さっき移動中にBLOGOS読んでたらイケダハヤト師の記事が出てきていて立論に興味を持ったわけです。

"時間泥棒"電話は消滅していい #BLOGOS
http://blogos.com/outline/215315/ 

 20年ぐらい前にコンサルタント業界で電話を全廃したところがあったとかで記事が出ていたのを覚えていて、そのときもイケダハヤト師やはあちゅう女史の言う「時間泥棒」論でした。人間、何かに集中しているときに声をかけられたり電話がかかってきたら集中が途切れるわけだし、そこからさあもう一回集中するぞといってもなかなか元のレベルまでエンジンがかからない、というのは仕事をしている人であれば誰しもが経験するところですよね。

  それもあって、緊急連絡の時でもFBメッセージやメール、チャットに集約している人も多いかと思うんですけど、私なんかの場合は一番集中力を出すときに障害になるのはSNS。これ。本当に仕事しなくちゃならないとき、ブラウザタブにある「FacebookやTwitter、Viber、チャットツール類を全部切る」という”儀式”はどうしても必要になるんすよね。

 また、何かに取り組んでいるとき、どうしても時事ニュースや株価が気になってしまう。 仕事している裏で、うっかり籠池さんの証人喚問でもやっていようものならついつい観ちゃうのをどうにかして防がなければならない。だから、そういうのも切る。

 そういういくつかの儀式を経て、人間は集中できる環境にするために、座りやすい椅子や、気に入った音楽の流れるヘッドフォン、高速な回線にカネをかけるんやろなあ、と思うわけですよ。仕事を進めるにあたって気が散るのが最大のリスクなんですよねえ…。 

virus_ransomware_smartphone.jpg


 んでも、家族が「ごはんよー」とか家族専用ホットラインで連絡を入れてくる。まあ、これはしょうがないんですけど、集中している状態をいかにキープするかが生産性を左右する仕事をしている人であれば、電話も雑駁なサイトも全部切るって超大事だと思います!

 ただ、コミュニケーション用の時間は別で用意しなくちゃならない。みんな、理由があって連絡をしてくるのです。次の会合の主要議題の相談だったり、事業内容の調整だったり、原稿の催促だったり、込み入った日程連絡だったり、原稿の催促だったりする。原稿が遅れていて申し訳ございません。 

航空機への電子機器持ち込み禁止は米国だけでなく他国でも同じような動きが出てきましたが、その理由としてかなり具体的な理由が報じられています。
アルカイダ系、電池に爆弾隠す技術完成か 米当局が情報入手
英国もパソコン機内持ち込み禁止 米国に続き、カナダも検討
米規制当局、指定13か国からのフライトで携帯電話より大きい電子機器を禁止
chikyu_issyuu_travel.jpg


アドネットワークの運用が世界的な規模で色々と変わる可能性があるかもしれません。
英政府や大手メディアがYouTube広告掲載を中止--グーグルはポリシー見直しへ
YouTubeからの大手メディア広告引き上げを受け、Googleが自動システム改善を約束
世界最大級の広告代理店がユーチューブから撤退 悪質動画に反発
ユーチューブ広告問題、グーグルがスタッフ増員で監視強化へ

Amazonが書籍ビジネスにまた大きな影響与えそうです。
アマゾン、本を直接集配 発売日に消費者へ 取次・書店介さず

これはやってしまいましたねぇ……
IT大手GMO、不当表示で処分 「今なら無料」半年続ける

SamsungもAIアシスタント市場へ参入。今からでAmazonに追いつけるか?
サムスンが音声AIアシスタント「Bixby」を発表、「Galaxy S8」に搭載へ--将来は全製品に

さすが中国で数字の規模が桁違いです。
中国公安部がハッカー集団を摘発し50億件の個人情報を押収

やはりAIは倫理面についての問題で理想的な制御を実現するのが大変なようです。
AIの普及が生み出す新たな課題はプライバシー--MS責任者

米Yahoo!の情報流出事件は高度な技術を持つ攻撃者でなければ実現できなかったであろうという論考。
偽造クッキー(Cookie)で大量アカウント流出、米ヤフーが2年間気付けなかった理由

大手自動車メーカーが自動運転についてかなり強気な目論見を発表
BMWが2021年までに投入する自動運転車はレベル5の自律性能を目指す

しかし自動運転の実現はやはりなかなか大変なようです。
Uberの社内文書が流出—、データが示す自動運転車の不安定な走行状況

サイバー攻撃の格好の標的となっているStruts2は対応がグダグダでかなりやばい感じですね。
Struts2脆弱性対策、実は無意味だった!JPCERTが指摘

Amazonがデジタルアシスタント市場で王手をかけた感じですね。
「Amazon」のiOS版アプリに「Alexa」追加--米国で
smartphone_guide_woman.jpg


これは広告だった可能性を否定できないですね…
「Google Home」に「美女と野獣」の音声広告?--グーグルは否定

IntelのMobileye買収で自動車業界およびIT業界はかなり浮き足だってきた感あります。
IntelによるMobileye買収、アナリストの反応は
NVIDIAとボッシュ、自動運転システムを共同開発へ
NVIDIA、トラック大手PACCARと完全自動運転トラック開発で提携

Googleが低年齢層向けスマホ市場でデファクトを狙う?
Google、13歳未満でもスマホでGoogleアカウントが作成できるアプリを提供
Google、子どものスマホ使用を管理する保護者向けアプリ「Family Link」

また大規模なデータ流出事件発生です。
米信用調査大手のデータベースから3300万人分の個人情報が流出

iPhoneバブルがまたやって来るか?
iPhone10周年モデルに向け動き出すアジアの供給網

AMDがPC向けCPU市場で元気です。
AMD、Intel「Core i5」対抗の「Ryzen 5」を4月11日に169〜249ドルで発売へ

中国強し!
ハッキングコンペ「Pwn2Own」、今年も中国チームの独壇場 EdgeもSafariも破られる

純正ROMにマルウェアが最初から仕込まれて販売されてしまうようだとエンドユーザーはもはや対処のしようがありませんね…。
何者かが流通過程でスマホにマルウェアをプリイン。大手メーカー製品も標的に
virus_ransomware_smartphone.jpg


自動運転関連の各事業者にとってかなり大きな影響となりそうです。
インテル、自動運転のモービルアイ買収 1.75兆円
Intel、Mobileyeを153億ドルで買収—自動運転テクノロジーの拠点をイスラエルに移す

実効性があるのかどうか気になるところです。
Facebook、デベロッパーによる監視目的のデータ利用を明確に禁止
Facebook、監視ツールへのデータ利用を禁止--人権団体から批判受け

遺伝子データを活用した出会い系企画があったりとキワモノ感にあふれていますが、万博誘致がらみは色々と空回りしてるようで大丈夫でしょうか。
大阪万博 新たなテーマ公表
関西弁の万博報告書「不適切な表現」 経産省が撤回

Apache Struts2の脆弱性を突いたサイバー攻撃でクレジットカード情報などの深刻な流出事件が起きています。
都税と住宅金融支援機構のクレジット払いサイトに不正アクセス、約72万件流出か
ジェトロに不正アクセス 2万件超のメールアドレス流出か
2017年3月に発生したApache Struts 2で稼働していたとみられるWebサイトへの不正アクセスについてまとめてみた
「都税クレジットカードお支払サイト」流出事件の責任は誰がとるのか
国際郵便サイトに不正アクセス 送り状など流出か

XPのときのような混乱はもう起きないと思いたいですが…
Windows Vistaの延長サポート終了まで約1カ月を切る

他社の人気サービスをそのままパクっても強気なFacebook…
Facebook、24時間でコンテンツが消える「Messenger Day」を公開

どういう仕組みか詳細は明かされていませんがすごいですね。
グーグルの最新「reCAPTCHA」、「見えない」仕組みで人間とボットを自動判別

WikiLeaksはしたたかですね。この展開はさすがに予想外です。
ウィキリークス、IT企業にCIAのハッキング技術を独占提供へ
computer_hacker.jpg


民泊をめぐるシェアリング・エコノミー型サービスに日本政府からお墨付きの流れ。
民泊、全国で解禁 新法案を閣議決定
Airbnb田邉代表、民泊新法の閣議決定に「大変嬉しく思う」

民泊についてはトップ企業が圧倒的な強さですが日本でも同じ流れとなるか?
Airbnb、シリーズFで10億ドル調達—会社評価額310億ドル、昨年下半期から黒字、上場予定なし

GoogleがついにAIによる動画解析の自動化を公開へ
Google、動画内検索を可能にするディープラーニング採用APIのβ提供開始

教科書電子化についての掛け声が一部で大きいですが現実はかなり大変そうですね。
高校のタブレット導入、半数が「活用できず」 その原因は…… 旺文社調べ

さすがに行政へ喧嘩を売り続けるのは無理だったようですw
Uber、「Greyball」での当局による利用阻止を停止すると約束

憶測に基づく記事ですがネットにおける動画ビジネスはしばらく熱い感じとなりそうです。
エンタメコンテンツ獲得に奔走する、Facebookの最新動向

出版社自らがアフィリエイトビジネスを仕切る展開へ
講談社、自分だけの電子書店を持てる「じぶん書店」--売上の1割をユーザーに還元

↑このページのトップへ