたが、人々が著作権について意識的になった結果という感じがしなくもありません。
「いらすとや」にイラストレーターが悲鳴 「仕事を奪っている」

世耕さんが大臣になってから経産省はとても攻めている感じですね。
どれも必要なことではあるので、無理のない感じで頑張ってほしいものです。 
IoTデータは「営業秘密」 保護強化へ 経産省・特許庁
スマホアプリ アップルやグーグルとの取り引き検証へ
知的財産制度を悪用、経産省が「怪物」退治へ

businessman_jishin
 

以前からTwitterの身売りの噂は絶えませんが今回はかなり信憑性が高い?
最近はエロバナーが増えたりTwitterも無法地帯になりつつあるので、そろそろ… って感じでしょうか。 
Twitterに身売り交渉の報道、グーグルやセールスフォースなどが買収先候補か

AppleがAI関連の企業買収に熱心なようです。
Appleがまたまた機械学習企業を買収、今度はオープンソースプロジェクトFiloDBのTuplejump

エンタープライズ分野でもAIは大きなバズワードになってますね。
なだれを打って「エンタープライズAI」へ SalesforceとOracle参入

PR動画を見ると完全にティーン市場を意識した展開ですね。国内だとLINEというよりはMixChannelやツイキャス的なポジションのサービスが巨大化しているという感じでしょうか。
Snapchat、動画撮影カメラ内蔵のサングラス「Spectacles」を発表--社名はSnap Inc.に

このスキャンダルでVR市場筆頭格のポジションを維持できるかどうか。
Oculus創業者、クリントン氏を中傷するトランプ氏支持団体への資金提供で物議

電通が国内におけるデジタル広告事業において、故意または人為的なミスに基づく広告掲載期間のずれ、未掲出、運用状況や実績に関する虚偽の報告を行い、さらに実態とは異なる請求書を作成し過剰な請求をしていたと発表しました。今後の展開が気になるところです。
日本国内のデジタル広告サービスにおける不適切業務の発生について(電通リリース)

 syazai_kaiken

米Yahoo!が2年前に大規模なサイバー攻撃を受け莫大な数の個人情報が流出していたことを今頃になって報告。当然ですが、すでに決定している買収先のVerizonは激おこ。なお、ロイターによればロシア情報当局関与の可能性が報じられています。
米ヤフー「5億人分の個人情報流出」と発表 — ベライゾンはご機嫌斜め
米ヤフー、2014年に5億人の情報流出 国家関与のハッカー攻撃か

こちらも気になる話。どうも国家間によるサイバー紛争激化の様相を感じさせます。
オバマ大統領夫人のパスポート写真のコピーなど流出か

広告ブロック企業による広告販売の件、やはり業界内では総スカンといった状況のようです。
アドブロックプラスの広告販売、媒体社は痛烈に批判:「嘘つきのゆすり屋にレベルアップした」

中国で一気にTeslaへの批判が高まりそうな気配ですが…
中国で今年1月に発生したTeslaドライバーの死亡事故、自動操縦機能が原因の可能性

シューティングゲーム内でAIに殺人最適化の学習をさせるというのはあまり気味の良い話ではありません。
科学者が人間を狩り殺すことを機械に教えている ‐ ただしDoomの中で

今のままでは海外スマホでFeliCaを利用できる可能性はかなり低そうです。
海外の格安スマホでもFeliCaが利用可能になる? 「HCE-F」の正体を探る:モバイル決済最前線

Googleはテクノロジーのためにはプライバシー保護のプライオリティは低いということが改めて示されることに。
「Google Allo」、「Smart Reply」の機能向上のためユーザーのメッセージを「永久」に保存

中国ネット関連ニュースのまとめ。色々と面白い話がありますが、「百度(Baidu)」、「阿里巴巴(Alibaba)」、「騰訊(Tencent)」の存在感が以前ほどではなくなりつつあるというのが興味深いです。
悪質なデマの発信者への対処、最多は「拘留」 ほか〜2016年8月

↑このページのトップへ