11月28日に開催したFreesyle Fesについて書きます。


そもそも、この大会は板橋区のスポーツ親善大使として活動させて頂いている中で、
昨年からフリースタイルのイベントをやりたいといって頂き、1年弱の構想、準備期間を経て、
開催することとなりました。

開催に至るまでにはたくさんの方のサポートがあり実現しました。
自分が主催という立場で運営をやらせてもらいましたが、自分にできることは微々たるもので、
周りの方の意見やアドバイスを参考にしながら、いろんな方に無茶なお願いをして、
何とか、イベントを成功させることができました。

本当に自分は周りの人に恵まれて、助けられて活動させてもらってることを実感しました。

大会の内容については、今回新ルールで開催させて頂きました。
これにはフリースタイラーに受け入れられるのか心配でしたが、
結果的に楽しんでもらえたみたいで良かったです。
ビッグムーブ、フロー、フリースタイルとラウンドごとにカテゴリーを設定して、
1、2ラウンドはミスをカウントしないという今までにはないルールです。
このルールにした理由は多くありますが、いちばんはいろんなフリースタイラーに大会を楽しんでもらいたいという思いからです。
ミスをカウントしないということは攻めることができて、
さらに他の大会では見られないその人のベストムーブがステージ上で見れて、
オーディエンスも技をメイクできると盛り上がる。
そして予選からこのルールを設定することでハードルが下がって、
始めたばかりのフリースタイラーにもエントリーしてもらって、
大会に出るっていうハードルも下がるのではないかと考えました。
出る人も、見る人も楽しめるのが、イベントの大前提じゃないかと思います。
最近の大会を見ていると、技の幅は広がってフリースタイラーには面白い大会になっていますが、
オーディエンスは技の名前はもちろん、難易度や技のクオリティなどはわからない人がたくさんいます。
これが今のフリースタイル競技の現状ですが、このままのスタイルで大会を開催しても、どんどん一般の人に受け入れられないものになっていくのではないかと思い、だからこのルールにしました。

そして、今大会のフットボールサイドの優勝はマイメンMOSA!
何人かに決勝のジャッジについてYOの勝ちじゃないのかと聞かれましたが、
本当に僅差のバトルでした。
でも会場をうまく巻き込んだのはMOSAだし、バトルでの立ち振る舞い、
それからスタイルも僕は断然MOSAの方が勝っていたと思います。
あのレギュレーションでは2ターン目まででMOSAが単純に自分の中では勝ってたけど、
技がすごい人はもちろんたくさんいて、難易度も上は果てしないけど、
それよりも難しいのってスタイルや雰囲気を作って、周りを巻き込むことなんですよね。
それが一般の人に受け入れられるってことだし、それができないのはパフォーマンスしてもスゴ技ができる人で終わってしまいます。
これも同じく、今までになかったものを作るという意味では、スタイルに特化した大会があってもいいんじゃないかって思います。

長くなりましたが、とにかく今回初開催でフリースタイラーはもちろん、板橋区の方や
スポンサー企業の方にはご心配や無茶なお願いを聞いてもらって、開催できました。
今回開催出来て、来年、再来年と開催できるように、反省点を改善しつつ動いていきたいので、
また感想や意見、お待ちしてます!

本当に選手のみんなエントリーありがとう!

協賛企業様、サポートしてくださった方々、ありがとうございました!

これからもよろしくお願い致します!