先日(5/21放送)のFM能楽堂
の収録の様子も
宣伝のつもりで書く予定でしたが
下書きのまま投稿できず

折角なので投稿…
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1609.JPG

大阪のNHKさんにて
能 雲雀山 の謡の収録でした
子どもの頃、子方として出演を
させて頂いておりましたが
大人になってからはお初でした

7uOVHtvAuQ.jpg
大人になっても
また子方役として出演しました
本番の舞台よりも緊張します
喉が詰まり
撮り直しがありました 笑
DpSiaKSr4f.jpg

このやうな感じです

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1614.JPG
スーツなので
足が無駄にしびれます

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1618.JPG
本を見ると
かえって間違えそうになる

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1611.JPG


と、ここまでの下書きでした


卯月はとうに終わり
皐月…いよいよ水無月

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1634.JPG

なんとか椿
散歩の途中に見つける

客目のある道側を向かず
日陰のそっぽを向いていた

四月の肌寒さから一転
今はお天気も良く
歩きやすい

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1647.JPG

この数ヶ月は何かと
行事が多くあった

先生方の素人会、家の会、
東本願寺の舞台で行われた
金剛定期能と…

東京へ二回も三回も
往復をすることになり
新幹線のポイントが
よく貯まる


先月 東京での一日は…
相談役の加賀ちゃん先生と会食
六本木ミッドタウンの
迷子になりそうなところへ

ZDFYG0oC1x.jpg
アスパラガス

TJ3Kiq9igE.jpg
色々とご馳走になり
最後の締めは、かき揚げ

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1568.JPG
----

と、ここまで
先月の記事でした…

来月11日は大曲
乱を披くので
今は調整中です

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8773.JPG

五月の主な出演情報です

●平成29年5月3日(水) 
花瑶会 春の会
地謡各種
於:国立能楽堂(東京)

●平成29年5月10日(水) 
京都ライオンズクラブ 文化交流会
能「舎利」働き
於:金剛能楽堂(京都)

●平成29年5月13日(土) 
薪能プレ公演
能「経正」地謡
於:ロームシアター京都(京都)

●平成29年5月14日(日) 
廣田鑑賞会能
舞囃子「船弁慶」地謡
於:金剛能楽堂(京都)

●平成29年5月19日(金) 
奈良薪能
能「阿漕」地謡
於 : 興福寺 南大門跡「般若之芝」(奈良)

●平成29年5月27日(土) 
金剛定期能
能「藤栄」地謡
於:金剛能楽堂(京都)

●平成29年5月31日(水) 
京都能楽養成会
仕舞「杜若クセ」、他地謡
於:観世会館(京都)

●平成29年6月1日(木) 
第68回 京都薪能 第1日目
半能「加茂」ツレ
於:平安神宮(京都)

●平成29年6月4日(日) 
竜成の会
能「石橋」地謡
於:金剛能楽堂(京都)

●平成29年6月11日(日) 
山田伊純独立記念能
能「乱」披き
於:国立能楽堂(東京)






チケットの御用命は
山田伊純事務局
「お問い合わせ」迄
お願い致します






O1TfQ6GzpT.jpg

東京の小金井公園で散歩
うちのシャガには花がつかないなあ
と思うて京都へ帰ると
しっかり咲いていました
苔の雑草取りもだいぶ怠っており
昼間の庭掃除がはかどる

mslRg7EPOs.jpg

明日夜は事前講座
6月11日 の独立記念の能
「乱」と「鞍馬天狗」の
簡単な解説に加え、
能の初心者講座をいたします

席に余裕がございますので
予約なしで、お飛び込みでも
お待ち申し上げます

5/1 18:30   1000円
本公演のチケット予約にて無料

3riTWK2Nvo.jpg
Ii_sn7bxM3.jpg

8i2EpQLkhs.jpg

本日は横浜にて
流儀の熊谷眞知子さんによる
横浜能の会 花宴 が催されました
私はそのツレ(準主役)を勤めました

BjIOe1gmTs.jpg
 横浜能楽堂付近(桜木町)の横向きに設置された謎の花たち

能「巻絹」超あらすじ

ある時の帝が夢を見ました
"巻絹を集めて熊野に収めなさい"

巻絹というのは絹を巻いた物で
それを運んでくるよう
各国に命令を下しました

帝のもとで働くお偉いさんが
熊野というところに行って
各国の絹が届けられるのを
待っておられました

都(京都)代表の巻絹運びの男
これがツレになるわけですが
危険な山道や浜辺を越えて
熊野に向かう途中に
音無の天神(おとなしのてんじん)
という神様のところに参り
旅の祈願をしたり
梅の香りに誘われ歌を読み…

そうこうしているうちに
肝心の巻絹お納めの期限の日に
なってしまいました

当然、遅れた男はお偉いさんに
怒られてしまい紐で縛られます

すると音無の天神の霊(シテ:主役)
が乗り移った神子(みこ)さんが
出現しました

そしてお偉いさんに
男を許すよう説得しました

"この男は歌を手向けて
神の心を楽しませてくれたのだから
許して縄を取ってやりなさい"
と言い、なんとか許されることに
なりました

天神さんの霊は
和歌の素晴らしさを説き
神楽を舞ううちに次第に
狂ったようになりましたが
そのうちに直り
神子さんは帰って行きました

という様な内容です

あらすじを書きながら
どうして勤める前に宣伝を
しなかったのだろうと反省
少し忙しい

FmHncJn1I1.jpg


一昨日は東京のお稽古
京都から移ったお弟子さんたち
広島出身がお好み焼きに
大興奮してくれて
こちらは楽に頂くことができました
お祝いだったのにこちらが
ご招待を受けた様で申し訳ないこと
でした

6JhI8oMB2I.jpg

東京は門前仲町で
お稽古しています

wM3SXFpRvy.jpg

明日は祖父のお社中さん方と
私のお弟子さん方合同の
発表会なので謡を覚えて
寝ることとします

矢来能楽堂さんです!

↑このページのトップへ