今日はデビュー30周年を迎えるエレファントカシマシの「All Time Best Album THE FIGHTING MAN」がリリースされました。
僕はDisc1に収録されている曲のうち6曲プロデュースや作曲で関わらせてもらっています。

今年はさらに4月4日に10周年を迎えるSuperflyのベストと、20周年を迎えるゆずのベストが4月26日に発売されます。
僕はこの3組はかなり近い時期から一緒に仕事をしているので、30、20、10周年を迎えるアーティストたちとこの10年仕事させてもらったことになります。

これだけのアーティストとたくさん仕事できるようになった大きなきっかけはエレファントカシマシです。

エレカシと初めて仕事したのは29歳のときでした。
僕はYUKIさんの作曲で徐々に仕事が来るようになっていた頃で、ある日スタッフの紹介で宮本さんから「涙のテロリスト」と手書きで書いたカセットのデモテープが届きました。
カセットデッキを持っていなかったのでCDに変換してもらったのですが、それは後の「笑顔の未来へ」で、この曲を皮切りにたくさんの曲を一緒にレコーディングしてきたしライブもたくさん一緒にやってきました。

当時からプロデューサー志向だった僕ですが、10歳も上のベテランのバンドをプロデュースするなんてやったこともないし想像もつかなかったのですが、若さの勢いと持ち前の怖いもの知らずもあり、ずけずけと思ったことをそのまま、失礼なことをたくさん言っていたと思います。
その全てを受け入れて、いい作品を作ることだけを一緒に考えて前に進んでくれたエレカシには本当に感謝しかありません。
バンドをプロデュースするということ、ライブまで関わってそのバンドの空気を感じること、こんな場合はどういう行動をすればいいのか?その他色んなことを教えていただきました。

エレカシと過ごしたことで僕の仕事の幅は大きく広がって、時を重ねるにつれありがたいことに忙しい日々が続いていきました。
そして僕は基本的に来た順番に仕事を受けていたので、エレカシのレコーディングやライブに参加できないことも増えていきました。
しかし、僕をここまで忙しくなる音楽人に育ててくれたのはまぎれもなく宮本さんでした。

僕は心底エレカシに惚れ込んでいたし、宮本さんもきっとそう思ってくれていたと思います。
エレカシがもっと輝くには、もっとかっこいい曲にするには、常にそれだけを考えていました。
だからこそ、宮本さんは僕がメンバーになれないことはわかっていたし、僕も同様に永遠にエレカシのメンバーではないことはわかっていました。

2年前の野音終わりのリハで宮本さんが僕と2人になって話す機会を作ってくれました。
この何年もずっと蔦谷さんに頼ってきた、いないときはまるで何人もいなくなったかのように思ってしまうと。
そしてそれは蔦谷さんのこれからにとって、そしてエレファントカシマシとしてもよくないと。
僕らはもう一度バンドとして強くならなきゃいけないし、蔦谷さんはもっと羽ばたいてほしいと。

お互いにでっかくドーンと行くために宮本さんは言ってくれたのです。

僕は宮本さんに振られた形ですが、それを言わせたのは僕です。
エレカシとはあまりにもたくさんの想い出がありすぎて、帰りの車で一人泣いてしまったし、何日も落ち込んでいましたが、決まっていたミスチルとの大阪での対バンのライブがあったので気持ちを切り替えて、自分という人間がどこまで集中してライブに挑めるかという心持ちで一緒に演奏しました。

その日を最後にエレカシのメンバーとは会ってないです。
たしか一回宮本さんから間違い電話がかかってきて話したな。
でも多分すごい近々、別々の仕事で会いそう。
また会える日が楽しみでしょうがないです。

僕を一人前のプロデューサーに育ててくれた、僕というプロデューサーをプロデュースしてくれたのは宮本さんだと思っています。

「俺はお前に負けないが
 お前も俺に負けるなよ」
 


写真は篠山紀信さんに撮ってもらったもので、僕はこれを額装してあります。
 

 映画「SING」の吹き替え版最終ダビングが終わりました。
昨年秋からこのチームで頑張ってきて素晴らしい仕上がりになりました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1649.JPG

 僕が子供の頃ピンポンパンで「レインドロップス」という曲が流れていました。
後にそれはBJトーマスの「雨にぬれても」のカバーだと知るのですが、僕はその日本語カバーも大好きで、いまでもたまに口ずさむし、この曲をきっかけにバートバカラックを好きになりました。

 SINGの吹き替え版で、そういう体験をする子供達がたくさんいてくれることを願います。
スティービワンダーやフランクシナトラ、ジョンレジェンドやサムスミスetc...
洋楽に触れてこなかった人たちが、洋楽に興味をもつきっかけになれば、そして音楽が日常に溢れてくれたら、そんな思いで作業していました。

 僕はこの吹き替え版は日本にとって大きなチャンスだと考えています。
日本のたくさんの子供達に素晴らしい洋楽を紹介できる大きなチャンスです。

 この映画の音楽を吹き替えにすることにはたくさんの意見があると思います。
僕がもし多感な学生の頃だったら「なんてことしてくれるんだ!」と思って絶対に字幕版を見に行ったと思う。
そういう人にこそ、是非吹き替え版も見て欲しいです。
学生のあの頃の自分に見せても絶対に納得させられるものになりました。

 そして、みんなが字幕版も観よう!となったらそんな嬉しいことはないし、字幕版を観て「吹き替えはどんなもんなの?」という気持ちの人も観て喜んでもらえたら最高です。

映画「SING」3/17公開です。

 新年明けてから大変遅れましたが今年もよろしくお願いいたします。

 年明けからずっと曲作りしてレコーディングしていたのであまり正月という感じはなかったのですが、すでにいいレコーディングがたくさんできてるし、かっこいい曲も何曲か作ったので去年よりもよりいい曲をみんなに聞いてもらえる年にしたいと思ってます。


 年末年始にやったことと言えば、ブラックフライデー以降でプラグインやソフトシンセ(パソコンで使う音楽ソフト的なもの)が例年のごとくめちゃくちゃ安くなるので大量に、本当に大量に購入しました。
毎年たくさん買ってるのに今年も買ってしまった、という感もありますが、毎年こうしてPC周りをアップデートしているようで結局自分自身をアップデートしているような、そんな儀式に近い年末でした。

 僕は日本、US、UKの最新のチャートもチェックしますが、このブログやラジオで知ってくれている人はご存知の通り、世界中の誰も知らないような人をチェックするのも趣味で、最新の音やアイディアというのはいつもそういう所から生まれていると思っています。
昔だったらストリート発信だったものが、今は世界中の若者たちがネット上をうろついているみたいな状況ですね。
だから玉石混淆ですが、一人すごい才人が現れるとその周辺には才能が集まる例が多々あり、そういうった魅力的な人や音楽に出会うのが大好きです。
昨年怒濤のごとく訪れたカレーの趣味も落ち着いていよいよ音楽以外に趣味がなくなってしまったので、しばらくは仕事とディグの毎日かなと思っております。


 では最近出来事。
https://open.spotify.com/artist/6e8OoFoJ59L8LXqjGRGefM
最近Tate Tuckerというラッパーの曲をSpotifyでよく聞いていました。
トラックは例えばNujabesやレイハラカミに感じられる耽美的な要素を持ったトラップなのですが、あまりに情報が少なく数日前にTwitterで詳しい人はいないかつぶやいてみたのです。
すると本人から「新しい曲をアップしたから気に入ったらシェアしてくれ」というステマ依頼、ではないですがDMが来ました。
それがこの曲なんですが

https://open.spotify.com/track/4LuscVw0LDrxKxhmaPY8Qj
 うーん、僕の好きな感じではなくなったけど、決して悪いわけじゃないです。
シンベのグリスが印象的ですね。
こうやってわざわざDM送ってくれるような人は結構好きなのでみんなも是非聞いてみてください。 


 最後に今年の抱負というかやってみたいことなんか一応書いておこうかな。
まずお休みをちゃんととる。
お休みして海外に行きたいなあ。
ニューヨークかロンドンに行きたいなあ。
いい音楽いっぱい聞いて、いろんなもの見ていろんな人に会いたいなあ。
温泉行って入浴もしたいなあ。
と、一応書いておく。

 ・おまけ。
僕の好きなYoutubeをひとつ紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=CeW_Wo5wOAU&t=6s


 今年もよろしくお願いいたします。 

↑このページのトップへ