問題のない範囲で書くと、慰安婦少女像の撤去も含めた(明文化はされていないが)日韓合意の履行の行方よりも日本の国益を左右しそうなのが崔順実女史絡みの国政介入事件で、さらにはグループの裏金作りなどの工作の実態が出てきてそのままバレて御用、という流れになってます。

韓国最強のサムスン法務チーム、トップの逮捕状請求を防げず-Chosun online 朝鮮日報 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/16/2017011603085.html 

 韓国独自のこと(OINK:Only in Korea)と馬鹿にして流すのは簡単なのですが、むつかしいのは他の外交問題とのリンクや、日韓経済交流の本流のところにまで火が回ると日本も対岸の火事とは言えない状況に陥ることです。

THAAD:土地交換契約、中国の報復にロッテは及び腰-Chosun online 朝鮮日報 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/17/2017011700667.html
韓国国政介入事件 サムスンの次の捜査対象はロッテとSKか-Chosun online 朝鮮日報 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/16/2017011602462.html 

 一部の証券筋では、すでにサムスンだけでなくロッテに対してもグループ資産の不正計上の疑いや海外事業も含めた国際的な脱税捜査に着手するというような話を流し始めているようで、事実だとすると日本との貿易や日本にある企業資産にも影響が出てきますし、韓国の通貨リスクは地味に大きくなるでしょう。

 状況は進行中であり、着地点がどこにあるかも定かではないのですが、THAADや日本を含む貿易にまで火の手が回っている、しかも韓国司法当局が韓国国内の民情に揺さぶられるように韓国稼ぎ頭の多国籍企業を攻撃するようになると、文字通り韓国経済が自壊してしまい、笑っていられる状況でもなくなります。日本もデカップリングして切り離したいと思っても、そう簡単には話が進められないと思いますし、誘爆する大手企業も出てくるでしょう。

 日本にとっては迷惑この上ない状況ですが、韓国は韓国で、外交状況が危機的で非常に切実なうえに当事者である朴槿恵大統領が弾劾訴追可決で当事者能力を実質的に失っているため、暴発する韓国内の民情をコントロールできる状態にないとも言えます。新潟県立大学教授の浅羽祐樹さんの記事は日本国内でも反発が強かったようですが、圧倒的にごもっともなので、NHKの時事公論(解説委員の出石直さん)と併せて目を通されると良いのではと思います。

慰安婦少女像、「合意」守らない韓国の裏事情 : 読売新聞
 http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170113-OYT8T50011.html 
「慰安婦合意 崩壊の危機」(時論公論)
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/260578.html 

 個人的には、日韓合意に基づく慰安婦少女像の撤去を含めた対応を、韓国政府に粛々と日本政府が求めていくということで良いとは思います。ただ、ここで無理に日韓関係が一層こじれるような対立や差別を煽ると、韓国政治が一層不安定になって取り返しのつかない事件、事故、現象を韓国発で起こすトリガーを引いてしまい、日本も困ることになりかねないので心配です。日韓スワップ協定もこれらの対応を韓国政府が誠実に実施できるまで先送り、という程度で納めておきつつ、冷静に事態を眺めておきたいと思うところです。

 個人的にはちゃんとパリーグが開幕できることを祈ってやみません。
 

油断しているユーザーは多そうなので、一旦セキュリティが破られればまた被害件数もうなぎ登りになりそうです。

過信は禁物? ワンタイムパスワードはどこまで安全なのか



Amazonは流通のUber化を進めるという観測。米国外でもこの流れになるのかどうかも含めて気になるところです。

Amazonがトラック業界の構造を一変させる可能性のある新アプリを開発、2017年夏にもリリース予定



MSは自動車そのものの開発にはタッチしないながら、通信にかかわるコアを牛耳る方向か。

クラウドをベースに自動車メーカーの変革支える--MSのコネクテッドカー戦略
http://japan.zdnet.com/article/35094874/



あまり驚かないですが…

2016年のPC出荷台数、5年連続で減少--ガートナー



音声認識における大きな課題となりそう?

Amazon エコーが大失態…「ニュースの声を注文と勘違い」誤発注殺到



PC市場での需要が見込めない以上、半導体メーカーにとってAI市場の活性化は願ってもないチャンスですね。

AIへの熱視線続く、推論エンジンの需要が高まる見込み



・ゲームハードだけで市場は踊らず。実際にキラータイトルが流通市場に乗らないと評価されないということか。

「Switch」にサプライズなし? 任天堂の株価、急落



Facebookも同様なドローンが事故を起こして米国家運輸安全委員会の調査入ったりしており、この手のドローンを利用したプロジェクトは多難な感じです。

Alphabet、ドローンでネット接続を提供する「Titan」プログラムを終了か



経緯がよくわかりませんがセキュリティ運用上かなり微妙に見える案件。

詐欺メール送信の踏み台に、2カ月経たず再発 - 大阪府立図書館



もはや本来のユーザーである子供は置き去りにされている印象。大人がネタとして買うのを期待?

休刊した「小学2年生」が「小学8年生」にパワーアップ 増刊号が2月15日発売

さっき、金融日記の藤沢数希さんの小学校受験ネタがあって、Twitterで流れてきてて反響が面白かったんですよね。

公立小中高で子供の教育費をカットしながら学歴社会で圧倒的にひとり勝ちする方法 - 金融日記 http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52077877.html

始めに断っておきますが、藤沢さんの見解もひとつの見識としては理解できるものです。逆に、私自身は公教育を受けたことがほとんどない私学出身者なので、その方面については知らないことのほうが多いんですよね。

小学校受験を我が子にさせた山本家的には、もちろん将来的には中学校受験をさせたいというのはあるけど、それ以上に、同じような進学校にやってくる児童同士の切磋琢磨や、勉強する習慣をつけさせたいという環境面の期待と同時に、子供の可能性を広げられる教育をしてくれるのか、というのは大きい要素になっていました。 

私も中学受験成功組で、当時はいまと比べ物にならないぐらい受験戦争は厳しかったうえ、御三家蹴って入った慶應義塾中等部では無事に落ちこぼれて酷い中学校生活を送りました。算数はできるつもりで慶應義塾に入ったけど、受験という目標がなくなって勉強しなくなって、成績が最下位ならば受験で培ったプライドとかもコンプレックスになるわけでね。周囲も当時は私よりはるかに金持ちだったし、何か辛かった。

でも高校時代に自分を取り戻したというか、マンモス校である慶應義塾高校で恩師と言える人に出会えたという ことで、自分なりにコンプレックスや能力の限界と向き合い、勉強する習慣を取り戻し、自信がついたというのは大きいと思うわけで。

結論から言うと、藤沢さんの意見も首肯する部分がありつつ、環境をカネで買うこと、勉強する習慣をつけること、子供の一生の趣味・興味をしっかりと持ってもらうこと、子供の可能性を広げることに繋がるのであれば、受験そのものが良いかどうかはあまり関係ないのかなあと思うわけであります。挫折は人生の中での経験だけど、取り組むべき価値のある興味対象の醸成や勉強する習慣、我慢することのできる自制心といったあたりは、子供のうちしか培えないものだと思うので。

そんな拙宅山本家三兄弟は宇宙三昧でした。サイエンスゼロに出ている竹内薫さんの熱心なファンなのはいいんですが、昨年末家族でテレビ見てたら「笑ってはいけない」に蝶野正洋さんが出てきて「竹内さんだ! 竹内さんだ!」と子供たちが騒いで、まあ似ていないとは言えなくもない… ともあれ、ありがとうNHK。

蛇足ながら、そこまでして投資回収や効果がない可能性はあるじゃないか、という話はあるわけです。一応、教育費と子供の将来の所得については統計的に正相関であり、基本的には適切な子供の教育やけあをすればするほど子供の未来は確かなものにできる「はずだ」ということになります。でも、実際には慶應義塾大学や留学をしてみると、せっかく入った大学をポーンと辞めてダンスの世界に行ったり、バイトに明け暮れて中退して社員になってしまったりという奴を散見します。奴らなりに考えてのことだろうし、それ自体は別に否定しないのですが、教育に対する投資回収だという考え方をすると、採算に合わないレールの外れ方をするとそれは投資失敗だという結論になってしまいます。本当にそうなのでしょうか。

大学出てしばらく経ったとき、内部進学から大学辞めてダンサーになった元同級生が東京ディズニーランドでダンス踊ってるのを観た際は、さすがに「お前さあ」と思って声をかけづらかった記憶があるのです。ただそれもまた、彼が人生を選ぶにあたって、慶應義塾という環境の中で彼の親がダンス教室に通わせていたという「人生の下地」があって、選択肢があった結果だと思い返すことになるわけです。それが金銭的な改修に結びつくとはとても思えない人生の選択だとしても、もしも彼が人生を謳歌し、彼なりの方法で社会に還元することができていると自負するものであれば、それは誰にも止めるべきものではないとも言えます。

だからこそ、自由度が高く恵まれた環境を用意することがゴールではなくて、それを生かして子供にどんな教育を施す方針かによって、振れ幅が大きすぎて何とも言えないんですよね。あくまで教育経済学がエビデンスベースドを自称するのは良いとして、では「成果の上がらない少数派に回った児童の人生はどうコーディネートするのか」や、どうしても大勢からこぼれてしまう人間に(私もそうだったけど)どういうケアをするのかは、結局各家庭で考えなければならない、ということです。

昨夜もずーっと拙宅山本家三兄弟は三男レコメンドのスペースシャトルのNHK画像を閲覧してましたが、大学の入試改革もありますし、何よりも「好きなことに無理なくこだわること」「学ぶ習慣をつけること」「選択肢を広げること」を考えておる次第です。偉そうに書いておいて最後に言うのもなんですが、これが正しい教育だと自信もって言えるほどでもありません。他にいろんな育て方があるかもしれないので、あくまで子育て道半ばの山本家のケースに過ぎない、ということで。

IMG_4259.JPG
 

 去年からずいぶん酒の量を減らしていることもあって、宴会にいっても酔っ払わない程度の量しか飲まなく(飲めなく)なったぶん、宴会を客観的に見られるようになったのかもしれませんが。

 私、下ネタにはあんまりノリが良くないんですよ。あ、下ネタといっても、うんことかは大好きですが、性的描写のほうです。マジで駄目。ほんと駄目。昔から駄目なんで、いまでも駄目ってだけですが。以前は、盛大に酔っ払っていたので下ネタ合戦になっても飲んでりゃやり過ごせていたんですけれども、あんまり酔ってないので辛い。

 だけど、容赦なく下ネタ振ってくる偉い人たち。 60代超えて、今夜も夜はお盛んですねみたいな合いの手をされてもノリようがありません。テレビのタレントさんネタから身近な人の離婚話まで。辛い。

 ある種、下ネタに絡めれば深刻な話も免罪符になると思っているのかもしれない。「少子化問題?  やんないからだよ」みたいな。酒の席とはいえ、話に乗る気持ちにすらなれない。年末の慌ただしい中を無理くり調整して顔だけでも出そうと思ってこれかとか、新年挨拶回りは梯子もやむなしと割り切っても行った先がこれとか。辛いんですよ。

 別に上品にしろってわけじゃありません。飯がまずくなるような、うんことかクソとか下痢便とかいう比喩は大好きです。むしろ積極的に使っていきたい。臨席する女性が全力で別次元にドン引きしていても、言いたいことを言えるのは大事だ。汚物が飛び交ってこその世の中です。

 しかし、性的なネタはよろしくない。そう思うわけです。女性を前にして「出世の秘訣は枕だろ枕」と言い放つ根性も凄いけど、明らかに乗っかってくる女性とそうでない女性を分別している。酔っ払っているように見せて、そういうところだけ老練の人物鑑定眼が銀縁メガネの中で光ったりするのを見ると、世の中のクソさを感じます。

 そういうわけで、来週一週間はどうしても新年会モードにならざるを得ないんですが、付き合いが悪くなっているようでしたらそういうことですので申し訳ございません。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

no_man.png
 

 本日44歳の誕生日を迎えました。

 去年は家内や親族の病気、闘病も重なり、公よりも私を優先しながら物事の整理や立て直しを図ったと同時に、撒いた種が相応に実って、今後丁寧に生きていくための拠り所ができた一年でありました。

IMG_4126.JPG
 
 やはり物事と言うのは一本調子に良くなったり悪くするものではなく、ある種の波であって、良いときも悪いときも自分の運命宿命を肌できちんと感じながら一歩一歩進んでいくことの大事さを改めて感じているところです。

 44歳は、いままで培ってきたものをきちんと生かしつつ、より良いものを慎重に選び、適切に身を処して「善く暮らす」ことをイメージしながら仕事と私事の両立を図ってまいりたいと考えています。自らの言葉はより明るく社会を照らすために、仕事は次に続く道をきちんと均すために、財産は未来に備え、また新たなものを生み出すことを目標に、家内をはじめとした家族と共に生きられるよう頑張ってまいります。

 去年は長男に続き、次男も彼なり以上の頑張りもあって良い結果を出すことができ、自らの手で人生を切り拓くとはどういうことなのか理解してもらえるようになったと思います。三男も人生はこれから。彼らのために何ができるのか、よく模索していきたいと思います。

 神と家内と子供たちに限りない感謝を。今年もよろしくお願い申し上げます。

 

↑このページのトップへ