皆様、おはようございますか?

そう、

わしです。


先週土日には僕らが自身で担当するキャラクターを演じながら芝居、ライブに挑戦した
『劇団アルタイル SPRING FESTIVAL 2017』がありました。


まずは、
会場にお越し頂いた皆様、ありがとうございました!


今まで声を担当させて頂くことはあっても、
舞台でキャラクターと一心同体になって演じ立ち回るというのは僕も初めての挑戦で…
最初は本当に戸惑いながらの稽古スタートでした。

ふとした瞬間に、辰巳マキじゃなくなっていたり、
マキとしてもうまく動いてあげられなかったり。

でもいろいろ考えて考えて稽古を繰り返していくうちに、段々と意識をしていなくともマキで居られるようになっていきました。


それはきっと僕だけではなく、メンバー全員が
自分自身、そしてキャラクターと真剣に向き合ったからこそ生まれたシンクロなんだと思います。


ツイッターでも少し書きましたが、
この期間中、よりキャラクターを好きになりました。

ずっと、一緒にいましたからね。


その好きな気持ちが強くなればなるほど、ちゃんと輝かせてあげたいから、より良いパフォーマンスを出来るように力を尽くす…


その熱量が連鎖して

12人のメンバー

12人のキャラクター

計24人全員が高まっていきました。



そうそう、
Rigelメンバーでもステージに上がる前に
いつも通りならじゅんやが「ふーくん、イノエル、たつや、頑張っていこう!」って言うんですが

今回は「イズモ、リン、マキちゃん、俺たちRigel最高に盛り上げていくぞ!!」って。

それに応える3人の言葉も、その目線も。
そこにはちゃんとヨウスケ、イズモ、リンタロウ、マキ…Rigelがいたと思います。

それはきっと僕らだけでなく他のメンバーも、
本番中は出番の直前や直後、皆様には見えない舞台袖で交わし合う
「頑張って!」「上げていこう!」「最高だったよ!」
そんなやりとりにキャラクターの気持ちも乗っていたと思います。


終わった今、寂しくなるくらい
熱く高まった素晴らしい時間でした。



そして、Sargas。
選抜という試練、その悲しみ、痛み。
それでも仲間を、応援してくれる人を信じて。
自分自身をしっかりと見つめて。それを全て乗り越えてきた彼らだからこその輝きが本当に凄かったです。

本当に、カッコよかった。

セリフも歌もダンスも…すべての熱量が凄まじかった彼らに負けぬようにRigel、Regulusも全力を尽くせる。

そんな相乗効果を生む関係がある劇団アルタイル、最高だなと心から思います。

この2日間、お手伝いをしてくれていたツキクラ2期生にも、担当キャラクターが着きまして、総勢20名+20名=40名となる劇団アルタイル。

この先もずっと、高みを目指して行きますので
皆様、これからも何卒宜しくお願い致します。


改めて、
本当に何から何まで支えて力を尽くしてくださったスタッフの皆様、会場にお越し頂いたり、その場以外からも気持ちを送ってくださった皆様、2期生含めツキクラと劇団アルタイルのメンバー。全ての皆様に感謝を。本当にありがとうございました!!

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6545.JPG